橋本左五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
橋本左五郎

橋本 左五郎(はしもと さごろう、慶応2年9月20日1866年10月28日) - 昭和27年(1952年9月25日)は、畜産学者教育者、学校経営者。北海道における畜産練乳研究の第一人者。愛称は左五

来歴[編集]

研究分野[編集]

橋本は、牛乳処理技術開発に当たり、乳糖結晶の均一化に成功。練乳(コンデンスミルク)製造用真空釜を開発し、練乳製造の企業化の端緒を開く。後に北海道煉乳株式会社設立にも参画した[1]

エピソード[1][編集]

  • 文豪・夏目漱石と親交があり、夏目は「東京大学予備門(教養学部)入学試験で、代数が難しく途方に暮れていたら、隣席の左五がそっと教えてくれて、お陰でやっと入学した」と懐述している。しかし、当の橋本は予備門入試に落第し「東大なぞくだらない」と言い、札幌農学校へ入学したと言う。
  • 予備門時代の橋本は、「成立学舎」の出身者らを中心に、夏目漱石中村是公太田達人佐藤友熊中川小十郎らとともに「十人会」を組織している。
  • 1924年に浅羽靖の子息・浅羽一郎と、北海中学校及び札幌商業学校の校長・戸津高知が対立。あわや北中と札商が分離しかけたところを、橋本の尽力もあり、橋本が理事長就任で収まったと言う。

家族[編集]

義理の息子に北海道煉乳株式会社[2]専務・酪農経営者の橋本直也がいる。

著書等[編集]

樋口敏郎著(橋本校閲)『實用牧羊法』(博文館、1915年)

参考文献[編集]

  1. ^ a b 北海道21世紀タイムス編『北海学園120年の群像』(北海道21世紀タイムス、2005年)
  2. ^ のちに明治乳業に合流する

関連項目[編集]

先代:
浅羽靖
北海英語学校校主
第3代: 1901年 - 1915年
次代:
-
先代:
浅羽一郎
苗邨学園理事長
第2代: 1924年 - 1938年
次代:
戸津高知