樫 (松型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
艦歴
計画 1944年(昭和19年)度計画
建造所 藤永田造船所
起工 1944年5月5日
進水 1944年8月13日
就役 1944年9月30日竣工[1]
除籍 1945年10月5日
その後 1947年8月7日アメリカに引渡し
1948年解体
要目(計画値)
排水量 基準:1,262トン
公試:1,530トン
全長 100.00m
全幅 9.35m
吃水 3.30m
主缶 ロ号艦本式缶2基
主機 艦本式タービン2基2軸 19,000馬力
速力 27.8ノット
航続距離 18ノットで3,500海里
燃料 重油370トン
乗員 211名/247名[2]
兵装
(1944年9月)
40口径12.7cm単装高角砲 1基
40口径12.7cm連装高角砲 1基
25mm連装機銃 4基
25mm単装機銃 不明
(おそらく12基前後)
61cm4連装九二式魚雷発射管 1基4門(予備魚雷なし)
九四式爆雷投射機 2基、爆雷投下軌条×2、(二式爆雷 36発)

(かし)は日本海軍駆逐艦松型駆逐艦の10番艦として藤永田造船所で建造された。艦名は桃型駆逐艦2番艦「」に続いて2代目。

太平洋戦争では礼号作戦に参加、戦後は復員輸送に従事、のちにアメリカに引き渡されたが解体された。

艦歴[編集]

就役後、訓練部隊の第十一水雷戦隊(高間完少将海軍兵学校41期)に編入。瀬戸内海に回航され訓練に従事する。10月10日に第38任務部隊マーク・ミッチャー中将)が沖縄台湾方面に来襲して[3]捷号作戦警戒態勢がとられ[4]、10月12日から14日にかけて徳島海軍航空隊にいた第四航空戦隊第六三四海軍航空隊の要員を移動させる任務に就く[5]。11月7日、11月10日に門司を出発して昭南に向かう予定のヒ81船団に加入される[6]。11月15日に「」「」「」「」とともに第五十二駆逐隊(岩上次一大佐・海兵50期)を編成[7]。11月23日付で第五十二駆逐隊は第三十一戦隊(江戸兵太郎少将・海兵40期)に編入された[8]

陸軍特殊船4隻とタンカー5隻、元特設水上機母艦聖川丸」(川崎汽船、6,862トン)で構成され、空母神鷹」などが護衛についたヒ81船団の出港は11月14日に延期され、同日朝に伊万里湾を出発する[9]。しかし、スパイに関する噂が船団中に広まるなど前途は多難であった[10]。潜水艦出没情報により宇久島沖で待機の後[11]、翌15日朝に上海沖に向かった。ところが、同日正午に陸軍特殊船「あきつ丸」(日本海運、9,186トン)がアメリカ潜水艦クイーンフィッシュ (USS Queenfish, SS-393) の雷撃により沈没。珍島沖で待機の後再び航行を開始するが[12]、11月17日には黄海にてアメリカ潜水艦スペードフィッシュ (USS Spadefish, SS-411) の雷撃で「神鷹」を、ピクーダ (USS Picuda, SS-382) の雷撃で陸軍特殊船「摩耶山丸」(三井船舶、9,433トン)が沈没する。以後は被害なくタンカーと同行し、馬公を経由して12月4日に昭南に到着した[12]

昭南到着後すぐさま、マニラへの緊急輸送任務に就く[13]。マニラに到着後の12月14日に第38任務部隊(ジョン・S・マケイン・シニア中将)の艦載機の空襲を受け、「杉」および「」とともにマニラを脱出することとなる[14]。マニラ脱出後は、ひとまず南沙諸島で様子を伺う事となった[14]。12月15日、アメリカ軍はミンドロ島に上陸を開始してミンドロ島の戦いが始まる。これを受け、南西方面艦隊司令長官大川内傳七中将(海兵37期)は、南沙諸島に待機中の駆逐艦によるミンドロ島サンホセへの殴り込み作戦を立案する[15]。計画では「マニラへ向かう航路を取りつつカラミアン諸島を背景にサンホセに突入し、突入後はマニラに帰投する」という作戦だった[16]。しかし、給水ポンプの復旧の見込みが立たず、速力は21ノットを出すのがやっとだった。「杉」は多号作戦での損傷が癒えておらず、「榧」も不具合を抱えていた[17]。さらに、突入作戦を指揮する予定の第四十三駆逐隊司令肺結核で倒れて入院する事態となった[18]。このため、突入作戦は一時棚上げとなった[19]。その後、サンジャックに回航されて第二遊撃部隊(志摩清英中将・海兵39期)に合流する。

大川内中将は12月20日、第二水雷戦隊木村昌福少将・海兵41期)を中心としてサンホセへの突入作戦を行うよう志摩中将に命令した[20]。「榧」とともにタンカー「日栄丸」(日東汽船、10,020トン)を護衛しつつカムラン湾に進出[21]。参加艦艇の集結を待ち、12月24日にカムラン湾を出撃して殴りこみ作戦「礼号作戦」が開始された。空襲を受けつつもサンホセに接近し、マンガリン湾に潜む4隻のリバティ船に対して、「」「榧」とともに魚雷を発射した[22]。いずれの魚雷であるかは判然としないが、魚雷は貨物船ジェームズ・H・ブリーステッド (SS James H. Breasted) に命中して着底させた[23]。作戦を通じ戦死者3名、負傷者6名を出したものの、大きな被害は受けなかった[24]。作戦からの帰途、12月28日にアメリカ潜水艦デイス (USS Dace, SS-247) の雷撃により沈没した給糧艦「野埼」の乗員を救助した[25]。12月29日11時35分、カムラン湾に帰投した[26]

1945年(昭和20年)1月1日、サンジャックを出港して香港経由で1月7日に高雄に到着[27]。1月21日、高雄で第38任務部隊艦載機の空襲を受け、3発の直撃弾により缶室、電信室、射撃装置などが損傷して戦死者21名、負傷者20名を出す[28]。ただちに基隆への回航が命じられ、1月24日に到着した[29]。応急修理の後2月1日に「杉」とともに出港し[30]舟山群島南号作戦のヒ88A船団(「せりあ丸」(三菱汽船、10,238トン)、海防艦2隻)に合流して門司まで護衛を行った[31]。護衛終了後の2月8日に佐世保に帰投し、佐世保海軍工廠で修理が行われた[32]。修理後は呉に回航されて戦艦大和」の護衛にあたるが、間もなく呉海軍工廠で再度の修理が行われた[33]。その後は瀬戸内海で訓練と待機の日々を過ごし、7月28日の呉軍港空襲では至近弾により小破、そのまま呉で終戦を迎えた。10月5日除籍。

12月1日に特別輸送艦に指定され、復員輸送に従事した。終了後は賠償艦として1947年(昭和22年)8月7日に佐世保でアメリカに引渡されるが、そのまま売却。10月27日から1948年(昭和23年)3月20日にかけて笠戸ドックで解体された[34]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』366頁による。

艤装員長[編集]

  1. 黒木俊思郎 少佐 1944年8月10日-

駆逐艦長[編集]

  1. 黒木俊思郎 少佐 1944年9月30日-
  2. 萩原学 少佐 1945年4月3日-

脚注[編集]

  1. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127600, pp.53
  2. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.8
  3. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.13,14
  4. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.14,17,20
  5. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.18,20,21,38,39
  6. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.55
  7. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.56
  8. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.59
  9. ^ 木俣『日本空母戦史』818ページ、駒宮, 292ページ
  10. ^ 木俣『日本空母戦史』819ページ
  11. ^ 駒宮, 292ページ
  12. ^ a b 駒宮, 293ページ
  13. ^ 『第五艦隊戦時日誌』pp.22,23
  14. ^ a b 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.37
  15. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.39
  16. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.39,40
  17. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.42,43,44
  18. ^ 木俣, 591ページ
  19. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.44
  20. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.45
  21. ^ 『礼号作戦戦闘詳報』pp.8
  22. ^ 『礼号作戦戦闘詳報』pp.68 、木俣『日本水雷戦史』601、602ページ
  23. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II 、木俣『日本水雷戦史』601、602ページ
  24. ^ 『礼号作戦戦闘詳報』pp.68,69
  25. ^ 木俣『日本水雷戦史』606ページ
  26. ^ 『礼号作戦戦闘詳報』pp.64
  27. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.8,9,28,29,31
  28. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.47,48
  29. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.48,50
  30. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.6
  31. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.57,58,59
  32. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.18
  33. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.44,45
  34. ^ 田村, 149ページ

参考文献[編集]

  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年九月一日至昭和十九年九月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127600
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年十月一日至昭和十九年十月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127700
  • 第一海上護衛隊司令部『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第一海上護衛隊戦時日誌』(昭和19年8月1日~昭和19年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030141700
  • 第五艦隊司令部『自昭和十九年十二月一日至昭和十九年十二月三十一日 第五艦隊(第三遊撃部隊)戦時日誌』(昭和19年11月1日~昭和20年2月5日 第5艦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030019900
  • 礼号作戦挺身部隊 (第二水雷戦隊司令部)『礼号作戦戦闘詳報 (自昭和十九年十二月二十日至同年十二月三十日)』(昭和19年11月20日~昭和19年12月30日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030102600
  • 第三十一戦隊司令部『自昭和十九年十二月二十二日至昭和二十年一月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074800
  • 第三十一戦隊司令部『自昭和二十年二月一日至昭和二十年三月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』『自昭和二十年四月一日至昭和二十年四月三十日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074900
  • 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 駒宮真七郎『戦時輸送船団史』出版協同社、1987年、ISBN 4-87970-047-9
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 続篇』(光人社、1984年) ISBN 4-7698-0231-5
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍捷号作戦<2> フィリピン沖海戦』(朝雲新聞社、1967年)
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.43 松型駆逐艦』(学習研究社、2003年) ISBN 4-05-603251-3
  • 田村俊夫「米国に引き渡された賠償艦艇の最期について」『歴史群像太平洋戦史シリーズ51 帝国海軍 真実の艦艇史2』学習研究社、2005年、ISBN 4-05-604083-4