橋口高次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

橋口 高次(はしぐち たかつぐ)は、日本フィギュアスケート選手(ペアスケーティング)。パートナーは小野田淳子木下満知子、原田儀子。全日本フィギュアスケート選手権優勝3回(1958年、1959年、1963年)。

経歴[編集]

1958年桑名淳子とカップルを組み全日本選手権で優勝、史上3組目の全日本チャンピオンとなる[1]1959年、カップルを組んでいた桑名が小野田に改姓。再び全日本選手権に出場し2連覇を果たす。

1960年木下満知子とカップルを組み直し、全日本ジュニア選手権では大岩洋子/垣田一彦組に次いで2位となる。同年の全日本選手権でも大岩/垣田組に続く2位となった。

1963年、原田儀子とカップルを組み直し再び全日本選手権で優勝を果たす。

主な戦績[編集]

大会/年 1958-59 1959-60 1960-61 1961-62 1962-63 1963-64
全日本選手権 1 1 2 1
全日本ジュニア選手権 2

脚注[編集]

  1. ^ 日本スケート連盟 フィギュア記録 ペア