横瀬成繁 (室町時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
横瀬成繁
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 不明
死没 文亀元年8月8日1501年9月20日)?
または永正8年8月8日1511年8月31日
別名 業繁、雅楽助、通称:新六郎
戒名 霊雲寺義山宗忠居士
墓所 群馬県太田市金山町の金龍寺
官位 信濃守
主君 岩松家純尚純昌純
氏族 横瀬氏
父母 父:横瀬国繁
景繁、繁通

横瀬 成繁(よこせ なりしげ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将横瀬氏5代当主。岩松氏の重臣で筆頭家老。

生涯[編集]

横瀬国繁の子として誕生。

父・横瀬国繁と共に岩松家純の重臣として活動し、文明3年(1471年)の下野国攻めにも参戦している。家純とその孫・尚純との和解にも尽くし、岩松氏の後継者に迎え入れた。長享2年(1488年)、父の死により家督を継いで岩松氏執事となった[1]

明応4年(1495年)、尚純とその父・明純長尾房清の支援を受け、成繁の金山城に攻め込むが金山城を死守、古河公方足利成氏の仲介により和議を結んだ。この結果、尚純は隠居、子の昌純が岩松氏当主となり、成繁が権力を握った。

文亀元年(1501年)、死去。嫡男・景繁が継いだ。没年は永正8年(1511年)とも。

脚注[編集]

  1. ^ ただし国繁は存命であり、家督を継いだのは明応3年(1494年)とも言われ、その場合は隠居した事になっている。

出典[編集]