横瀬貞征

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
横瀬貞征
時代 江戸時代後期
生誕 天明元年5月22日1781年6月13日
死没 天保13年7月4日1842年8月9日
改名 松平福慎(初名)→横瀬貞征
別名 通称:岩吉、左衛門
官位 従四位上侍従駿河守
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家斉家慶
氏族 奥平松平家横瀬氏
父母 父:松平忠福、養父:横瀬貞径
兄弟 松平忠房高木正剛松平忠彊貞征、津田信久正室、
娘2人(いずれも曲淵景露室)
養兄弟:貞固
養子:貞固(横瀬貞径子)

横瀬 貞征(よこせ さだゆき)は、江戸時代後期の高家旗本高家横瀬家表高家)6代当主。

略歴[編集]

天明元年(1781年)、上野国小幡藩2代藩主・松平忠福の四男として誕生した。横瀬貞径の養子となる。

文化6年(1809年)7月22日、貞径の隠居により家督を相続する。文化8年(1811年)11月4日、高家職に就き、同年11月25日従五位下・駿河守に叙任する。後に従四位下、従四位上に昇進する。また、通称を美濃守に改め、再び駿河守に戻す。

天保元年(1830年)12月4日、高家肝煎に就任する。

天保13年(1842年)7月4日、死去。享年62。養子の貞固が家督を継いだ。