橋詰大慧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
橋詰大慧 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ハシヅメ タイセイ
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 中距離走長距離走
所属 SGホールディングス
大学 青山学院大学文学部史学科
生年月日 (1997-03-21) 1997年3月21日(22歳)
生誕地 和歌山県の旗和歌山県海南市
身長 176cm
体重 58kg
自己ベスト
5000m 13分37秒75(2018年)
10000m 28分28秒08(2018年)
ハーフマラソン 1時間02分46秒(2017年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

橋詰 大慧(はしづめ たいせい、1997年3月21日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は中距離長距離走和歌山県海南市出身。和歌山北高等学校[1]、青山学院大学文学部史学科卒業[2]SGホールディングスグループ陸上競技部所属。

経歴[編集]

  • 海南市立下津第二中学校では2・3年時に全国中学校駅伝大会に連続出場[3][4]、3年時には都道府県駅伝にも出場している[5]和歌山北高校では高校駅伝に3年連続で出場し、第65回大会では区間2位に輝いた[6]
  • 2015年、青山学院大学に進学。2年時の箱根駅伝選考前のレースでは自己ベストを更新し選抜合宿のメンバーに入ったが、左足がシンスプリント(過労性骨膜炎)により練習ができなくなり、第93回箱根駅伝は断念せざるをえなかった。
  • しかし、2017年1月に都道府県駅伝に和歌山代表として出場した際、高校時代の監督(当時和歌山代表の監督)から『お前のことを応援している人が地元にはたくさんいるから、がんばれ』と声をかけられ、練習に集中できるようになった。その後、3月の立川シティハーフマラソン(日本学生ハーフマラソン選手権大会)では季節外れの暑さの中で、自己ベストで5位に入る走りを見せた[7]
  • 大学3年時、2017年の出雲駅伝に6区で出場し、区間6位となった。しかしその後の全日本大学駅伝は左アキレス腱痛、第94回箱根駅伝も右太もも肉離れのため欠場した。
  • 大学4年時のホクレンディスタンスチャレンジ北見大会の5000mでは、一色恭志(現GMOアスリーツ)が保持していた大学記録を1秒90更新した[8]。出雲駅伝には1区に起用され、第1中継所まで残り約700メートルで先頭に立ちたすきを渡し区間賞を獲得、チームも2年ぶり4度目の優勝を飾った[9]
  • 大学生として最初で最後の出場となった第95回箱根駅伝では、トップバッターの1区に起用された。東洋大学西山和弥に18.6km、六郷橋付近で抜け出されついていくことが出来なかった。それでも橋詰自身は区間賞の東洋大・西山に6秒差、区間2位の中央大学・中山顕とは5秒差の区間3位で、エース区間の2区・梶谷瑠哉へ襷を繋ぎ、まずまずの出だしで当駅伝を終えた[10][11]。その後青学大は3区で主将森田歩希が区間新で首位に立つも、4・5区の失速が響いて往路6位と大きく出遅れた。翌日の復路では6区の小野田勇次が区間新記録を達成、7区の林奎介も区間賞の好走で徐々に順位を上げる。結果青学大は復路優勝を果たしたものの、総合優勝は東海大学に3分41秒の差で明け渡して総合2位に終わり、青学大の箱根駅伝総合5連覇は成らなかった[12]

戦績[編集]

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2012年 第17回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 2区(3km) 21位 9分00秒 チーム総合40位
2012年 第63回全国高等学校駅伝競走大会 2区(3km) 12位 8分39秒 チーム総合18位
2013年 第64回全国高等学校駅伝競走大会 1区(10km) 35位 30分44秒 チーム総合44位
2014年 第19回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 1区(7km) 19位 20分28秒 チーム総合30位
2014年 第65回全国高等学校駅伝競走大会 1区(10km) 2位 29分42秒 チーム総合41位
2015年 第20回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 1区(7km) 13位 20分25秒 チーム総合33位
2016年 第21回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 7区(13km) 34位 39分27秒 チーム総合41位
2016年 第38回神奈川マラソン ハーフマラソン 3位 1時間03分36秒
2017年 第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 3区(8.5km) 29位 25分14秒 チーム総合38位
2017年 第39回神奈川マラソン ハーフマラソン 4位 1時間02分56秒
2017年 第20回日本学生ハーフマラソン選手権大会 ハーフマラソン 5位 1時間02分46秒 自己記録
2017年 第96回関東学生陸上競技対校選手権大会 10000m 6位 28分56秒06 入賞
2018年 第97回関東学生陸上競技対校選手権大会 5000m 4位 14分06秒28 入賞
2018年 ホクレンディスタンスチャレンジ2018 5000mA 2位 13分37秒75 自己記録・大学記録
2019年 第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 3区(8.5km) 5位 24分21秒 総合9位

大学駅伝戦績[編集]

学年(年度) 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生(2015年度) 第27回 ー - ー 出走なし 第47回 ー - ー 出走なし 第92回 ー - ー 出走なし
2年生(2016年度) 第28回 ― - ― 出走なし 第48回 ー - ー 出走なし 第93回 - - - 出走なし
3年生(2017年度) 第29回 6区 - 6位 30分54秒 第49回 - - - 出走なし 第94回 - - - 出走なし
4年生(2018年度) 第30回 1区 - 区間賞 23分15秒 第50回 2区 - 5位 32分21秒 第95回 1区 - 3位 1時間02分41秒

自己記録[編集]

  • 1500m - 3分53秒29(2018年3月31日、第1回国士舘大学競技会)
  • 3000m - 8分16秒95(2018年7月15日、第69回青山学院大学対東北学院大学陸上競技定期戦)
  • 5000m - 13分37秒75(2018年7月7日、ホクレンディスタンスチャレンジ2018北見大会)
  • 10000m - 28分28秒08(2018年11月24日、10000m記録挑戦競技会)
  • ハーフマラソン - 1時間02分46秒(2017年3月5日、第20回日本学生ハーフマラソン選手権大会)

脚注[編集]

関連項目[編集]