橋本芳契

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橋本 芳契(はしもと ほうけい、1910年 - 2001年4月18日[1])は、仏教学宗教学者

富山県生まれ。1934年東京帝国大学文学部印度哲学梵文学科卒、1962年「維摩経の研究」で東京大学文学博士石川師範学校教授、金沢大学法文学部助教授、教授、1975年定年退官、名誉教授、福井県立短期大学教授[2]

著書[編集]

  • 『維摩の再発見』大蔵出版 現代仏教叢書 1955
  • 『東洋哲学史 インドの文化と哲学』明玄書房 1964
  • 『維摩経の思想的研究』法蔵館 1966
  • 『維摩経新講 現代に生きる仏教』黎明書房 1967
  • 法句経に聞く』教育新潮社 1970
  • 『註維摩詰経問疾品講鑚』安居事務所編 東本願寺出版部 1979
  • 『仏教語入門』法蔵館 法蔵選書 1983
  • 『維摩経による仏教』東方出版 興福寺仏教文化講座 1988
  • 『たちあがる学園』編著 清水書房 1948
  • 『維摩経講話 浄土の経への解説』早川博信編 山喜房仏書林 1992

翻訳[編集]

記念論文集[編集]

  • 『仏教研究論集』橋本博士退官記念仏教研究論集刊行会編 清文堂出版 1975

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『維摩経講話』著者紹介