橋本崚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
橋本 崚
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ハシモト リョウ
種目 長距離走マラソン
所属 GMOアスリーツ
大学 青山学院大学国際政治経済学部
生年月日 (1993-09-26) 1993年9月26日(25歳)
生誕地 大分県の旗大分県由布市
身長 172cm
体重 55kg
自己ベスト
5000m 13分57秒91(2016年)
10000m 28分35秒37(2019年)
ハーフマラソン 1時間02分55秒(2019年)
マラソン 2時間09分29秒(2019年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

橋本 崚(はしもと りょう、1993年9月26日 - )は、日本陸上競技選手で、専門は長距離走マラソン大分県由布市出身。大分県立大分西高等学校青山学院大学国際政治経済学部各卒業、現在はGMOアスリーツに所属。身長172cm、体重55kg

経歴[編集]

高校時代まで[編集]

大学時代[編集]

  • 高校卒業後の2012年4月、青山学院大学に入学・陸上競技部に所属し、長距離ブロック監督原晋の指導を受ける。
  • 大学1年生時、三大大学駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走全日本大学駅伝対校選手権大会東京箱根間往復大学駅伝競走)へは出場無しだった。
  • 大学2年生時に自身初めて三大大学駅伝へ出場となる、2013年11月開催の第45回全日本大学駅伝大会で6区を担当、区間5位と好走(チームは総合6位)。翌2014年1月の第90回箱根駅伝において、当初山登りの5区を任される予定だったが、全日本大学駅伝後に左足ふくらはぎの肉離れにより戦線離脱・補欠登録となった(代替選手は高橋宗司が担当、チームは総合5位)。
  • 大学3年生時は、前述の怪我が完治しないまま左足を庇いながら練習を続けた影響で、身体のバランスが崩れてしまう。左ハムストリングや臀部の肉離れ、右大腿骨の骨折など故障の多発により、チーム総合初優勝を達成した2015年1月の第91回箱根駅伝を含めて、三大駅伝に走ることは無かった。
  • 大学最後の4年生時、2015年11月に開催された第47回全日本大学駅伝へ2年ぶり2回目の出場、7区を担当し区間3位で活躍(チームは総合2位)。だが、自身大学最後となる2016年1月の第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(チームは総合2連覇を達成)でも結局補欠の登録留まりで、大学4年間は念願だった箱根駅伝競走への出場は一度も叶わなかった。
  • 大学卒業直前の、2016年2月に開催された東京マラソン2016では、チーム同僚の下田裕太・一色恭志・渡邊利典と共に、自身初めてのフルマラソンに挑戦。橋本は2時間14分台の23位で完走した(下田は10位、一色は11位、渡邊は27位)。

GMOアスリーツ時代[編集]

  • 青山学院大卒業後の2016年4月、GMOアスリーツに入社・加入。
  • 2度目のフルマラソンだった同年12月開催の第47回防府読売マラソンでは、川内優輝(当時埼玉県庁学習院大学卒)などの有力選手に競り勝ち、自己記録を3分以上更新する2時間11分台でマラソン初優勝を果たし、ゴール後のインタビューは嬉し涙を浮かべた。また青山学院大学のOBとして、日本のメジャーマラソンで優勝達成も史上初めての快挙となる[2]
  • 2017年2月の東京マラソン2017は2時間13分台の20位に終わった。
  • 2017年7月に行われたゴールドコーストマラソンでは、サブテン(2時間10分未満)に僅か18秒届かなかったが、当時の自己記録で総合4位に入った(優勝は野口拓也コニカミノルタ所属・日本体育大学卒。3位川内優輝)。
  • 2018年12月の第72回福岡国際マラソンでは、30Km地点まで同大会優勝者の服部勇馬トヨタ自動車東洋大学卒)らの先頭争いについていた。だがその後レース終盤でスローダウン、結果2時間11分台の総合9位(日本人7着)に留まり、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC、2020年東京オリンピック男子マラソン選考会)への出場権獲得は果たせなかった[3]
  • 2019年2月3日に行われた第68回別府大分毎日マラソンでは、32Km付近迄優勝争いの先頭集団に加わった。その後脱落するもペースを大きく崩す事無く、日本人トップで総合4位の二岡康平(中電工駒澤大学卒)に次ぐ、日本人2着・総合5位入賞を果たす。自身初めてサブ10と成る2時間09分台の自己記録を達成、さらに青山学院大OBとしても歴代初のMGC出場権を獲得した[4][5]

人物[編集]

  • 血液型はA型である。
  • 趣味はサッカー観戦とドラマ鑑賞。
  • 青山学院大学時の箱根駅伝出場は皆無で、大会本番では同期生・神野大地(のちコニカミノルタ・現セルソース所属)の付き添いをするなど、裏方の仕事に徹していた。しかし、箱根路を1回も走れなかった悔しさから、チームの総合優勝に関しては、自身は素直に喜ぶことが出来なかったという[6]
  • 2019年2月の別府大分毎日マラソンでは、青山学院大学陸上部監督の原晋が、センターゲスト解説者として生実況を担当。かつての教え子が当大学で初めてMGC出場権を獲得した事に、原は「箱根駅伝があれだけ盛り上がる中、彼は陰で頑張って努力した。それが漸く報われて頭が下がる」と手放しで喜んだ[7]。その一方で、ゴール迄残り5Km付近の37Km辺りから橋本が何度も腕時計を確認した際に、原自ら「もう時計なんか見ないで前を追っ掛けるんだよ!」と大声で叱咤する場面が有った[8]。 

戦績[編集]

主な成績(マラソン以外)[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2016年 2月7日 第38回神奈川マラソン ハーフマラソン 2位 1時間03分33秒 自己記録
7月3日 ホクレンディスタンスチャレンジ2016 第1戦士別大会
10000m 5位 29分13秒91
2017年 4月22日 兵庫リレーカーニバル(アシックスチャレンジ) 10000m 2組16位 29分44秒40 総合36位
5月6日 ゴールデンゲームズinのべおか 5000m F組3位 14分07秒64
5月20日 イエテボリハーフマラソン ハーフマラソン 11位 1時間05分01秒
2018年 5月5日 ゴールデンゲームズinのべおか 5000m E組13位 14分05秒15
5月19日 東日本実業団陸上選手権大会 10000m 15位 29分51秒28
7月4日 ホクレン・ディスタンスチャレンジ網走 5000m C組25位 14分18秒45
7月7日 ホクレン・ディスタンスチャレンジ北見 10000m B組25位 29分46秒13
2019年 5月12日 第29回仙台国際ハーフマラソン ハーフマラソン 4位 1時間2分55秒 自己記録

大学駅伝成績[編集]

学年(年度) 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2012年度)
第23回
- - -
(出場なし
第44回
- - -
(出場なし)
第89回
- - -
(出場なし)
2年生
(2013年度)
第24回
- - -
(出場なし)
第45回
6区-区間5位
37分08秒
第90回
- - -
(出場なし)
3年生
(2014年度)
第25回
- - -
(出場なし)
第46回
- - -
(出場なし)
第91回
- - -
(出場なし)
4年生
(2015年度)
第26回
- - -
(出場なし)
第47回
7区-区間3位
35分27秒
第92回
- - -
(出場なし)

マラソン全成績[編集]

年月日 大会 順位 記録 備考
2016年2月28日 東京マラソン2016 23位 2時間14分38秒 初マラソン、リオデジャネイロオリンピック選考レース
2016年12月5日 防府読売マラソン 優勝 2時間11分20秒 フルマラソン初優勝、当時自己記録
2017年2月26日 東京マラソン2017 20位 2時間13分29秒 世界陸上ロンドン大会選考レース
2017年7月2日 ゴールドコーストマラソン 4位 2時間10分17秒 当時自己記録
2018年12月2日 福岡国際マラソン 9位 2時間11分40秒 MGCシリーズ第7弾2020年東京オリンピック選考会)
2019年2月3日 別府大分毎日マラソン 5位 2時間09分23秒 MGCシリーズ第8弾、現在自己記録

自己記録[編集]

  • 5000m・・・13分57秒91(2016年10月1日 第4回世田谷陸上競技会)
  • 10000m・・・28分35秒37(2019年7月9日 ホクレン・ディスタンスチャレンジ深川)
  • ハーフマラソン・・・1時間02分55秒(2019年5月12日 第29回仙台国際ハーフマラソン大会)
  • マラソン・・・2時間09分29秒(2019年2月3日 第68回別府大分毎日マラソン)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]