横浜駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
横浜駐屯地
陸上自衛隊 東部方面隊 横浜駐屯地 施設外観
施設外観
所在地 神奈川県横浜市保土ケ谷区岡沢町273
座標 北緯35度28分07秒 東経139度35分50秒 / 北緯35.46861度 東経139.59722度 / 35.46861; 139.59722座標: 北緯35度28分07秒 東経139度35分50秒 / 北緯35.46861度 東経139.59722度 / 35.46861; 139.59722
駐屯地司令 中央輸送隊長
開設年 1956年
テンプレートを表示

横浜駐屯地(よこはまちゅうとんち、JGSDF Camp Yokohama)は、神奈川県横浜市保土ケ谷区岡沢町273に所在し、中央輸送隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。駐屯地司令は、中央輸送隊長が兼務。

沿革[編集]

  • 1956年(昭和31年)1月15日:横浜駐屯地が開設[1]され、第107特科大隊が習志野駐屯地から、第391会計隊が桜木町分屯地から移駐[2]
    ※本部中隊が北軽井沢に、90mm高射砲を装備した第1中隊(子安台)、第2中隊(岸根町)、第3中隊(岡村町)、第4中隊(花見台)が各分屯地に配置された[3]
  • 1960年(昭和35年)1月14日:第384基地通信隊及び第367警務隊本部新編。
  • 1966年(昭和41年)
    • 3月29日:第107特科大隊が朝霞駐屯地に移駐[4][5]し、子安台、岸根町、岡村町、花見台の各分屯地及び市ヶ谷駐屯地桜木町分屯地が廃止(陸上自衛隊訓令第5号)[6]
    • 3月31日:京浜港湾処理隊が桜木町分屯地から移駐[6]。第367警務隊本部が久里浜駐屯地へ移駐し横浜連絡班を配置。
  • 1967年(昭和42年)4月:本館庁舎が完成。
  • 1973年(昭和48年)3月27日:第367警務隊横浜連絡班を第113地区警務隊横浜連絡班に改編。
  • 1975年(昭和50年)3月26日:第384基地通信隊から第309基地通信中隊横浜派遣隊に改編。
  • 1983年(昭和58年)3月24日:京浜港湾処理隊、青函地区輸送連絡隊、第391会計隊が統合し、中央輸送業務隊として改編。
  • 1994年(平成06年)1月:第309基地通信中隊横浜派遣隊が第316基地通信中隊横浜派遣隊に改編。
  • 1996年(平成08年)3月:中央輸送業務隊に1個の移動支援隊を新編。
  • 2006年(平成18年)3月27日:京浜地区隊及び青函地区隊を廃止し、輸送処理隊及び3個移動支援隊(移動支援隊を3隊に分割)からなる中央輸送業務隊に改編。
  • 2008年(平成20年)3月26日:第3移動支援隊が函館駐屯地から移駐。第113地区警務隊横浜連絡班が第129地区警務隊横浜連絡班に改編。
  • 2015年(平成27年)3月26日:第4移動支援隊、5移動支援隊を新編。
  • 2018年(平成30年)3月27日:中央輸送業務隊を中央輸送隊に改編。

駐屯部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

東部方面隊隷下部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和31年政令第1号)
  2. ^ 横浜駐屯地の沿革”. 2020年3月16日閲覧。
  3. ^ 『高射のあゆみ二十年』(高射学校編・1982年)
  4. ^ 「横浜から朝霞へ107特大が移駐」 朝雲新聞(1966年4月7日付・第1面)
  5. ^ 『高射のあゆみ二十年』554頁
  6. ^ a b 陸上自衛隊20年年表(朝雲新聞社・1971年)