檜垣直右

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
檜垣直右

檜垣 直右(ひがき なおすけ、1851年11月1日嘉永4年10月8日) - 1929年7月26日)は、日本の教育者文部内務官僚。官選県知事錦鶏間祗候。旧姓・宇野、幼名・安之進。

経歴[編集]

長州藩士・宇野次荘右衛門の二男として生まれ、檜垣五百重の養子となる。1874年1月、東京師範学校を卒業し、同年3月、名東県三等訓導となる。

1876年12月、愛媛県讃岐師範学校長に就任。1882年5月、愛媛県師範学校長となる。1883年7月、石川県に転じ二等属となり、1886年12月24日、石川県尋常師範学校長に就任[1]1887年12月、文部省に転じ視学官となり、以後、同省第一地方部担任、普通学務局第一課長、第三地方部担任、普通学務局第三課長兼第二課長などを歴任。

1893年2月、内務省に転じ秋田県書記官に就任。福島県書記官を経て、1900年1月、富山県知事に就任。1902年2月、岡山県知事に転じた。宇野築港計画を推進し、1906年8月の起工式直前、7月28日に休職。1908年7月27日、休職満期となる[2]

1910年10月、朝鮮総督府京畿道長官として復帰。1916年3月まで在任し退官。1917年12月15日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[3]

栄典[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1049号、明治19年12月27日。
  2. ^ 『官報』第7528号、明治41年7月30日。
  3. ^ 『官報』第1613号、大正6年12月17日。
  4. ^ 『官報』第7581号「叙任及辞令」1908年10月1日。
  5. ^ 『官報』第3555号「彙報 - 褒賞」1895年5月9日。
  6. ^ 『官報』第5243号「叙任及辞令」1900年12月21日。
  7. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。