横瀬貞臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
横瀬貞臣
時代 江戸時代中期
生誕 享保18年(1733年
死没 寛政12年10月25日1800年12月11日
別名 通称:貞次郎、兵庫、式部
官位 従四位下侍従駿河守
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家治家斉
氏族 横瀬氏
父母 父:横瀬貞国、養父:横瀬貞隆
兄弟 貞隆貞臣、女子
養兄弟:貞幹女子女子
正室:織田信錦養女(平岩親教娘)
継室:松田勝易養女
貞樹(長男)[1]貞径(次男)、
千枝子、美弥子

横瀬 貞臣(よこせ さだおみ)は、江戸時代中期の高家旗本歌人高家横瀬家表高家)4代当主。近世武家三歌人の筆頭とされる。

略歴[編集]

享保18年(1733年)、横瀬貞国の次男として誕生した。実兄・横瀬貞隆末期養子となる。

宝暦13年(1753年)2月15日、10代将軍・徳川家治御目見する。明和2年(1765年)3月7日、家督を相続する。安永2年(1773年)8月12日、高家職に就き、従五位下・侍従・駿河守に叙任する。後に従四位下に昇進する。寛政12年(1800年)10月25日、死去。享年68。

寛政6年(1794年)閏11月3日、11代将軍・徳川家斉に命じられ、鉢に植えた梅を題にした和歌を数首詠み献じるなど、寛政期の歌人として知られている。歌道に精通していたことは、高家として朝廷と交渉する立場上、非常に有利に働いたとされる。

娘の千枝子や美弥子らも歌を能くした。

歌人[編集]

貞臣は同じく幕臣の石野広通内藤正範と共に近世武家三歌人の筆頭に名が挙げられている。冷泉家に入門し冷泉流の歌道を極め、また、武家随一の定家様の書き手であった。

脚注[編集]

  1. ^ 夭折。