橋本菊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
橋本菊太郎
はしもと きくたろう
生年月日 (1876-01-07) 1876年1月7日
出生地 徳島県徳島市
没年月日 (1947-02-21) 1947年2月21日(71歳没)
出身校 東京薬学校
前職 徳島市長

Flag of Tokushima, Tokushima.svg 第12代 徳島市長
当選回数 1回
在任期間 1927年5月19日 - 1931年5月18日
テンプレートを表示

橋本 菊太郎(はしもと きくたろう、1876年明治9年)1月7日 - 1947年昭和22年)2月21日)は、日本政治家薬剤師。元徳島市長徳島県徳島市出身。

経歴[編集]

1876年徳島市東新町の薬舗「郡茂」の分家、橋本半太郎の長男として生まれる[1]

小学校を卒業後、大阪市内にある田辺製薬へ勤務し、その傍ら大阪薬学校(現在の大阪大学薬学部)に入学。1890年(明治23年)、14歳の若さで薬剤師試験に合格。後に東京薬学校(現在の東京薬科大学)に進学し1894年(明治27年)7月に同校を修了する[1][2]

1904年(明治37年)、徳島市会議員に当選。その後、徳島薬業組合長・徳島市商店研究会長・徳島県薬剤師会長を歴任。1919年大正8年)、徳島県会議員に当選。1923年(大正12年)には徳島市会議長に就任。1926年(大正15年)、徳島市助役に就任[3]

1927年昭和2年)、徳島市長に就任、1933年(昭和8年)まで任期を満了した。1935年(昭和10年)に徳島市会議員、1937年(昭和37年)には徳島県会議員に再び当選する[4]

1947年(昭和22年)2月21日、71歳で逝去。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『徳島の百人』p277
  2. ^ 『徳島県歴史人物鑑』p237
  3. ^ 『徳島の百人』p278
  4. ^ 『徳島の百人』p279

参考文献[編集]


公職
先代:
矢野猪之八
Flag of Tokushima, Tokushima.svg 徳島市長
第12代:1927 - 1931
次代:
坂本政五郎