橋本耀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
はしもと ひかり
橋本 耀
本名 橋本 耀
生年月日 (1997-06-17) 1997年6月17日(23歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 152 cm[1]
血液型 A型
職業 女優タレント
ジャンル 舞台テレビドラマ
活動期間 2012年 -
事務所 ラナビオン
公式サイト 橋本耀 公式ブログ
備考
AKB48メンバー
(14期研究生→チーム4→チームB)
テンプレートを表示

橋本 耀(はしもと ひかり、1997年平成9年〉6月17日 - )は日本の女優タレントである。神奈川県出身。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーである[2]。ラナビオン所属。

略歴[編集]

2012年

2013年

  • 6月22日、AKB48 研究生公演「パジャマドライブ」において、自身16歳の生誕祭公演が行われた。当日の担当ユニットは「天使のしっぽ」。
  • 8月24日、東京ドームで行われた『AKB48・2013真夏のドームツアー〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜』において、研究生から正規メンバーへの昇格が発表され、昇格先はチームの結成が発表された峯岸チーム4であった[4]
  • 11月3日、峯岸チーム4「手をつなぎながら」公演の初日に出演。当日の担当ユニットは「チョコの行方」[5]。終演後には、手のひらサイン会が行われた[6][7][8]

2014年

2015年

2016年

  • 7月20日、Twitterアカウントの運用を開始。エムズエンタープライズへ所属し、芸能活動再開。
  • 7月25日、自身のTwitterで舞台「大きな虹のあとで〜不動四兄弟〜」への出演を発表。この作品が初舞台となる。

2018年

  • 10月31日、株式会社ラナビオンに所属することが発表された[14]

2021年

  • 3月4日、自身のSNSで芸能界引退の意向を明らかにする[15]
  • 5月22日、横浜ぴあアリーナMMで行われた『峯岸みなみ卒業コンサート〜桜の咲かない春はない〜』に出演。峯岸チーム4のOGとして「清純フィロソフィー」「LOVE修行」を歌唱した[16][注 1]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

次の足跡』に収録

  • チーム坂 - 「Team 4」名義

ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録

  • To goで - 「倉持Team B」名義

出演[編集]

舞台[編集]

  • 大きな虹のあとで〜不動四兄弟〜(2016年8月20日 - 24日、俳優座劇場)- 百合 役[18]
  • 魔銃ドナークロニクル(2016年9月28日 - 10月2日、六行会ホール)- ハイネ・アドラー 役
  • 舞台「海賊と山賊」(2017年1月13日 - 15日、彩の国さいたま芸術劇場小ホール)- まこ 役
  • 13月の女の子(2017年1月25日 - 2月5日、新宿村LIVE)- 穴森七海 役[19]
  • ズルい奴ほどよく吠える(2017年5月17日 - 28日、池袋シアターグリーンBACE THEATER)- 南雲雪 役[20]
  • 白と黒の同窓会〜まさかのダブルブッキング編〜(2017年10月12日 - 15日、新宿村LIVE)- 伊吹 役[21]
  • スーパーマンガ大戦 オルタナティブ(2017年11月8日 - 19日、コフレリオ新宿シアター)- ホーリー 役(ゲスト出演)[22]
  • SOLID STARプロデュースVol.15「明るいお葬式〜るんるんは2度死ぬ〜」(2018年9月12日 - 17日、俳優座劇場
  • PURESMILE presents「おおばかもの 〜憧れのサンパチマイク〜」(2018年12月12日 - 16日、草月ホール
  • 信長の野望・大志(2019年5月18日、戸田市文化会館 / 2019年5月21日 - 26日、シアター1010) - うた 役

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

  • 「西野未姫のコメディーショー"夢みる時間"」第1回ゲスト出演(2017年4月16日、WALLOP押上スタジオ)[23]
  • 舞台「ぴんすぽ!」終演後アフタートークショー出演(2017年6月9日、六行会ホール)[24]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ このコンサートの開催日にはシアター1010で舞台『逆転裁判〜逆転のパラレルワールド〜』に出演する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響により、5月13日 - 23日の公演予定が延期となった[17]

出典[編集]

  1. ^ 光文社「AKB48じゃんけん大会公式ガイドブック2014」P.79
  2. ^ “元AKBの橋本耀、初舞台で芸能活動を再開”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2016年8月19日). https://www.sanspo.com/geino/news/20160819/geo16081906000002-n1.html 2020年8月27日閲覧。 
  3. ^ Kyoko Nishiyama(さるおば) Google+” (2012年9月6日). 2017年1月31日閲覧。
  4. ^ AKB48研究生昇格発表及び新チーム4発足のお知らせ”. AKB48 オフィシャルブログ (2013年8月24日). 2017年1月31日閲覧。
  5. ^ 岡田隆志 Google+” (2013年11月3日). 2017年1月31日閲覧。
  6. ^ 湯浅洋 Google+” (2013年11月3日). 2017年1月31日閲覧。
  7. ^ 湯浅洋 Google+” (2013年11月3日). 2017年1月31日閲覧。
  8. ^ 戸賀崎智信 Google+” (2013年11月3日). 2017年1月31日閲覧。
  9. ^ 乃木坂・生駒がチームB兼任/大組閣祭り”. 日刊スポーツ新聞社 (2014年2月14日). 2017年1月31日閲覧。
  10. ^ 荒井広希 Google+” (2014年4月16日). 2017年1月31日閲覧。
  11. ^ “AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年3月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2050670/full/ 2017年1月31日閲覧。 
  12. ^ 橋本耀の卒業公演について”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月30日). 2017年1月31日閲覧。
  13. ^ 小林茉里奈と橋本耀の卒業について”. AKB48オフィシャルブログ (2015年7月23日). 2017年1月31日閲覧。
  14. ^ 2018年10月31日のツイート
  15. ^ “元AKB橋本耀、芸能界引退の意向「たくさんの経験や新しい生活をしてみたい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2021年3月5日). https://www.sanspo.com/geino/news/20210305/geo21030515010032-n1.html 2021年3月5日閲覧。 
  16. ^ 木村武雄 (2021年5月22日). “峯岸みなみ卒コン、2曲目からサプライズ、峯岸チーム4再集結”. MusicVoice (株式会社アイ・シー・アイ). https://www.musicvoice.jp/entame/idol/190710/ 2021年5月23日閲覧。 
  17. ^ 舞台「逆転裁判」公式 [@gyakutenstage] (8 May 2021). "【公演延期のお知らせ】" (ツイート). Twitterより2021年5月23日閲覧
  18. ^ 大きな虹のあとで / 舞台「大きな~シリーズ」三部作”. 2017年1月31日閲覧。
  19. ^ 13月の女の子 / 劇団ドリームプリンセス”. 2017年1月31日閲覧。
  20. ^ ズルい奴ほどよく吠える / 雀組ホエールズ”. 2017年11月18日閲覧。
  21. ^ 白と黒の同窓会〜まさかのダブルブッキング編〜 / 劇団ドリームプリンセス”. 2018年1月21日閲覧。
  22. ^ 「救世主を描いて!」アリスインプロジェクト”. ステージナタリー(2017年10月25日). 2018年1月21日閲覧。
  23. ^ 西野未姫のコメディーショー"夢みる時間" / WALLOP TV”. 2018年1月21日閲覧。
  24. ^ 橋本耀 / Twitter”. 2018年1月21日閲覧。