機捜235

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
機捜235
著者 今野敏
発行日 2019年3月15日
発行元 光文社
ジャンル 警察小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判ハードカバー
公式サイト www.kobunsha.com
コード ISBN 978-4-334-91270-3
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

機捜235』(きそうにいさんご、MOBILE INVESTIGATION UNIT 235)は、今野敏による日本警察小説2019年3月6日に単行本が光文社から刊行された[1]

2020年4月に、テレビ東京系列テレビドラマ化された(後述)[2]

あらすじ[編集]

警視庁第二機動捜査隊の渋谷分駐所。覆面パトカーで巡回し、事件時には初動捜査も行うことを職務とする。

公務中に負傷した梅原健太に代わって、高丸卓也の新たな相棒として異動・着任してきたのは、白髪交じりでシワも目立ち、風貌からして、いかにも、うだつの上がらぬ定年間際ともいえる男・縞長省一だった。「機捜へこんなロートルがきた上に、俺のパートナーにもなるなんて…」と、意気消沈する高丸。

だが、そんな縞長が居た元の部署は、街の雑踏を行く通行人の中から指名手配犯を見抜く専門家集団・捜査共助課見当たり捜査[3]。そこで苦労を重ね、独特の能力[注 1]と実力を秘めた刑事だった。この二人が、次々に起きる事件を解決していく。

掲載作品[編集]

  • 機捜235(『宝石 ザ ミステリー』2011年12月)
  • 暁光(『宝石 ザ ミステリー 3』2013年12月)
  • 眼力(『宝石 ザ ミステリー 2014冬』2014年12月)
  • 不眠(『宝石 ザ ミステリー 2016』2015年12月)
  • 指揮(『宝石 ザ ミステリー Blue』2016年12月)
  • 潜伏(『小説宝石』2017年7月号)
  • 本領(『小説宝石』2018年1月号)
  • 初動(『小説宝石』2018年6月号)
  • 密行(『小説宝石』2019年1月号)

テレビドラマ[編集]

今野敏サスペンス
機捜235
ジャンル 刑事ドラマ2時間ドラマ
原作 今野敏「機捜235」
脚本 安井国穂
村川康敏(第2作)
監督 児玉宜久
出演者 中村梅雀
平岡祐太
東根作寿英
安座間美優
山本未來
榎木孝明
製作
チーフ・
プロデューサー
中川順平(テレビ東京)
プロデューサー 川村庄子(テレビ東京)
元信克則(ユニオン映画)
岡本慶章(ユニオン映画)
山鹿達也(協力プロデューサー、テレビ東京)
製作 テレビ東京
BSテレビ東京
ユニオン映画
放送
放送チャンネルテレビ東京系列
映像形式文字多重放送
音声形式解説放送
放送国・地域日本の旗 日本
第1作
放送期間2020年4月24日
放送時間金曜 19:57 - 21:48
放送分111分
回数1
今野敏サスペンス 機捜235
第2作
(月曜プレミア8)
放送期間2021年7月19日
放送時間月曜 20:00 - 21:54
放送枠月曜プレミア8
放送分114分
回数1
月曜プレミア8

特記事項:
第1作は当初の放送予定[注 2][4]を、単独番組に変更[2][5]
テンプレートを表示

今野敏サスペンス 機捜235』(こんのびんサスペンス・きそうにいさんご)と題して、2020年4月24日の19:57 - 21:48(JST)に、テレビ東京系列で放送[6]。主演を中村梅雀平岡祐太が務める[2]。また、天童隆一管理官役には『警視庁強行犯係・樋口顕』のテレビ東京ドラマ版(主演・内藤剛志)でも同役を演じる榎木孝明が務める。

当初は、同年4月27日に放送を予定していた[注 2][4]が、「金曜8時のドラマ」で開始予定だった『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』の初回放送延期[7][8]を受けて3日前倒しされ、単独のスペシャルドラマに変更して放送されることになった[2][5]

キャスト[編集]

第二機動捜査隊渋谷分駐所[編集]

事務所は「警視庁渋谷中央警察署」内に設置。

縞長省一
演 - 中村梅雀[9]
徳田班。階級は巡査部長。機捜235。
任務中に怪我をした梅原健太の代わりに第二機動捜査隊に呼ばれ、高丸とバディを組む。
高丸卓也
演 - 平岡祐太[9]
徳田班。階級は巡査部長。機捜235。
徳田一誠
演 - 東根作寿英
徳田班の班長。階級は警部補。機捜234。
安永知世
演 - 山本未來
所長。階級は警部。

警察関係者[編集]

天童隆一
演 - 榎木孝明[9]
警視庁捜査一課 管理官。
船橋保
演 - 稲輪吉泰[10]
警視庁捜査一課 刑事。

その他[編集]

佐野亜里沙
演 - 安座間美優
高丸の恋人。

ゲスト[編集]

第1作(2020年)
  • 榎本睦美(EM法律事務所 弁護士) - 釈由美子[11](中学生:上野星奈)
  • 鈴木剛(飲食店の店主) - 金井勇太
  • 井川栄子(第二機動捜査隊渋谷分駐所徳田班・巡査・機捜234) - 柳ゆり菜
  • 諸岡仁志(警視庁捜査一課強行班4係 係長) - 岡田浩暉
  • 梅原健太(第二機動捜査隊渋谷分駐所徳田班・機捜235)[注 3] - 染谷俊之[12]
  • 柏田竜二(東都新聞社会部 記者) - 住田隆
  • 富岡理香(グリーンパーク不動産 元社員) - 階戸瑠李[13]
  • 向井チヅ(認知症の老人) - 大方斐紗子
  • 芦田綾香(スナック果林 ホステス・安斎の交際相手) - 日南響子
  • 安斎隆次(志田と組んで窃盗を繰り返していた共犯者) - 土方鉄
  • 向井里美(チヅの孫) - 高尾美有
  • 松尾和也(城西金属加工 元従業員・20年前死亡) - 木原勝利
  • 榎本雄一郎(城西金属加工 元社長・睦美の義理の父・20年前死亡) - 伊吹謙太朗
  • 鈴木瑠奈(鈴木と早苗の娘) - 寺田藍月[14]
  • 鈴木早苗(鈴木の妻) - 櫛野愛里[15]
  • 榎本(睦美の母・雄一郎と再婚して5年後に死亡) - 渡辺利江子
  • 柴田(EM法律事務所 事務員) - 下あすみ
  • 遺体の第一発見者 - 藤夕子
  • 記者 - 大塚かよ、山川恭平
  • 木村豊(安斎になりすまして逃走した弟分) - 深谷心[16]
  • 斉田(タクミ金属工業 社長・城西金属加工 元従業員) - 短論
  • 西川(警官) - 石本政晶[17]
  • 木下満(強盗傷害の指名手配犯) - 永井裕久[16]
  • 冒頭の犯人A - 日高智弘[16]
  • 冒頭の犯人B - 三嶋亮太[16]
  • 志田信夫(常習窃盗の指名手配犯) - 芦川誠
  • 春日徹(グリーンパーク不動産 支店長) - 吉岡睦雄
  • 熊井勝(警視庁渋谷中央警察署刑事課 主任) - 神保悟志
第2作(2021年)
  • 石黒健也(警視庁捜査一課 刑事) - 勝村政信
  • 佐伯美佳(カフェ「GROOM LAKE CAFE」店長) - 朝倉あき[18]
  • 大久保実乃里(第二機動捜査隊渋谷分駐所徳田班・巡査・機捜234) - 秋山ゆずき
  • 三浦祐輔(南青山8丁目法律事務所 弁護士) - 増田修一朗[19]
  • 田辺幸子(放火犯) - 鳥居みゆき
  • 相田(警視庁捜査一課 刑事) - 和田圭市[20]
  • 東京中央セキュリティ 警備員 - 浅見小四郎
  • 市川(警視庁捜査一課 刑事) - 別紙慶一[21]
  • 勝又(巡査) - 西村誠治[22]
  • 麻生(麻生の妻) - 井上奈々
  • 河野(不審者の目撃者) - 小林三十朗[23]
  • 宮沢耕助(丸ノ内花壇 会長) - 原岡見伍[24]
  • 佐伯大地(美佳の息子) - 小山蒼海[24]
  • ウェイトレス - 緒方ありさ[25]
  • 警察官 - 柴山庸平
  • 熊谷武志(冒頭の指名手配犯) - 町田大和
  • 引ったくり犯 - 青木忠宏
  • 引ったくり犯 - 渡部祐希
  • 滝田圭介(12年前の真犯人) - 細谷文昭
  • 加藤正治(美佳の父・12年前強盗殺人容疑で逮捕されその後獄中死) - 小磯勝弥
  • 男の子 - 和田虎白[26]
  • 女の子 - 宮地美然[26]
  • 麻生友哉(麻生の息子) - 山田凜翔[26]
  • 三浦芳江(三浦の妻) - 吉井怜
  • 須藤慎一(南青山8丁目法律事務所 弁護士) - 和田聰宏
  • 麻生公平(「town eats」配達員) - 袴田吉彦
  • 矢島崇(東京中央セキュリティ 警備員・元警視庁捜査一課 刑事) - 本田博太郎

スタッフ[編集]

  • 原作 - 今野敏「機捜235」[9]
  • 脚本 - 安井国穂村川康敏(第2作)
  • 監督 - 児玉宜久
  • 警察監修 - 石坂隆昌
  • アクション - 深作覚
  • カースタント - スーパードライバーズ(雨宮正信、川上敏夫)
  • 技術協力 - アップサイド
  • 美術協力 - 京映アーツ
  • テーマ音楽 - 安部潤 feat.中村梅雀(78label)(第2作)
  • チーフプロデューサー - 中川順平(テレビ東京)
  • プロデューサー - 川村庄子(テレビ東京)、元信克則(ユニオン映画)、岡本慶章(ユニオン映画)
  • 協力プロデューサー - 山鹿達也(テレビ東京)
  • 制作著作 - テレビ東京BSテレ東ユニオン映画

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 2020年4月24日 今野敏サスペンス 機捜235
春の新作!主演中村梅雀
安井国穂 児玉宜久
2 2021年7月19日 今野敏サスペンス 機捜235II
中村梅雀主演 傑作痛快エンターテインメント
安井国穂
村川康敏

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ドラマでは手配犯1000人の目鼻立ちと氏名を紐付けて記憶している設定
  2. ^ a b 2020年4月27日の『月曜プレミア8』枠内で放送を予定していた。
  3. ^ 怪我から復帰後は、『警視庁強行犯係・樋口顕 第1話』で警視庁捜査一課の通信担当に異動している。

出典[編集]

  1. ^ 機捜235 今野敏|フィクション、文芸|光文社”. 光文社. 2021年8月9日閲覧。
  2. ^ a b c d "中村梅雀、平岡祐太と年の差"機捜バディ"結成". ORICON NEWS. オリコン. 15 April 2020. 2020年4月15日閲覧
  3. ^ 実在するグループ。縞長が「どんなに変装したって、歳食ったって、眼だけは変えられない」と言い切る場面があるがこれも本当の話。雑踏から指名手配被疑者を見つけ出す「ミアタリ捜査」 職人刑事が注目するポイントは意外にも…産経新聞2016年5月14日(全4ページ)
  4. ^ a b テレ東、月曜に2時間ドラマ枠が復活 『ニッポン行きたい人応援団』も継続”. Drama&Movie by ORICON NEWS (2020年3月10日). 2020年4月15日閲覧。
  5. ^ a b 中村梅雀が平岡祐太と年の差“機捜バディ”結成!覆面パトカーに乗り込み、事件の真相を暴く/今野敏サスペンス 機捜235”. テレ東からのお知らせ (2020年4月15日). 2020年4月19日閲覧。
  6. ^ 中村梅雀&平岡祐太“機捜バディ”サスペンス!いよいよ今夜放送!/今野敏サスペンス 機捜235”. テレ東からのお知らせ (2020年4月24日). 2020年4月25日閲覧。
  7. ^ "田中圭主演ドラマ『らせんの迷宮』放送開始延期". ORICON NEWS. オリコン. 7 April 2020. 2020年4月22日閲覧
  8. ^ 「機捜235」若手機動捜査隊員・平岡祐太が、定年間際の中村梅雀と相棒に”. ザテレビジョン (2020年4月15日). 2020年4月19日閲覧。
  9. ^ a b c d “中村梅雀主演、2時間ミステリーの新作『機捜235』 原作者・今野敏氏が現場訪問”. ORICON NEWS. (2020年4月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2160756/full/ 2020年5月10日閲覧。 
  10. ^ 稲輪吉泰 - Twitter 2021年7月20日
  11. ^ ドラマ出演のお知らせ - 釈由美子 オフィシャルブログ 2020年4月20日
  12. ^ スタッフより【ドラマ出演情報のお知らせ】 - 染谷俊之 オフィシャルブログ 2020年4月15日
  13. ^ 階戸瑠李 - Twitter 2020年4月15日
  14. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  15. ^ 櫛野愛里 - Twitter 2020年4月17日
  16. ^ a b c d エレメンツ - Twitter 2020年4月24日
  17. ^ プロフィール - ミラーライアー
  18. ^ プロフィール - コニイ
  19. ^ 増田修一朗 - Instagram 2021年7月2日
  20. ^ ドリーヴス - Twitter 2021年7月19日
  21. ^ 別紙慶一 - Twitter 2021年7月19日
  22. ^ 西村誠治 - Twitter 2021年7月19日
  23. ^ 小林三十朗:テレビ東京『機捜235II』出演 - 麗タレントプロモーション 情報ブログ 2021年06月26日
  24. ^ a b テアトルアカデミー - Twitter 2021年7月15日
  25. ^ 緒方ありさ - Instagram 2021年7月19日
  26. ^ a b c テアトルアカデミー - Twitter 2021年7月15日