横田真之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横田 真之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県南国市
生年月日 (1962-11-26) 1962年11月26日(55歳)
身長
体重
173 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1984年 ドラフト4位
初出場 1985年4月6日
最終出場 1995年8月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

横田 真之(よこた まさし、1962年11月26日 - )は、高知県南国市出身の元プロ野球選手外野手)。ロッテオリオンズ・千葉ロッテマリーンズ中日ドラゴンズ西武ライオンズに在籍し、俊足巧打の外野手として活躍した[1]

経歴[編集]

父親が王貞治のファンだったため、右利きながら小さい頃に左打ちに転向させられている[1]

香長中学では三番・三塁手を務めて県大会の決勝まで進んだが、中西清起を擁する小筑紫中学に敗れた。また、同じく3年生の時には南国市の相撲大会で優勝している[2]

熱心な勧誘を受けて、創立後間もない明徳高校に進学。同期には河野博文がいた[1]。三塁手のレギュラーとして迎えた1年夏は初戦で敗退。

しかし2年の夏は五番・左翼手として5割近い打率でチームの高知県大会決勝進出に貢献[1]し、惜しくも延長戦で高知高校に敗れている。

最後の夏となった1980年は再び決勝に進出するも、中西がエースを務める高知商高に2対3で敗れ、全国大会出場はならなかった。高校卒業後は、監督の松田昇の勧めもあって駒澤大学に河野とともに進む。

東都大学リーグ通算86試合に出場し、打率.274(314打数86安打)、6本塁打、40打点。1984年の秋季リーグ戦では優勝に貢献し最高殊勲選手に選ばれた。ベストナイン3度受賞。1984年のプロ野球ドラフト会議ロッテオリオンズから4位指名を受けて入団した。

ルーキーイヤーの1985年のキャンプは二軍スタートとなったが、一軍外野手のレギュラー候補だった高橋忠一がオープン戦で肩を脱臼し、紅白戦での二塁打を覚えていた落合博満が横田を推薦して一軍に昇格した[1]。開幕戦の対日本ハム戦ではスタメン起用され、一時は控えとなるもオールスターゲーム前には打率が3割を超えてスタメンに定着している。同年は打率.300ちょうどで最終戦の第3打席を迎え、数字は気にしなくて良いという監督の稲尾和久の方針でそのまま松沼博久と対戦。緊張して臨んだ打席だった[1]が、死球を受けて新人ながらシーズン3割を達成し、ベストナインに選ばれている。なお新人王は、同じく外野手のベストナインに選ばれ本塁打と打点で上回った阪急熊野輝光が選出され、投票では次点に終わった。

2年目の1986年はオープン戦で不調に陥るが、開幕後は一転して調子が上向きになる[3]。最終的に前年を上回る打率.304で長嶋茂雄以来の史上2人目となる新人から2年連続での3割を記録し、ベストナインにも選ばれた。

落合が中日に移籍した1987年背番号が2となり、監督の有藤道世の方針で三番を任されるようになった。プレッシャーもあって打率が2割4分台まで低下したが、一番・西村徳文の後の二番に戻ると打撃が復調し、シーズン通算では打率.284と前年の2倍以上の26盗塁を残している。

その後もレギュラーとして活躍し、1988年10月15日の対阪急戦で右肩に全治3週間の怪我を負った[4]が、オフには元ミス鹿児島の女性と結婚している[2]

6年目の1990年7月14日の対オリックス戦でドン・シュルジーから死球を受け、右ヒジを骨折した[5]。同年秋に戦列に復帰したものの、翌1991年はチームの若返りもあって出場機会が減少。

1992年オフに宇野勝長嶋清幸との交換で今野隆裕とともに中日にトレードされると、チームになじめず不振に陥り、1994年は一軍に上がれないまま自由契約となる。

1995年西武に移籍するも復調せず、同年で現役を引退した。

引退後は社会勉強のため宅配便のアルバイトを経て、知人の焼肉屋に勤務。料理を勉強して妻の出身地である鹿児島県だご汁などを出す飲食店を開業した[3]が、2002年ごろに閉業。また、冬季はプロ野球マスターズリーグに参加し、福岡ドンタクズ・名古屋80D'sersに所属した。

人物[編集]

2013年のプロ野球ドラフト会議で実子の横田慎太郎阪神タイガースから2位指名を受けた[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 ロッテ 124 467 406 77 122 21 3 9 176 51 17 7 24 1 30 0 6 30 3 .300 .357 .433 .790
1986 123 441 398 57 121 15 1 8 162 42 11 7 17 1 22 1 3 46 4 .304 .344 .407 .751
1987 125 441 399 52 112 19 5 7 162 51 26 4 14 3 25 2 0 49 4 .281 .321 .406 .727
1988 122 475 428 41 116 20 4 3 153 27 10 10 15 2 26 1 4 60 10 .271 .317 .357 .675
1989 117 408 374 58 104 14 5 2 134 26 18 3 8 1 24 1 1 36 7 .278 .323 .358 .681
1990 66 165 143 17 32 5 2 3 50 16 4 2 5 1 14 1 2 10 2 .224 .300 .350 .650
1991 103 284 250 43 71 11 4 4 102 17 7 2 16 1 17 0 0 27 3 .284 .328 .408 .736
1992 96 212 175 24 45 4 2 2 59 9 15 3 10 1 23 1 3 24 1 .257 .351 .337 .689
1993 中日 27 18 17 1 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0 2 1 .059 .111 .059 .170
1995 西武 14 20 19 0 3 1 0 0 4 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .158 .158 .211 .368
通算:10年 917 2931 2609 370 727 110 26 38 1003 239 108 39 110 11 182 7 19 285 35 .279 .329 .384 .713
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 45 (1985年 - 1986年)
  • 2 (1987年 - 1992年)
  • 12 (1993年)
  • 7 (1994年)
  • 46 (1995年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 週刊ベースボール、2000年11月6日号、P.124
  2. ^ a b Number、1989年3月20日号、P.39
  3. ^ a b 週刊ベースボール、2000年11月6日号、P.125
  4. ^ 読売新聞、1988年10月18日付朝刊、P.19
  5. ^ 読売新聞、1990年7月17日付朝刊、P.19
  6. ^ 横田阪神2位に父真之さん「負けました」

関連項目[編集]