橋本英也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
橋本英也
Eiya Hashimoto
Cycling (road) pictogram.svg
UCI Track World Championships 2018 335.jpg
個人情報
本名 橋本 英也
はしもと えいや
生年月日 (1993-12-15) 1993年12月15日(25歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 180cm
チーム情報
所属 チーム ブリヂストン サイクリング
期別 113期
分野 トラックレース
役割 選手
特徴 エンデュランス
アマ所属チーム
2010-2012
2012-2015
岐南工高
鹿屋体大
プロ所属チーム
2016
2018
Nippo Racing Project
チーム ブリヂストン サイクリング
グランツール最高成績
主要レース勝利

アジア競技大会

オムニアム 2014, 2018

アジア自転車競技選手権大会

オムニアム 2016, 2018

日本の旗 日本選手権

個人追抜 2011-2013
団体追抜 2011-2012
ポイントレース 2013
オムニアム 2017
 
獲得メダル
トラックレース
日本の旗 日本
アジア自転車競技選手権大会
2013 ニューデリー 団体追抜
2014 アスタナ オムニアム
2016 伊豆 オムニアム
2018 ニライ オムニアム
アジア大会
2014 仁川 オムニアム
2014 仁川 団体追い抜き
2018 ジャカルタ オムニアム
2018 ジャカルタ 団体追い抜き
2018 ジャカルタ マディソン
最終更新日
2019年7月8日

橋本 英也(はしもと えいや、1993年12月15日 - )は、岐阜市出身の自転車競技競輪選手。

来歴[編集]

ジュニアにおける記録[編集]

岐阜県立岐南工業高等学校に入学後に自転車競技をはじめた。

全国高等学校総合体育大会自転車競技大会(高校総体)では、2010年及び2011年に団体追抜で優勝に貢献[1]、2011年には個人追抜も制した[2]。また、国民体育大会自転車競技(国体)では、少年・4000m速度競走において、2010年及び2011年と連覇。また、2011年にタイで開催された第31回アジア自転車競技選手権大会では、団体追抜で優勝に貢献[3]

エリートにおける記録[編集]

2011年

2012年

  • 鹿屋体育大学に入学。
  • トラックレース全日本選手権
    • 日本の旗 個人追抜 優勝。同種目予選で、4分30秒441の日本新記録を樹立[4]した。
    • 日本の旗 団体追抜 優勝

2013年

  • アジア選手権
    • 団体追抜 2位
  • トラックレース全日本選手権
    • 日本の旗 個人追抜 3連覇
    • 日本の旗 ポイントレース 優勝

2014年

2016年 鹿屋体育大学を卒業、ニッポの支援を受けながらオリンピックも視野に入れたトラック競技を続ける。[5]

2017年 日本競輪学校入校(113回生)、学生としての訓練を受けながら、大会に出場する。

2018年

脚注[編集]

参考文献[編集]