橋本実斐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

橋本 実斐(實斐、はしもと さねあや、1891年明治24年)3月5日[1] - 1976年昭和51年)10月9日[1][2])は、日本の農商務官僚政治家華族貴族院伯爵議員

経歴[編集]

伯爵・橋本実頴の長男として生まれる[1][3]。父の隠居に伴い1929年8月15日、伯爵を襲爵した[1][4]

学習院高等科を経て、1917年7月、京都帝国大学法科大学政治学科を卒業し、さらに同法律学科(仏法)で学んだ[2][3][5]1920年11月、高等試験行政科試験に合格[5]。同年、農商務省に入省し工務局属に任官[5]

以後、特許局事務官、同抗告審判官、農林事務官兼産業組合事務官、兼内閣総理大臣秘書官などを歴任し、1931年に退官した[2][3][5]

1931年11月、貴族院伯爵議員補欠選挙で当選し[6]研究会に所属して活動し、1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]。この間、岡田内閣内務参与官鈴木貫太郎内閣文部政務次官西園寺公葬儀司祭長、中央失業対策委員会委員などを務めた[2][3]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』下巻、357-358頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』25頁。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録』第14版 下、ハ25頁。
  4. ^ 『官報』第790号、昭和4年8月16日。
  5. ^ a b c d 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』228頁。
  6. ^ 『官報』第1471号、昭和6年11月24日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。
日本の爵位
先代:
橋本実頴
伯爵
羽林家橋本家第3代
1929年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)