橘影子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

橘 影子(たちばな の かげこ、生年不詳 - 貞観6年11月10日864年12月12日))は、平安時代前期の女官。仁明天皇女御右大臣橘氏公の娘。中納言橘岑継(仁明天皇の乳母子)の姉妹。従四位下

檀林皇后橘嘉智子嵯峨天皇皇后・仁明天皇の母)の姪で、従兄弟にあたる仁明天皇の後宮に仕えた。仁明天皇との間に皇子女はいなかった。

承和7年(840年)11月、女御宣下を受け、従四位下に叙せられる。貞観6年(864年)11月10日卒去。

参考文献[編集]