機動戦士ガンダムの登場人物 民間人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
機動戦士ガンダム > 機動戦士ガンダムの登場人物 民間人

機動戦士ガンダムの登場人物 民間人(きどうせんしガンダムのとうじょうじんぶつ みんかんじん)は、テレビアニメおよびアニメーション映画機動戦士ガンダム』に登場する架空の人物のうち、地球連邦軍およびジオン公国軍のどちらの陣営にも属していない「民間人」を列挙する。

の項で、複数の声優が演じていたテレビ版での担当話数については「ガンダム・エイジ ガンプラ世代のためのガンダム読本」を参照とする[1]

地球連邦軍に所属している人物は機動戦士ガンダムの登場人物 地球連邦軍を、ジオン公国軍に所属している人物は機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍 (あ行-さ行)と、機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍 (た行-わ行)を、特に説明が必要な人物は各人の項目を参照。

個別記事のある人物[編集]

以下の人物に関しては各人の項目を参照。

目次へ移動する


ア行[編集]

イセリナ・エッシェンバッハ[編集]

Icelina Eschonbach

- 潘恵子(テレビ版) / 上田みゆき(劇場版I) / 名越志保(特別版)

ジオン公国軍が地球にて占領したアメリカ大陸ニューヤーク市の前市長エッシェンバッハの娘。ガルマ・ザビと相思相愛となり、結婚の約束まで交わした仲だったが、ジオンを憎む父親の猛反対を受けていた。ガルマはもし結婚を聞き届けてもらえないならば、ジオンを捨ててもよいほど彼女に惚れ込んでいた。ホワイトベースを追って出撃したガルマの身を案じた彼女は、自家用ジェット機でガルマの陣中見舞いを試みるが、使用人らの制止に遭い父親からは平手打ちされて果たせずに終わる。そして、ガルマはホワイトベースとの戦闘で最期に彼女の姿を思い浮かべつつ戦死。その報を父親から聞かされた彼女は彼の名を呼び泣き崩れる。

そして11話でガルマの基地を訪ね、部下であったダロタに訴えて仇討ちのためガウ攻撃空母3隻で出撃。他の2機を撃墜されるも、負傷したダロタに代り自らガウの操縦桿を握ってガンダムへ特攻、その衝撃でガンダムを操縦不能に追い込む。修理のため外に出たアムロを銃を構えて狙い撃とうとするが、自身もガウの特攻時に深手を負っており、力尽きてガウから転落し死亡。その際の彼女がアムロを仇と呼んだことは、アムロに深い衝撃を与えた。この後アムロ、カイ、リュウ、ハヤトによって名も知らぬ女性として砂漠に埋葬される。

劇場版『機動戦士ガンダム』及び漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』においては、11話に相当するエピソードは完全にカットされている。『THE ORIGIN』では、父親や反ジオン抵抗運動の動向をガルマに伝える情報提供者の役目も務めていたことが示されている。

なお、10話の脚本を担当した山本優は、一連のイセリナに対する監督・富野由悠季の演出法の宝塚歌劇団のようなクサさに激昂したという(『機動戦士ガンダム記録全集』)。出演回数は少ないながらバンダイのキャラコレにて立体化された人物でもある。

目次へ移動する


エッシェンバッハ[編集]

Eschonbach

声 - 飯塚昭三(テレビ版) / 緑川稔(劇場版I) / 堀勝之祐(特別版)

ニューヤーク市の前市長。財界の要望もありジオン軍のニューヤーク市支配にやむをえず協力していたが、元々エッシェンバッハ家は地球連邦に近い筋の名家であったため、ガルマとイセリナの結婚には断固反対していた。シャア・アズナブルもパーティーで見かけた彼を頑固そうだと評していた。妻とは死別していると言われる[2]

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』ではフルネームをヨーゼフ・エッシェンバッハとされ、ロサンゼルス市長で元北米合衆国大統領候補となっている。反ジオンのゲリラ運動を陰で支援しており、パーティの最中に武装蜂起させていた。ジオン側もその動向を掴んでおり、ガルマ戦死の報をイセリナへ知らせた直後、反逆罪によりジオンの憲兵に逮捕・拘束を宣言されるが、机の引き出しにある拳銃を取ろうとしたため、その場で処刑された。

目次へ移動する


カ行[編集]

カマリア・レイ[編集]

Kamaria Ray

声 - 沢田敏子(テレビ版) / 倍賞千恵子(劇場版I) / 池田昌子(特別版) / 行成とあ(ガンダムG40)

アムロ・レイの母親。宇宙での暮らしに馴染めず、夫のテム・レイに幼いアムロを託して別居し、地球でひとりで生活をしていた。なお、カマリアという名は小説版に基づいて劇場版で付けられたもので、TV版でのエンディングクレジットは単にアムロの母となっていた。テレビ版での登場は13話のみ。

一年戦争中は避難民キャンプでボランティアの救護活動をしており、そこで息子アムロと久々の再会を果たす。しかし、偵察に来たジオン兵マグロスに対し銃を発砲、ひとりに重傷を負わせたアムロを見て驚き、昔の優しかった頃に戻って欲しいと諭す。彼女の言葉に反発して走り去るアムロに絶望の言葉を投げかけ、男手で育てたことが原因ではと夫テムを内心責める言葉を洩らした。

アムロは、過酷な戦争の渦中で生きる自分を受け容れぬ母との断絶を感じ、ホワイトベースのクルーとして敬礼、キッパリと別れを告げる。その後の消息は不明。なお、このシーンの富野由悠季の絵コンテには、彼女の背後の自動車に乗った男が情夫であるとの書き込みがあり、小説版ではアムロの幼少時から情夫と密通していたことが描写されている。

テレビ版13話の脚本を担当した星山博之はこの話に関し、放映当時言われていた「教育ママ」や「過保護」といった親離れ、子離れ出来ない者に対し「子どもが母親から自立する」という事を話の骨としたと、後年自身の書籍に書いている[3]

2020年、「機動戦士ガンダム40周年記念 ガンダム×KEN OKUYAMA DESIGN×LDH JAPAN“G40プロジェクト”」として制作・公開されたスペシャルWEBムービー(通称『ガンダムG40』)では、風貌や立ち振る舞いが原典から相当にリ・デザインされたカマリアが登場する。映像では彼女がガンダムの存在に深く関わっているかのような演出がされているが、詳細な設定が公表されていないため、あくまでもイメージに留まっている。

目次へ移動する


カムラン・ブルーム[編集]

Cameron Bloom

声 - 塩沢兼人(テレビ版) / 村山明(劇場版III・逆襲のシャア) / 磯部弘(特別版)

サイド6の検察官。眼鏡をかけたインテリ風の青年で、スレッガー曰く「優男(やさおとこ)」。ミライ・ヤシマとは許婚の関係にあった。親同士が勝手に決めた結婚話ではあったが、カムランは戦争の勃発で行方不明となっていた婚約者ミライの捜索に非常に熱心であった。しかし、ミライは元々この結婚話に冷淡であった上、何かというと名門を誇る父親の力を当てにして物事を自力で成し遂げようとせず、戦争をまるで他人事のように考えるカムランとの間に性格的なズレも感じていた。またサイド6でカムランと再会した当時のミライは艦長のブライトにほのかな好意を寄せており、婚約は自然消滅のような形で解消したと思われる。それでもカムランのミライへの思いは強く、補給も修理も与えないというサイド6政庁の意に反してペルガミノの浮きドックを斡旋、修理の手筈を整える。しかしドックはコンスコン艦隊によって破壊され、ホワイトベースは損傷したままサイド6に逆戻りせざるをえなかった。

彼は出航するホワイトベースに、ジオン軍のコンスコン隊が待ち伏せしているにも係わらず自家用機での水先案内を申し出る。このカムランの行為も、自分の気を惹こうとするスタンドプレーとしか見ないミライにとってはありがた迷惑でしかなかったが、ブライトは彼の提案に非常に乗り気だった。スレッガーがミライを平手打ちの後に窘め、それが後押しとなって水先案内は実行に移される。

数多い登場キャラの中、35話のカイ・シデンのような軽いノリではなく、極めて真摯な態度で「君を愛している」と明言した唯一の人物だったが、遂に報われることはなかった。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では、地球連邦政府会計監査局の代表としてロンデニオンで行われた地球連邦政府とネオ・ジオンの和平交渉に立会う。がその裏に隠された真実を知りブライトに告げる。そして彼は、会計監査局扱いで博物館行きの代物と揶揄される(つまり相当に古い)15基の核弾頭をかつての婚約者ミライの夫たるブライト・ノアに託した。この行為についてカムランは「現行の連邦政府が生き続ければ終身刑になるだろう」と言っており、相当な覚悟の上で行動していることが伺える。動機については「ミライに生きていてほしいから」と語っており、一年戦争のときよりも自力で物事に当たり、戦争について考えている様子が見て取れる。

漫画『機動戦士ガンダムUC 虹に乗れなかった男』では、シャアの反乱において無許可で核兵器を持ち出した罪状により、情状酌量の余地はあるにしても当たり前の横領罪では済まされず、カムランは終身刑を免れない立場にいた。ブライトはロンド・ベル司令の権限を行使して、自分が依頼したことで責任はすべて自分にあると庇おうとしたがそれは不可能だった。なぜならカムラン監査が核弾頭を持ち出したのは、アデナウアー参謀次官がロンド・ベル隊司令のブライトへ危機対処に関する全権を委任する前の事でありブライトの権限であっても罪状をどうにかすることは出来なかったのである。しかし、ブライトが査問会でアクシズ・ショックの真実を隠蔽したい連邦政府のスポークスマンとなってアクシズ・ショックはニュータイプ的な現象ではないと証言することを了承したことにより、カムランとブライトの息子であるハサウェイ・ノアへの訴追は免責される事となった。

目次へ移動する


キッカ・キタモト[編集]

Kikka Kitamoto

声 - 井上瑤 / 荘真由美(TV版『Ζ』) / 小松由佳(劇場版『Ζ』) / 広橋涼ガンダムさん

ホワイトベースに乗っていた民間人の子供で孤児。元気な女の子でカツ・ハウィンレツ・コ・ファンとともに殺伐としがちなホワイトベース内を和ませ、大いにやんちゃな個性を発揮する。最大の見せ場は第30話と最終話。30話では、3名ともジャブローの託児施設に預けられそうになるが、嫌がってそこを抜け出しジムの工場に迷い込んだ際、潜入していたジオン軍の工作員たちと遭遇。捕縛されるも脱出に成功し、ジムに仕掛けられた時限爆弾をすべて外しバギーで運び出すまでを3名だけでやってのける大活躍を見せた。最終話では、ア・バオア・クーから脱出するアムロのコア・ファイターを3人でテレパシー誘導し、高いニュータイプ能力の片鱗をみせる。

小説版にもやんちゃな少女として登場する。サイド7からの避難民として木馬(ペガサス)へ収容されるまではアニメ版と変わらないが、民間人はルナツーで全員下艦させられてしまう。以後は終戦までフラウ・ボゥやカツ、レツと共にルナツーでひたすら下働きに明け暮れ、木馬のマスコット的な存在となることもなく終わる。

漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の特別編「その前夜」では、原作版の第1話の前日譚に当たるサイド7の様子が描かれているが、キッカはカツに宿題を教えてもらっている。自動車(エレカ)で迎えに来る母親も登場し、不良と言われているレツとは「遊んじゃいけません」と釘を刺されるものの、キッカは「カッコいい」と意に介していない。

一年戦争後、ハヤトとフラウが結婚し、カツ、レツと共に養子となり、キッカ・コバヤシ Kikka Kobayashi)となる。『機動戦士Ζガンダム』登場時の成長したキッカのビジュアルについては、キャラデザインの安彦良和は『Ζ』の企画自体に乗り気ではなく、サンライズからの要請で渋々引き受けた仕事だけに「メインストーリーにも絡まないサービス出演のキャラをそこまで美化する必要もないし、まあ(ビジュアル的に)こんなものじゃないですかね」と発言している。劇場版『機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛』では、新作カットで登場シーンが増えている。

なお、アーケードゲーム『機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン』に、タカシ・キタモト大尉なるサイド7出身の連邦軍パイロットが登場しており、ジオンの軍事活動によってサイド7に住む家族が行方不明になったという設定であるが、キッカの血縁者かどうかは不明。

準備稿段階の早くからカツ、レツとともに決定稿とほぼ同様に描かれているが、上半身の服装は決定稿直前までビキニタイプであった[4]。決定稿ではタンクトップに変更された。

名前の由来は橘花から[5]

目次へ移動する


クム[編集]

Kum

声 - 間嶋里美

ククルス・ドアンに親を殺された戦争孤児で、彼が他の子供達と一緒に面倒を見ていた目の小さいオーバーオール着用の男の子。『機動戦士Ζガンダム』に登場するクムとは別人である。

目次へ移動する


コーリー[編集]

Coaly

声 - 井上瑤

ホワイトベースに乗っていたサイド7の避難民の子供。母であるペルシアに連れられて地球のセント・アンジェ跡にてホワイトベースを降りる。愛称は「コー君」。

劇場版には登場しない。

目次へ移動する


コミリー[編集]

Comilly

第13話にて名前のみ登場。アムロの幼馴染で、幼い頃アムロとよく教会のある丘の上で遊んでいたらしい。コミリーの母によれば、一年戦争の戦渦に巻き込まれ、すでに死亡したという。

目次へ移動する


コミリーの母[編集]

声 - 片岡富枝(テレビ版・劇場版I) / 岡田和子(特別版)

アムロの出生地の近くに住んでいる太ったおばさんで、リンゴなど果物を売って生計を立てていた。とある連邦軍兵士に丸かじりしたリンゴの代金を払うよう頼むが、兵士は「拾え」とばかりに地面に放り投げる。偶然に通りかかったアムロはそれを注意したが、前線に孤立して自暴自棄になっていた兵士らから殴る蹴るの暴行を受けてしまう。彼女は娘の友達だったアムロを思い出して彼をかばい代金を兵士へ渡して引き取らせる。娘のコミリーと夫が空襲ですでに死亡したこと、アムロの母であるカマリアが生存していること、彼女の居場所である避難民キャンプのことをアムロへ伝えた。その後の詳細は不明。エンドクレジットではテレビ版・劇場版Iともにおばさんと表記された。

目次へ移動する


サ行[編集]

ジル・ラトキエ[編集]

Jill Ratokie

声 - 松岡洋子(テレビ版・劇場版II) / 中西裕美子(特別版)

ベルファストにて姉のミハルと共に暮らしている幼い弟。ミハルが行方不明となってからもミハルが残したお金で妹のミリーと共に暮らしていた。

小説『フォウストーリー そして、戦士に…』にも登場し、その後ミリーは誘拐されて行方不明になってしまい、彼自身はムラサメ研究所に拾われ強化人間の被験者(被験者番号005)となる。同時期に入所したキョウ(被験者番号004、後のフォウ・ムラサメ)とアマリ・ガーフィールド(被験者番号006)と共に同じ部屋で暮らしていた。実験に使用するサイコガンダム試作8号機が未完成であることを知ると、次に実験台にされるであろうキョウたちを守るためにパイロットに志願。そして実験中に死亡した。ただし、この作品自体は公式設定というわけではない。

『フォウストーリー そして、戦士に…』での主な搭乗機は、RMS-106 ハイザック(シミュレーター)、MRX-008 サイコガンダム試作8号機(通称:冷蔵庫)。

漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』外伝「アルテイシア 0083」では名前のみ登場し、「アストライア財団」で戦争孤児救援に従事するセイラ・マスの口から、孤児園に入らず家を守り続ける彼とミリーを財団が見守ってゆくことがカイ・シデンに語られた。

目次へ移動する


スミス[編集]

Smith

声 - 滝雅也

ホワイトベースに乗っていたサイド7の避難民で、ペロの祖父。連邦軍の命令で強制的にサイド7へ移民させられる前は南米でコーヒー園を営んでいたらしい。息子夫婦を一週間戦争で亡くしている。今度こそはジオンが攻めて来ようと連邦軍に強制退去を命じられようと絶対に動かず故郷の南米に骨を埋めたいとアムロに語っていたが、その後は登場しなかった。

目次へ移動する


タ行[編集]

タチ[編集]

Tachi

声 - 松岡洋子

ククルス・ドアンに親を殺された戦争孤児。他の子供達と一緒にククルス・ドアンが面倒を見ていた目の大きいタンクトップを着た男の子。劇場版には登場しない。

目次へ移動する


チヨ[編集]

Chiyo

声 - 高木早苗

ククルス・ドアンに親を殺された戦争孤児。他の子供達と一緒にククルス・ドアンが面倒を見ていた、おかっぱ髪の女の子。クレジットではチョと表記される。劇場版には登場しない。

目次へ移動する


ハ行[編集]

ハヤトの母[編集]

声 - 鈴木れい子(テレビ版・劇場版I)

目次へ移動する


ファム・ボゥ[編集]

Fam Bow

声 - 鈴木れい子(テレビ版、第1話)/ 井上瑤(テレビ版、第2話) / 加川三起(劇場版I) / 津島瑞穂(特別版)

フラウ・ボゥの母。脱出のため父(フラウ・ボゥの祖父)と娘(フラウ)と共に退避カプセルを出てスペースゲートに向かっていたが、フラウがアムロの元に駆け寄る途中、ザクのマシンガンの流れ弾が起こした爆発に巻き込まれて父と共に死亡した。

目次へ移動する


フラウ・ボゥの祖父[編集]

声 - 永井一郎

フラウの祖父でボゥの爺さんと呼ばれていた。脱出のため娘(ファム)と孫(フラウ)と共に退避カプセルを出てスペースゲートに向かっていたが、フラウがアムロの元に駆け寄る途中、ザクのマシンガンの流れ弾が起こした爆発に巻き込まれて娘ファム(フラウの母)と共に死亡した。

目次へ移動する


ベルガミノ[編集]

Bergamino

声 - 永井一郎

サイド6実業家。サイド6付近の戦闘禁止区域外に浮きドックを所有し、戦闘禁止区域外での戦力回復行為が中立規定に抵触しないことを利用して地球連邦軍ジオン公国軍双方の艦船の修理を有償で請け負い、大きな利益を得ている。ホワイトベースが中立のサイド6へ入港した際、カムラン・ブルームのコネで修理をペルガミノ所有の浮きドックにて行おうとするが、サイド6の戦闘禁止区域を出て、浮きドックに近づいたところでジオン公国軍のコンスコン隊に襲撃を受けてしまう。

この浮きドックには両軍とも世話になっていることから攻撃が控えられてきたが、ホワイトベース撃沈のみを目標とした、国際問題に発展することも辞さないコンスコン隊のなりふり構わない攻撃による煽りで浮きドックも戦闘に巻き込まれて破壊されてしまう。劇場版では、浮きドックの場面が完全にカットされた関係で登場しない。

その後も経済関連の人物として活動したらしく、『アナハイム・ジャーナル』には彼の名を冠したプチ・モビルスーツによるレースイベント「ベルガミノ・カップ」の開催記事が掲載されている。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では「ペルガミノ(Pergamino)」と呼ばれている。ドックでのガンダムの改造に難色を示すが、モスク・ハンよりジオン軍協力の事実を責められ、しかたなく唯一の乾ドックを貸すも、実験の成果によりそれを滅茶苦茶にされたため、モスクを「ヘタレ科学者」と罵倒していた。

目次へ移動する


ペルシア[編集]

Persia

声 - 門谷美佐

ホワイトベースに乗っていたサイド7の避難民の一人。ホワイトベースが地球に降りた際、亡き夫の故郷であるセント・アンジェを目指して息子コーリーと共に下船する。親子で歩いていた所を、ジオン公国軍のルッグン機長バムロに発見されるが、彼は母子の行く先に何もないことを心配し救援キットを渡す。その後、バムロたちはガンダムと交戦し負傷したため、ペルシアは彼らの手当をした。

バムロは別れ際にセント・アンジェがすでに消滅してしまっていること(目の前の荒涼とした大地と付近にはなかったはずの湖が一年前までセント・アンジェだった場所であること)を告げ、一緒にホワイトベースを下船した避難民のところに戻ることを勧めた。彼女はその事実に衝撃を受け、思わずその場に泣き崩れている。その後は親子共にバムロの助言に従い、ミッド湖畔の避難民らの住む人家へ合流したと思われる。

劇場版ではエピソードごと完全カットされ未登場だが、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では収録されている。

漫画『ガンダムジェネレーション』に掲載された『鋼鉄の処女』では、ペルシアの夫カールが実は生存しておりジオン軍傭兵部隊の一員として登場。元は連邦軍兵士だったが大戦中に戦死扱いとなり、生き残るためにジオン軍への移籍に至った。また、妻子の写真を常に所持しており、彼女たちのサイド7からの脱出を願う様子も見られた。ただし、この作品自体は公式設定というわけではない。

目次へ移動する


ペロ[編集]

Pelo

声 - 井上瑤(テレビ版) / 門谷美佐(劇場版)

ホワイトベースに乗っていたサイド7の避難民の子供でスミスの孫。アムロに故障したラジコン自動車を修理してもらった。スペースコロニー生まれのために地球の自然を知らないらしく、地球の海を見て感動していた。祖父と共に南米へ辿り着けたかは不明。

目次へ移動する


マ行[編集]

ミハル・ラトキエ[編集]

Miharu Ratokie

声 - 間嶋里美

ベルファストに住む少女。幼い弟のジルと妹のミリーを養うために物売りのかたわら、ジオン公国軍のスパイ活動を行っている。ジオン公国軍でのコードネームはスパイ107号

ホワイトベースの連邦軍編入に反感を抱き艦を降りたカイと出会い、スパイ任務を遂行しようとする。その後、連邦兵に変装してホワイトベースに潜入し、スパイ活動を開始するが偶然にもカイに遭遇。彼とアムロの会話からホワイトベースの進路を聞き出しジオン軍へ伝える。その後マッドアングラー隊によるホワイトベースへの攻撃の際、自分の弟妹くらいの子供(カツ・レツ・キッカ)が艦内に居るのを目の当たりにし、自らの行った行為を後悔する。その後、罪滅ぼしとしてカイと共にガンペリーに乗り応戦し、アクシデントによりコクピットからの発射操作が不能になったミサイルを手動で発射させるため自らコンテナへ降りて行って発射させズゴック(劇場版ではグラブロ)を撃破したが、ミサイル発射時の爆風に煽られて機体から投げ出され死亡した[注 1]。彼女の死はカイにジオンと戦う意味を悟らせ、彼女の様な悲劇を繰り返さないために戦争を終わらせる決意を抱かせた。

富野は当時、アニメ劇場版では上映時間の問題から彼女のエピソードがカットされる可能性があったことを語っている。

目次へ移動する


ミリー・ラトキエ[編集]

Milly Ratokie

声 - 井上瑤(テレビ版・劇場版II) / 高木礼子(特別版)

ベルファストにて姉のミハルと共に暮らしている幼い妹。ミハルが行方不明となってからもミハルが残したお金で兄のジルと共に暮らしていた。

小説『フォウストーリー そして、戦士に…』によれば、後に誘拐されて行方不明になったという。ただし、この作品自体は公式設定というわけではない。

漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』外伝「アルテイシア 0083」では名前のみ登場し、「アストライア財団」で戦争孤児救援に従事するセイラ・マスの口から、孤児園に入らず家を守り続けるジルと彼女を財団が見守ってゆくことがカイ・シデンに語られた。

漫画『機動戦士Ζガンダム Define』ではカイに引き取られていたが、ジャーナリストとして(また、エゥーゴやカラバの協力者として)世界中を飛び回るカイが連れて歩く訳にもいかず、留守を守らせる間の手慰みと与えられたコンピュータの扱いに習熟してコンピュータ関連ではカイの手伝いができるレベルに成長していた。

目次へ移動する


ラ行[編集]

ランク・キプロードン[編集]

小説版が初出。中立の立場をとるサイド6の「大統領」とされる。ランク政権はジオン公国寄りと言われ、キシリア・ザビと内通していると噂される。

アニメ版には直接登場しないが、映画『めぐりあい宇宙』でのブライト・ノアの台詞に「ランク政権」「ランク内閣」という単語が登場する。「ザビ家がテコ入れをしている」とされる。

漫画『機動戦士ガンダムMS BOYS -ボクたちのジオン独立戦争-』では「首相」または「宰相」とされ、ヒロインとして娘のアストリッドも登場する。回想の中で父も登場し(後ろ姿のみ)、キシリアやマ・クベウラガンらと会見している。娘曰く、ザビ家の後ろ盾で権力を得、連邦軍に対しても媚を売り、娘をも政治の道具に利用しようとする(ガルマ・ザビの花嫁候補との噂もあった)。

目次へ移動する


レツ・コ・ファン[編集]

Letz Cofan

声 - 鵜飼るみ子 / 頓宮恭子(TV版『Ζガンダム』) / 柳井久代(劇場版『Ζガンダム』)

サイド7の戦災孤児として、ホワイトベースに避難。当時5歳。カツキッカらとトリオとして、ホワイトベース内で可愛がられる。第30話では潜入したジオン軍兵士に捕まり縛りあげられるものの、ロープを強健な歯でかみ切り、三人組だけでジャブロー内GM製造工場に仕掛けられた爆弾を取り外すという離れ業の大活躍を見せる。最終回では3人でア・バオア・クーから脱出するアムロのコア・ファイターを誘導し、高いニュータイプの資質をうかがわせた。子供ながらホワイトベースのクルーとして一年戦争を生き抜いた。

小説版にも腕白な少年として登場する。サイド7からの避難民として木馬(ペガサス)へ収容されるまではアニメ版と変わらないが、民間人はルナツーで全員下艦させられてしまう。以後は終戦までフラウ・ボゥやカツ、キッカと共にルナツーでひたすら下働きに明け暮れ、木馬のマスコット的な存在となることもなく終わる。

漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の特別編「その前夜」では、原作版の第1話の前日譚に当たるサイド7の様子が描かれているが、レツはカツやキッカ同様小学生の扱いであり、不良の不登校児と呼ばれている。母が亡くなったばかりにも関わらず、父も戦死し、その境遇ゆえに父のことはまだ誰も本人に伝えていないようである(フラウ・ボゥは知っている)。年下のキッカに宿題を教えるカツを「ロリコン」と馬鹿にするクラスメイトたちを殴って追い払い、その縁でレツはカツの家に泊まっている。

一年戦争後、ホワイトベースの乗組員だったハヤトとフラウが結婚し、カツ、キッカとともに養子として引き取られ、レツ・コバヤシLetz Kobayashi)と改名している。『機動戦士Ζガンダム』では、第13話にてフラウがアムロの元に訪れた際にカツ、キッカと共にフラウに随伴している。リュウと同じく黒人系のキャラクターだが、監督の富野由悠季が放送コードを当時恐れていたため、肌の色は濃く描かれなかった。

目次へ移動する


ロラン・チュアン[編集]

Rolland Chuan

声 - 川浪葉子

ククルス・ドアンに親を殺された戦争孤児の少女。そのためか自閉症気味の期間もあったという[6]。他の子供達の面倒を見るだけでなく心に傷を負っているククルス・ドアンをも優しく見守っていた。それゆえ根拠も無くドアンを誹謗中傷するアムロを思わず平手打ちにしている。戦争によって心が荒み、沈む夕日の美しさも解さないアムロを憐れんでいた。劇場版には登場しない。

目次へ移動する


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 劇中では致命傷を負った等の具体的な描写はなく、大西洋の海上に落ちて行く姿が描かれている。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、ガンペリーで爆風に飛ばされた際に内壁に頭部を強打して絶命した。また、漫画作品『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』などではガンペリーの開放コンテナに降りる際には落下防止のハーネスを付けているシーンが描かれている。

出典[編集]

  1. ^ サデスパー堀野 「史上最強 ガンダム声優紳士録」 『ガンダム・エイジ ガンプラ世代のためのガンダム読本』洋泉社、1999年4月9日、ISBN 4-89691-379-5、245頁 - 252頁。
  2. ^ 『ロマンアルバム・エクストラ 機動戦士ガンダム(劇場版)』徳間書店、1981年5月、64頁。
  3. ^ 「星山博之のアニメシナリオ教室」(2007年、雷鳥社)
  4. ^ 『機動戦士ガンダム ガンダムアーカイブ』メディアワークス、1999年6月、21,84頁。
  5. ^ Web現代「ガンダム者」取材班編集「第6章 脚本(チーフシナリオライター) 星山博之 《キャラクターの生命》」『ガンダム者 ガンダムを創った男たち』講談社、2002年10月9日、ISBN 4-06-330181-8、284頁。
  6. ^ 『ロマンアルバム・エクストラ 機動戦士ガンダム』徳間書店、1980年7月、85頁。

関連項目[編集]