櫛形山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
櫛形山脈
所在地 新潟県
位置
最高峰 櫛形山 (568m)
延長 14km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

櫛形山脈(くしがたさんみゃく)は、新潟県胎内市から新発田市にかけての山脈

概要[編集]

北は胎内川、南は加治川に挟まれた南北約13.5kmの、日本一小規模な山脈である。最高峰は櫛形山の標高568.0mであり、平均標高は300mにも満たない。

ハイキングコースが尾根全体で整備されているため比較的簡単に縦走でき、近隣の小中学校等の遠足や軽いトレッキングを楽しむ人も多い。

主な山[編集]

鳥坂山[編集]

最北に位置する。標高438.5m[1]鎌倉時代から戦国時代にかけて鳥坂城があり、現在も堀切等の遺構が残る[1]

櫛形山[編集]

中部に位置する。標高568.0m[1]

大峰山[編集]

南部に位置する。標高399.5m[1]。40種以上のから成る大峰山橡平桜樹林は、昭和9年に国の天然記念物に指定されている[1]。登山コースの一部は中部北陸自然歩道として整備されており、途中に設けられた展望広場からは田園風景を一望できる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 櫛形エリア観光ガイド (PDF) - 新発田市観光振興課・胎内市商工観光課. 2018年4月2日閲覧。
  2. ^ 長距離自然歩道を歩こう! - 環境省. 2018年4月2日閲覧。