機巧おちゃ麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

機巧おちゃ麻呂[1] プロフィール

  • 初出作品サムライスピリッツ 天下一剣客伝
  • 出身地:土御門大路よりは北、西洞院大路よりは東[1][2]
  • 生年月日:製造年月日不明[1][2]
  • 血及型:筑波山名産 四六蝦蟇油(しろくのがまのあぶら)[1][2]
  • 剣の道について:舞踏は優雅に、退魔は優美に[1][2]
  • 武器銘:鉄扇:切鉄翁・裏鉄嫗(きりがねおきな・うらがねおうな)、歯車:黒鉄鋳造刃金焼入白銀歯車(くろがねちゅうぞうはがねやきいれはくぎんのはぐるま)[1][2]
  • 流派:裏式神楽雅(うらしきかぐらみやび)[1][2]
  • 好きなもの:玉服茶[1][2]
  • 嫌いなもの:埃、塵(動きが鈍るから)[1][2]
  • コンプレックス:ない[1][2]
  • 尊敬する人:師父様[1][2]
  • 好みのタイプ:平安美人[1][2]
  • 特技:舞踊[1][2]
  • 平和を感じるとき:分解整備[1][2]

機巧おちゃ麻呂(からくりおちゃまろ)は、SNK対戦型格闘ゲームサムライスピリッツ』シリーズに登場する架空のキャラクター。声優は新堂真弓

概要[編集]

サムライスピリッツ 天下一剣客伝』にて初登場したからくり人形。武器は、鉄扇と歯車[1][2]。キャッチコピーは、機械仕掛けの戦人形[2]

おちゃ麻呂は、平安の世に魔界の勢力と戦うために作られた呪術の結晶「機巧兵士」の現存する最後の1体である[3]。他の機巧兵士は、百数年前に羅将神ミヅキを封じる際に、法力僧達と伴に戦いほとんどが失われてしまった[3]

黒髪おかっぱの可愛らしい顔立ちの頭部と巨大な両腕がからくりの機械についた奇抜な風貌をしている。

衣装は頭部に黒い烏帽子を被って、エメラルドグリーンの肩衣を羽織り、その下にを着て、黄色の帯を締めている。

武器[編集]

切鉄翁・裏鉄嫗
2本所持している黒色の巨大な鉄扇。武器としての用途以外にも、口元を隠す時などにも使用する。
黒鉄鋳造刃金焼入白銀歯車
おちゃ麻呂の背部に搭載されている巨大な白色の歯車。武器飛ばし必殺技を喰らうと外れるのは、こちらである。

キャラクター性能[編集]

接近戦は、攻撃発生が早く、キャンセルが出来る近距離立ち中斬りをメインとしている[4]

遠距離立ち中斬り、しゃがみ中斬りが前身しつつ攻撃する為、中距離から接近するのを得意とする[2]。しかし前者は打点が高く、しゃがんでいる相手には当たらない[2]

技の解説[編集]

必殺技[編集]

都古舞 扇福
都古舞 扇寿の追加技、相手を浮かせる[4]
天羽舞
土台を回転させて攻撃する[4]
傀儡回し
コマンド投げ、人形劇を演じる[4]。入力のタイミングがシビアだが、3回まで追加入力が可能で全て成功させた時のダメージが大きい[4]

武器飛ばし技など[編集]

獅子舞 鬼遣
武器飛ばし(破壊)技。獅子舞に姿を変え突進し、相手を飲み込む[4]
獅子舞 鬼紋封
都古舞 秘奥 団扇楓
秘奥義。

ストーリー[編集]

永き眠りから覚めたおちゃ麻呂は、羅将神ミヅキを封印するべく、出陣した[3]

御前試合に勝利したおちゃ麻呂は、師父様より賜った役目を千年の刻を経て遂に果たしたと喜ぶ。そこへ枯華院の花諷院和狆がやってきて、羅将神ミヅキを封印した機巧殿かと問う。おちゃ麻呂はそうだと答え、何故その話を知っているのか聞く。和狆によれば、先祖がその戦いに加わって生き長らえており、その時の話が今日まで伝えられているのだと言う。おちゃ麻呂は、枯華院の僧は皆勇敢だったと、彼等を称え、和狆もご先祖が喜ぶと顔を綻ばせる。この喜びを分かち合いたいと言うおちゃ麻呂の話をどこで聞いていたのか、徳川慶寅がいきなり現れ、おちゃ麻呂の仲間達を蘇らせると言う。

数ヶ月後、野原でおちゃ麻呂、慶寅、柳生十兵衛が立っている。不安がるおちゃ麻呂を余所に、十兵衛は「柳生一族にはカラクリに精通したものがおり、彼の技能は比類なきものでご安心くだされ」と言う。慶寅が呼びかけると、おちゃ麻呂と瓜二つの姿の機巧兵士達がぞろぞろと現れた。いちゃ麻呂、ろちゃ麻呂、はちゃ麻呂、にちゃ麻呂などかつての仲間達は全て復元されており、感動したおちゃ麻呂は咽び泣いた。慶寅はそれを見て安心し、仲良くやるよう言って、去っていった。おちゃ麻呂は皆と会えて大変嬉しかったが、機巧兵士としての役目はもう無く、これからどうするかを決めていなかった。百数十年ぶりに現世に蘇ったおちゃ麻呂の仲間達は、畑を耕す、平安京に帰る、寝てから考える、柳生新陰流を極める、旅に出る、茶店で働く、慶寅殿に使える、そちゃ麻呂と同じことをするなど、自らの決めた道を往くのだった。おちゃ麻呂は平安時代の舞を江戸に蘇らせし者として、舞の道を選び、当時の雅で、舞踊を志す者を始め、あらゆる人々を魅了し続けた。

関連人物[編集]

  • 羅将神ミヅキ - 百数年前に封印し、再び蘇った彼女を封印しようとする。
  • 花諷院和狆 - ミヅキとの戦いに参加した枯華院の法力僧の子孫で、御前試合に勝利したおちゃ麻呂の元に現れる。
  • 徳川慶寅 - かつての仲間達に会いたいおちゃ麻呂の思いを察し、柳生一族に協力させる。
  • 柳生十兵衛 - 慶寅の要請で、柳生一族のカラクリに精通した者を参加させ、おちゃ麻呂の仲間達の復活に助力する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 機巧おちゃ麻呂:SAMURAI SPIRITS OFFICIAL WEBSITE
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 天下一剣客伝 公式コンプリートガイド, p. 94.
  3. ^ a b c 天下一剣客伝 公式コンプリートガイド, p. 126.
  4. ^ a b c d e f 天下一剣客伝 公式コンプリートガイド, p. 95.

参考文献[編集]

  • 『サムライスピリッツ 天下一剣客伝 取扱説明書』SNKプレイモア、2006年1月26日、初版。
  • 『サムライスピリッツ 天下一剣客伝 公式コンプリートガイド』ソフトバンククリエイティブ、2006年6月24日、初版。ISBN 978-4-79-733542-2。