橘氏公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
橘氏公
時代 平安時代前期
生誕 延暦2年(783年
死没 承和14年12月19日848年2月1日
別名 井手右大臣
官位 従二位右大臣従一位
主君 嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇
氏族 橘氏
父母 父:橘清友、母:粟田小松泉子
兄弟 吉清、氏人弟氏氏公嘉智子
安万子ら
田口継麿娘・真仲
岑継真直、岑雄、影子、時子、房子、忠子
テンプレートを表示

橘 氏公(たちばな の うじきみ)は、平安時代前期の公卿参議橘奈良麻呂の孫。内舎人橘清友の七男[1]仁明天皇外叔父官位従二位右大臣従一位井手右大臣と称される。

経歴[編集]

弘仁元年(810年)に昇殿。左衛門大尉蔵人を経て、弘仁6年(815年従五位下・左衛門佐に叙任される。同年姉で嵯峨天皇夫人であった嘉智子皇后に冊立されると、弘仁8年(817年)従五位上、弘仁10年(819年正五位下、弘仁11年(820年従四位下右衛門督、弘仁13年(822年)従四位上・蔵人頭右近衛中将と急速に昇進する。

弘仁14年(823年)正月に蔵人頭を辞すが、同年4月の淳和天皇の即位に伴って、嘉智子所生の皇子・正良親王が春宮に立てられると、氏公は正四位下に叙せられる。その後、淳和朝では刑部卿宮内卿を歴任する。天長10年(833年)正月に従三位に叙せられ、3月に春宮・正良親王が即位(仁明天皇)すると、その外戚として参議兼右近衛大将に任ぜられた。

仁明朝では、承和5年(838年)上位3名(藤原良房(権中納言)・源信源定(いずれも参議))を飛び越えて中納言に、承和9年(842年)には承和の変により上位2名(藤原愛発大納言)・藤原吉野(中納言))が失脚したことから後任の大納言に任ぜられる等、天皇の外戚として順調に昇進。承和11年(844年)には右大臣に昇進するが、この頃以降、病気により家に籠もりがちとなり、政治に関わりを持たなかった[1]。翌承和12年(845年)従二位に至る。

承和14年(847年)12月19日薨去。享年65。即日従一位の位階が贈られた[1]。薨伝には「太后(嘉智子)弟を以てこの顕要を歴る」とあり、嘉智子の威光により要職を歴任したと記載されている[1]

官歴[編集]

注記のないものは『六国史』による。

系譜[編集]

  • 父:橘清友
  • 母:粟田小松泉子[2]
  • 妻:田口真仲(田口継麿の娘)[2] - 仁明天皇乳母
  • 生母不明の子女
    • 男子:橘岑雄
    • 女子:橘影子(?-864) - 仁明天皇女御
    • 次女:橘時子[2] - 源明
    • 女子:橘房子 - 文徳天皇後宮
    • 女子:橘忠子 - 文徳天皇後宮

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『続日本後紀』承和14年12月19日条
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『公卿補任』
  3. ^ 『日本三代実録』貞観2年10月29日条
  4. ^ 『日本文徳天皇実録』仁寿2年6月20日条。『尊卑分脈』では岑継の子とする。

参考文献[編集]

  • 森田悌『日本後紀 (中)』講談社講談社学術文庫〉、2006年
  • 森田悌『日本後紀 (下)』講談社〈講談社学術文庫〉、2007年
  • 森田悌『続日本後紀』(上下巻)、講談社〈講談社学術文庫〉、2010年
  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年