機動戦士ガンダム (対戦型格闘ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
機動戦士ガンダム
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード
開発元 アルュメ
発売元 バンプレスト(後のバンダイナムコゲームス
人数 1 - 2人
発売日 1993年
テンプレートを表示
機動戦士ガンダム EX REVUE
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード
開発元 アルュメ
発売元 バンプレスト(後のバンダイナムコゲームス
人数 1 - 2人
発売日 1994年
テンプレートを表示

機動戦士ガンダム』(きどうせんし-)は、1993年バンプレストからリリースされたアーケードゲーム。テレビアニメ『機動戦士ガンダム』を題材とした対戦型格闘ゲームである。

なお本項では、システムを刷新したバージョンアップ版『機動戦士ガンダム EX REVUE』についても併せて記述する。

概要[編集]

本作は、スーパーデフォルメではない、リアル体型のガンダムゲームとして、アーケード向けに発売された初の作品。『機動戦士ガンダム』の出来事である一年戦争を舞台に、モビルスーツ(MS)を操作して相手MSのゲージを0にすれば勝ちとなる。対戦型格闘ゲームの基本を踏襲しており、原作でモビルスーツの主武器だったビームライフルなどの飛び道具はコマンド入力による必殺技扱いであり、通常攻撃は格闘となっている。

操作はレバー1本と弱攻撃ボタンと強攻撃ボタン。システム面で特筆すべき部分として空中ガードが使用できる。これは開発元のアルュメが過去に開発した対戦型格闘ゲーム『ブランディア』に次いで2例目であった。

登場モビルスーツ[編集]

地上戦用のモビルスーツでも、宇宙ステージで支障なく戦闘を行う。また、最後の1機になるまで戦う格闘ゲームのシステムの関係上、連邦軍・ジオン軍関係なく戦う。『機動戦士SDガンダム サイコサラマンダーの脅威』や『SD機動戦士ガンダム V作戦始動』で登場したプロトタイプガンダム(ガンダムの胸部の青い部分が赤く塗装されている)がセイラ専用ガンダムとして登場。なお、同キャラクター同士での対戦はできない。

その他、CPU専用の最終ボスとしてジオングが登場する。

機動戦士ガンダム EX REVUE[編集]

1994年に発売。新たに「投げ」のシステムが追加され、操作は1レバー4ボタン(弱・中・強・投げ)になった。使用可能なモビルスーツも増加し、同キャラクター対戦も可能となる。ただしセイラ専用ガンダムは外された。前作から操作系が改善されたが、描画フレーム数が秒間30フレームと前作より低下した。

最初の電源投入から1ヶ月経過すると、大河原邦男が新規デザインしたモビルスーツ「ドルメル」と前作のボスだった「ジオング」が使用可能になる。

登場モビルスーツ[編集]

  • ガンダム - アムロ・レイ
  • ガンキャノン - カイ・シデン
  • 量産型ザク - ジオン一般兵
  • シャア専用ザク - シャア・アズナブル
  • グフ - ランバ・ラル
  • ドム - ガイア
  • ズゴック - ジオン一般兵
  • シャア専用ズゴック - シャア・アズナブル
  • ゲルググ - ジオン一般兵(EDではアナベル・ガトーが乗っている事になる)
  • シャア専用ゲルググ - シャア・アズナブル
  • ギャン - マ・クベ
  • アッガイ - ジオン一般兵
  • ジオング - シャア・アズナブル
  • ドルメル - ラムイコ・シュタイン

オリジナルキャラクター[編集]

ラムイコ・シュタイン (RAMUICO SHUTEIN)
ドルメルのパイロット。金髪ロングヘアの碧眼の女性で赤いノーマルスーツを着用している。顔はノーマルスーツのヘルメットに隠れているので、エンディングでこれを外すまでは見えない。本人曰くア・バオア・クーで生まれ育つ。書籍『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編I]』では、階級は少尉と記されている。
キャラクターデザインは逢坂浩司。なお名前は、ゲーム中では英字表記のみで読みは明らかにされず、原画にも謎の女パイロットとしか書かれていなかったが、ゲーム『クイズ機動戦士ガンダム 問・戦士』では、「ラムイコ・シュタイン」と記されており、ガンダム関連書籍・雑誌で紹介される時もこれに準じている。

備考[編集]

  • 元々はアテナによる開発で製作が進行していたが、開発途中のプロトタイプ版の完成度の低さを見たバンプレスト側の判断によってアテナ版は開発が中止になり、改めてアルュメによって制作が再開されたという。アテナは基板の生産ラインを既に発注してしまっていた為、基板の再利用の為に急遽開発されたのが縦STG「大王」である。なお、アテナが基板の生産を発注した先は皮肉にも開発を改めて請け負ったアルュメであった。
  • バンプレストは『機動戦士ガンダム EX REVUE』の続編として、ガンダムを始めとしたサンライズのロボットによる格闘ゲームを予定していた。また、そのラストボスとして「ガーシュイン」という機体を大河原邦男にデザインさせていた。これは、頭部と腹部に大型ビーム砲、背中に数本の巨大なクローを装備し、両手両肩がドリルになっているガンダムタイプの機体であり、モビルアーマー (MA) 形態もデザインされている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

同様のモビルスーツによる対戦型格闘ゲーム