檜山廣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひやま ひろ
檜山 廣
生誕 1909年明治42年)12月18日
日本の旗 日本 茨城県
死没 (2000-12-25) 2000年12月25日(91歳没)
出身校 東京商科大学(現一橋大学)
職業 実業家、経営者

檜山 廣(ひやま ひろ、1909年12月18日 - 2000年12月25日)は、日本実業家である。丸紅の社長や会長を歴任し、同社中興の祖と言われる。一方、ロッキード事件における中心人物のひとりとして有罪となった。

来歴・人物[編集]

茨城県生まれ。旧制水戸中学校を経て、東京商科大学(現在の一橋大学)卒業。大学在学中は柔道部のエースであった。

大学を卒業した1932年昭和7年)に大同貿易入社、1952年昭和27年)丸紅飯田(現丸紅)取締役、同常務、専務、副社長を経て、1964年昭和39年)同社長、1975年昭和50年)丸紅会長、1976年昭和51年)同取締役相談役。

ロッキード事件に絡み、国会で証人喚問される。証人喚問で「サインした領収証四通に表示されたピーナツ、ピーシズの意味は全然知らなかった」「領収証に関連する金品の授受については全く関知していない」「丸紅がロッキード社から正規の手数料以外の金を受け取ったことは絶対ない」「大久保利春、伊藤宏両人から、領収証にサインはしたが金品の授受については一切関知していないとの報告が事実と確信している」と証言したことが偽証として告発された。ロッキード事件では贈賄罪議院証言法違反で起訴され、1995年最高裁判所で実刑が確定するも、高齢のため執行停止となり、収監されないまま2000年平成12年)死去。この間も1985年昭和60年)から1999年平成11年)まで丸紅名誉顧問を務めた。


先代:
市川忍
丸紅社長
第5代: 1964年 - 1975年
次代:
松尾泰一郎