樫野幸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
樫野 幸子
Sachiko Kashino
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1965-11-24) 1965年11月24日(51歳)
出身地 兵庫県三原郡西淡町伊加利(現・南あわじ市伊加利)
ラテン文字 Sachiko Kashino
身長 176cm
体重 60kg
血液型 A型
選手情報
愛称 カブ
ポジション レフト
指高 224cm
スパイク 300cm
ブロック 289cm
テンプレートを表示

樫野 幸子(かしの さちこ、現姓:西岡、1965年11月24日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。

来歴[編集]

兵庫県三原郡西淡町伊加利(現・南あわじ市伊加利)出身。志知高校を経て、1984年に日本リーグのユニチカ(当時)に入部。

ユニチカのエースとして長年活躍し、1989年全日本に選出され、1989年ワールドカップバレーボールに出場した。1990年に現役引退。

現在は南あわじ市職員として勤務するかたわら、元全日本選手として、スポーツイベントなどに出ている[1]

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
町立辰美中志知高校ユニチカ(1984 - 1990年)

エピソード[編集]

  • バレーボール現役時代の友人の1人に、現在タレントとして活躍している大林素子がおり、彼女と久々に会った時の模様が、大林の公式ブログ「モトコレ!」に掲載されている[2]。このブログにて、大林は旧姓の「樫野」で紹介しているが、樫野はこれに自らレスで書き込みを入れており、その際、現姓の「西岡」を名乗っている。
  • 2006年ワールドカップサッカーに、地元南あわじ市出身の加地亮選手が出場したが、試合の模様を島内の2会場で観戦会を行った際に、バレーボール元全日本選手の立場で、同じ世界の舞台で戦った経験を持つことで、加地選手にエールを送っている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『平成21年度 「スポーツクラブ21ひょうご」全県交流フェスティバル 全県クラブサミット シンポジウム』 パネリスト
  2. ^ 大林素子オフィシャルブログ「モトコレ」2008年9月26日付
  3. ^ 神戸新聞ニュース「加地選手躍動 島内2会場で観戦会」(2006年6月19日)

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール 1987年1月号臨時増刊 '88チームの顔 133ページ