横須賀市立横須賀高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横須賀市立横須賀高等学校
横須賀市立横須賀高等学校 (閉校)校門と校舎の取り壊しの様子。
国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 Flag of Yokosuka, Kanagawa.svg 横須賀市
学区 横須賀三浦学区
併合学校 横須賀市立第一高等学校
横須賀市立第二高等学校
設立年月日 1972年4月1日
閉校年月日 2003年3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
所在地 238-0023
神奈川県横須賀市森崎五丁目1番1号
北緯35度14分47.52秒 東経139度40分8.71秒 / 北緯35.2465333度 東経139.6690861度 / 35.2465333; 139.6690861座標: 北緯35度14分47.52秒 東経139度40分8.71秒 / 北緯35.2465333度 東経139.6690861度 / 35.2465333; 139.6690861
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

横須賀市立横須賀高等学校(よこすかしりつ よこすかこうとうがっこう)は、かつて神奈川県横須賀市森崎五丁目に存在した市立高等学校

概要[編集]

1972年、横須賀市立の普通科高校2校を統合して開校。

「横高(よここう)」「県横(けんよこ)」などと称される神奈川県立横須賀高等学校に対し、「市横(しよこ)」という略称が一般的であった。[誰によって?]

2003年横須賀市立商業高等学校横須賀市立工業高等学校と統合され、横須賀市立横須賀総合高等学校が開校。本校は閉校となった。

閉校後、横須賀市は跡地の売却先を公募し、学校法人の誘致を目指していたが[1]、不調に終わった。

2011年、市内の不動産5社による戸建住宅用地(200区画)として売却が決定した。[2]


沿革[編集]

第一高校[編集]

  • 1927年昭和2年)4月 - 横須賀市立実科高等女学校開校[3]。 
  • 1936年(昭和11年)4月 - 横須賀市立田浦実科高等女学校と合併。[要出典]
  • 1937年(昭和12年)4月 - 横須賀市立高等女学校となる[4]
  • 1942年(昭和17年)4月 - 横須賀市立第一高等女学校と改称[5]
  • 1948年(昭和23年) - 学制改革により横須賀市立第一高等学校となる。
    • 一貫して女子校であった。
    • 所在地は横須賀市佐野町2-35。跡地は横須賀市立陽光小学校となった。

第二高校[編集]

  • 1936年(昭和11年)4月 - 住民の要望によって、[要出典]横須賀市船越に横須賀市立実践女学校開校[6]
  • 1939年(昭和14年)4月 - 横須賀市立高等実践女学校となる[7]
  • 1942年(昭和17年)4月 - 横須賀市立第二高等女学校と改称[8][9]
  • 1948年(昭和23年) - 学制改革により横須賀市立第二高等学校となる。
  • 1959年(昭和34年) - 男女共学化。
    • 所在地は横須賀市船越町7-16。現在は住宅地となり、ファミリーマートミナワ船越店などが立地している。

市立横須賀高校[編集]

  • 1972年(昭和47年) - 第一高校と第二高校を統合し、横須賀市立横須賀高等学校開校。
  • 2003年平成15年) - 市立商業、市立工業と統合され、横須賀総合高校が開校。

著名な関係者[編集]

出身者[編集]

第二高校
市立横須賀高校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “旧市立横須賀高校跡地の売却先を公募/横須賀市”. カナロコ (神奈川新聞社). (2009年7月21日). オリジナル2012年7月11日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/SN3I 
  2. ^ 旧市立横須賀高校跡地の売却が決定しました”. 横須賀市長 吉田雄人の公式ホームページ. 2011年9月26日閲覧。
  3. ^ 昭和2年4月25日付官報(第94号) 文部省告示第二百十九号
  4. ^ 昭和12年4月17日付官報(第3085号) 文部省告示第二百十号
  5. ^ 昭和17年4月16日付官報(第4578号) 文部省告示第三百八十九号
  6. ^ 昭和11年4月14日付官報(第2782号) 文部省告示第百九十六号
  7. ^ 昭和14年4月12日付官報(第3678号) 文部省告示第二百七十二号
  8. ^ 昭和17年4月24日付官報(第4585号) 文部省告示第四百三十五号
  9. ^ 昭和17年4月18日付官報(第4580号) 文部省告示第四百十号

関連項目[編集]