橋広治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

橋 広治(はし ひろはる、岩崎(橋)廣治[1]1949年 - )は、日本外交官2010年平成22年)から2014年(平成26年)まで、パプアニューギニア駐箚特命全権大使

経歴・人物[編集]

石川県出身。1972年昭和47年)早稲田大学教育学部を中退して、外務省に入省する。ガジャ・マダ大学留学後、在インドネシア日本国大使館在オーストラリア日本国大使館在ブルネイ日本国大使館在勤。外務省アジア大洋州局南東アジア第二課調整官、同局大洋州課地域調整官を経て、2004年(平成16年)3月メダン総領事2007年(平成19年)6月外務省官房調査官を経て、2010年平成22年)から2014年(平成26年)まで、パプアニューギニア駐箚特命全権大使[2]を務めた。同年10月19日より兼ソロモン駐箚特命全権大使[3][4]

同期[編集]

著作[編集]

  • 『東南アジアにおけるイスラム過激派事情』(近代文芸社新書,2004,ISBN 978-4773371987)

脚注[編集]

  1. ^ 「岩崎(橋)大使のご挨拶」 在ソロモン諸島日本国大使館
  2. ^ (日本語) 人事、外務省 橋 広治氏(はし・ひろはる=パプアニューギニア大使)”. 日本経済新聞 NIKKEI.NET (2010年8月20日). 2014年5月25日閲覧。
  3. ^ (日本語) 人事、外務省”. 日本経済新聞 NIKKEI.NET (2010年10月19日). 2014年5月25日閲覧。
  4. ^ 「著者略歴」『東南アジアにおけるイスラム過激派事情』近代文芸社新書2004/11