橘御井子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

橘 御井子(たちばな の みいこ、生没年不詳)は、平安時代初期の女官。父は左中弁橘入居逸勢永名永継・田村子(桓武天皇宮人)らの姉妹で、檀林皇后橘嘉智子嵯峨天皇皇后)の従姉妹。桓武天皇女御となり、賀楽内親王・菅原内親王の母となった。

弘仁6年(815年)7月従四位下に叙され、仁明天皇の代になった嘉祥2年(849年)閏12月に従三位となった。

参考文献[編集]