橋本綱太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
橋本綱太郎
橋本綱太郎

橋本 綱太郎(はしもと つなたろう、1888年明治21年)5月12日[1] - 1942年昭和17年)10月13日[2])は、日本教育者文部官僚

経歴[編集]

福井県足羽郡東郷村(現在の福井市)出身[1]1911年(明治44年)に盛岡高等農林学校農学科を卒業[1]宮城県立農学校教諭、同農事試験場技手、福井県今立郡立農学校教諭、盛岡高等農林学校助教授などを歴任[1][3]。その後高等文官試験に合格し、福岡県鞍手郡長、同糸島郡長、同事務官を務めた[3]1928年(昭和3年)に文部事務官に移り、大臣官房会計課勤務、専門学務局勤務などを経て、1934年(昭和9年)に文部書記官・宗教局宗務課長に就任した[1][3]1937年(昭和12年)からは東京聾唖学校校長を務めた[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(下)』人事興信所、1939年。
公職
先代:
樋口長市
日本の旗 東京聾唖学校
1937年 - 1942年
次代:
川本宇之介
その他の役職
先代:
樋口長市
日本聾唖教育会会長
1937年 - 1942年
次代:
(聾唖教育福祉協会に統合)