橋口伝蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

橋口 伝蔵(はしぐち でんぞう、天保2年(1831年) - 文久2年4月23日1862年5月21日[1])は、幕末薩摩藩士。同藩士・橋口与三次の次男[1]。諱は兼備[1]

経歴[編集]

天保2年(1831年)鹿児島城下で誕生。江戸安井息軒に学び、後に江戸藩邸の記録所書記となった[1]。文久2年(1862年)橋口壮介らと江戸を脱して[1]上洛し、有馬新七らと佐幕派の九条尚忠酒井忠義襲撃を画策する。しかし京都寺田屋で集合中に島津久光に派遣された鎮撫使側の奈良原繁らによって斬殺された[1]寺田屋事件)。

従四位[1]。墓所は京都市伏見区大黒寺[1]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『明治維新人名辞典』775頁。
  2. ^ 浜島速夫『三代軍人列伝 - 薩摩の武人たち』南日本新聞社、1975年、153頁。

参考文献[編集]

  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。