橋本泰夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はしもと やすお
橋本泰夫
生年月日 1944年
職業 録音技師

橋本 泰夫(はしもと やすお、1944年 - )は、日本映画録音技師日本映画・テレビ録音協会会員。

1967年(昭和42年)太田六敏が率いる録音グループ「櫂の会」の設立に参加。助手及び技師として多くの撮影現場で経験を積む。 1980年(同55年)フリーとなり、映画・テレビ、CM等の録音技師として活躍。「植村直己物語」(佐藤純彌)で日本アカデミー賞最優秀録音賞を受賞、以降「敦煌」(佐藤純彌)「おろしや国酔夢譚」(佐藤純彌)などの大作で録音技術を示す一方、「病院で死ぬということ」(市川準)「大阪物語」(市川準)で毎日映画コンクール録音賞を受賞するなど,幅広く活躍している。 2008年(平成20年)(協)日本映画・テレビ録音協会専務理事 2012年(同24年) 副理事長を経て、現在フリーとして活動している。

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

受賞歴[編集]

  • 1987年「植村直己物語」日本アカデミー賞 最優秀録音賞受賞 
  • 1989年「敦煌」日本アカデミー賞 最優秀録音賞受賞、日本映画TV技術協会 技術賞受賞 
  • 1990年「あ・うん」「風の又三郎」日本アカデミー賞 最優秀録音賞受賞、「風の又三郎」日本映画TV技術協会 技術賞受賞 
  • 1993年「おろしや国酔夢譚」日本アカデミー賞 優秀録音賞受賞、日本映画TV技術協会 技術賞受賞 
  • 1994年「病院で死ぬということ」毎日映画コンクール 録音賞受賞 
  • 2000年「大阪物語」毎日映画コンクール 録音賞受賞、「ガメラ3 邪神覚醒」日本映画テレビ技術協会 特別賞受賞 
  • 2006年「蝉しぐれ」日本アカデミー賞 優秀録音賞、日本映画・テレビ録音協会 最優秀録音賞 
  • 2010年 文化庁 映画功労賞受賞 
  • 2014年 日本映画・テレビ録音協会 功労賞受賞 

出版[編集]

  • 1998年「ワイヤレスハンドブック」兼六館出版(共著) 
  • 2012年「映画録音技術」(協)日本映画・テレビ録音協会(共著)