横田インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横田インターチェンジ
横田本線料金所
横田本線料金所
所属路線 E41 のと里山海道
本線標識の表記 横田 能登島
起点からの距離 67.1km(千鳥台交差点起点)
徳田大津IC (9.9km)
(7.2km) 別所岳SA
接続する一般道 七尾市道
供用開始日 1978年11月1日
通行台数 x台/日
所在地 929-2211
石川県七尾市中島町谷内リ部24
テンプレートを表示

横田インターチェンジ(よこたインターチェンジ)とは、石川県七尾市中島町谷内にあるのと里山海道(法律上は能越自動車道との重複区間)のインターチェンジである。かつて穴水側にあった横田本線料金所(よこたほんせんりょうきんじょ)についても本稿で述べる。

歴史[編集]

  • 1978年昭和53年)11月1日:横田IC - 此木IC間(現:穴水IC)の供用開始により開通。
  • 1980年(昭和55年)3月29日:徳田大津IC - 横田IC間の供用開始により、金沢方面の流出入が可能となる。
  • 2013年平成25年)3月31日:正午に無料化されたのに伴い、能登有料道路がのと里山海道に改称された。同時に横田本線料金所も廃止された。

接続道路[編集]

横田本線料金所(現在は廃止)[編集]

  • ETCクレジットカードでは精算できない。(かつて道路関係四公団が発行していたハイウェイカードも利用できなかった。)
  • 徳田大津IC - 穴水IC間の料金を支払う。
    • 徳田大津IC - 穴水IC(徳田大津IC起算)
      普通車 - 460円、大型車I - 740円、大型車II - 1,680円、軽自動車等 - 310円
  • 穴水方面の横田IC出入りの場合、本線料金所で「ここで降ります」(または「ここから乗りました」)と自己申告しなければならない。自己申告しなかった場合、徳田大津IC - 穴水ICを通行したものと見なされ、上記の料金を支払うことになる。
    • 徳田大津IC - 横田IC(徳田大津IC起算)
      普通車 - 200円、大型車I - 320円、大型車II - 680円、軽自動車等 - 150円
    • 穴水IC - 横田IC(穴水IC起算)
      普通車 - 260円、大型車I - 420円、大型車II - 1,000円、軽自動車等 - 160円
  • 上記とは別に、金沢方面に向かう際、「金沢まで」(または「全線」、「内灘まで」)と係員に言えば、上棚矢駄今浜内灘の各料金所の通行券(3枚1綴り)が、「白尾まで」と係員に言えば、上棚矢駄・今浜・白尾の各料金所の通行券(3枚1綴り)が、それぞれ購入できる。これらの区間を通して利用する場合、この方法で購入すると、各料金所を通行する際、事前に金銭を用意する手間を省くことができるが、料金自体は各料金所で支払う料金と同額である(無割引)。
    • 穴水IC - 粟崎IC(全線)
      普通車 - 1,180円、大型車I - 1,770円、大型車II - 4,210円、軽自動車等 - 830円
    • 穴水IC - 白尾IC
      普通車 - 1,060円、大型車I - 1,560円、大型車II - 3,680円、軽自動車等 - 730円
本線(金沢方面)
  • レーン数:2
    • 一般:2
本線(穴水方面)
  • レーン数:2
    • 一般:2
入口(金沢方面)
  • レーン数:1
    • 一般:1
出口(金沢方面)
  • レーン数:1
    • 一般:1

周辺[編集]

隣接区間[編集]

E41 のと里山海道(法律上は能越自動車道との重複区間)
徳田大津IC - 横田IC - 別所岳SA - 越の原IC

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2008年
  • 『石川の有料道路のあゆみ』 石川県土木部、1990年

関連項目[編集]