橋本清吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
橋本 清吉
はしもと せいきち
Hashimoto Seikichi.jpg
生年月日 1898年(明治31年)8月14日
出生地 三重県
没年月日 1955年(昭和30年)7月2日
出身校 東京帝国大学
所属政党 改進党

選挙区 旧三重2区
当選回数 1回
在任期間 1953年4月19日 - 1955年1月24日
テンプレートを表示

橋本 清吉(はしもと せいきち、1898年(明治31年)8月14日 - 1955年(昭和30年)7月2日)は、日本内務官僚政治家。元衆議院議員改進党、当選1回[1])。

経歴[編集]

三重県出身[1]

東京帝国大学を卒業後内務省に入り、その後、1939年(昭和14年)9月5日 - 1940年(昭和15年)12月23日福島県知事1940年(昭和15年) - 1942年(昭和17年)第2・3近衛内閣警保局長を務める。1942年(昭和17年)6月10日岡山県知事に就任[2]1944年8月1日、知事を依願免本官となり退官した[3]

敗戦後公職追放となったが、その後復帰し、衆議院議員選挙旧三重2区から立候補する。1952年(昭和27年)の選挙では無所属で出馬したが次点で落選。次の1953年(昭和28年)に改進党の公認候補として出馬し当選。衆議院議員を1期務める。

埋葬場所は多磨霊園である。

脚注[編集]

  1. ^ a b 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』482頁
  2. ^ コンサイス日本人名事典
  3. ^ 『官報』第5265号、昭和19年8月2日。

関連項目[編集]