橋 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ソニー・ロリンズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1962年1月30日-2月14日
ジャンル ジャズ
時間
レーベル RCAビクター
プロデュース ボブ・プリンス
専門評論家によるレビュー
テンプレートを表示

The Bridge)とは、ジャズサックス奏者、ソニー・ロリンズのスタジオ・アルバム。活動を停止して以来、3年振りとなる復帰作。

解説[編集]

1959年から活動を停止したロリンズは、ウィリアムズバーグ橋で人知れずサックスの練習を重ねていた。自作曲「橋」およびアルバム・タイトルは、その練習場所にちなんでいる。そして、1961年11月に、公衆の面前での演奏を再開。ほどなく、RCAビクターのプロデューサー、ジョージ・アヴァキャンがロリンズとの契約を取り付けた。なお、アヴァキャンは以前コロムビア・レコードに在籍し、マイルス・デイヴィスを獲得した実績がある。

「ウィザウト・ア・ソング」は、ロリンズのコンサートでしばしば演奏された曲で、アメリカ同時多発テロ事件から4日後のボストン公演でも披露され、同公演を収録したライブ・アルバムのタイトルにもなった。「ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド」は、ビリー・ホリデイ1941年に発表した曲のカバー。

本作では、エラ・フィッツジェラルドの伴奏ギタリストとして知られていたジム・ホールが重要な役割を果たしている。ホールの1999年のインタビューによれば、ロリンズはピアノ和音よりもギターの和音の方が隙間があって触発されやすいと考え、サックス・ギター・ベースドラムのカルテットで制作することを決めたそうである。

収録曲[編集]

  1. ウィザウト・ア・ソング - Without a Song(Billy Rose, Edward Eliscu, Vincent Youmans
  2. ホエア・アー・ユー - Where are You(Harold Adamson, Jimmy McHugh)
  3. ジョン・S - John S.(Sonny Rollins)
  4. 橋 - The Bridge(S. Rollins)
  5. ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド - God Bless the Child(Arthur Herzog, Billy Holiday
  6. ユー・ドゥ・サムシング・トゥ・ミー - You Do Something to Me(Cole Porter

演奏メンバー[編集]

参考文献[編集]

  • ジャズマンが愛する不朽のJAZZ名盤100(小川隆夫・著、河出書房新社、ISBN 4-309-26912-5)
ジム・ホールの発言に関して参照