櫛木理宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
櫛木 理宇
(くしき りう)
誕生 (1972-07-29) 1972年7月29日(47歳)
日本の旗 新潟県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2012年 -
ジャンル ホラー
ミステリー
青春小説
代表作ホーンテッド・キャンパスシリーズ
主な受賞歴 日本ホラー小説大賞読者賞(2012年)
小説すばる新人賞(2012年)
デビュー作ホーンテッド・キャンパス』(2012年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

櫛木 理宇(くしき りう、1972年7月29日[1] - )は、日本小説家2012年、『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞し、小説家デビュー[2]

経歴・人物[編集]

新潟県生まれ[3]。大学卒業後、アパレルメーカー、建設会社などの勤務を経て、執筆活動を開始する[4]。2012年、『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞[2]。同年、『赤と白』で第25回小説すばる新人賞を受賞する[5][6](投稿時のペンネームは串木里有[7]。好きな作家として、ジョン・ソールルース・レンデルを挙げている[8]シャーリイ・ジャクスン『山荘綺談』、コリン・ウィルソン『現代殺人百科』などが、ホラー小説に熱中するきっかけとなったという[9]。2016年7月、『ホーンテッド・キャンパス』が、中山優馬主演で映画化された。

作品リスト[編集]

ホーンテッド・キャンパスシリーズ[編集]

  • ホーンテッド・キャンパス(2012年10月25日 角川ホラー文庫
  • ホーンテッド・キャンパス 幽霊たちとチョコレート(2013年1月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下(2013年4月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 死者の花嫁(2013年10月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 恋する終末論者(2014年2月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜(2014年7月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス なくせない鍵(2015年2月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス この子のななつのお祝いに(2015年10月24日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 春でおぼろで桜月(2016年3月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス きみと惑いと菜の花と(2016年10月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり(2017年3月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 水無月のひとしずく(2017年10月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 墓守は笑わない(2018年3月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 夏と花火と百物語(2018年10月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 秋の猫は緋の色(2019年3月25日 角川ホラー文庫)

夢見屋シリーズ[編集]

  • ドリームダスト・モンスターズ(2014年5月 幻冬舎文庫
  • ドリームダスト・モンスターズ 白い河、夜の船(2014年12月 幻冬舎文庫)
  • ドリームダスト・モンスターズ 眠り月は、ただ骨の冬(2015年5月 幻冬舎文庫)

その他[編集]

  • 赤と白(2013年3月 集英社 2015年12月 集英社文庫
  • 避雷針の夏(2014年4月 光文社 2017年7月 光文社文庫
  • 侵蝕 壊される家族の記録(2016年6月 角川ホラー文庫、単行本『寄居虫女(ヤドカリオンナ)』(2014年8月 KADOKAWA)を改題)
  • お城のもとの七凪町 骨董屋事件帖(2015年2月 朝日エアロ文庫)
  • 死刑にいたる病(2017年10月 ハヤカワ文庫JA、単行本『チェインドッグ』(2015年7月 早川書房 ハヤカワ・ミステリワールド)を改題)
  • 世界が赫に染まる日に(2016年1月 光文社
  • 少女葬(2019年4月新潮文庫、単行本『FEED』(2016年5月新潮社)を改題)
  • ファンタジーへの誘い-ストーリーテラーのことのは-(2016年6月 徳間書店)《インタビュー集》
  • 僕とモナミと、春に会う(2016年12月 幻冬舎文庫)
  • 瑕死物件 209号室のアオイ(2018年11月 角川ホラー文庫、単行本『209号室には知らない子供がいる』(2016年12月 KADOKAWA)を改題)
  • アンハッピー・ウエディング 結婚の神様(2018年1月 PHP文庫
  • 鵜頭川村事件(2018年6月 文藝春秋
  • ぬるくゆるやかに流れる黒い川(2019年6月 双葉社)

単行本未収録短編[編集]

  • クライベイビー、シスター(集英社『小説すばる』2013年4月号)
  • からたねおがたま(実業之日本社月刊ジェイ・ノベル』2013年8月号)
  • SWEET DAYS(集英社『小説すばる』2013年12月号)
  • 女菩薩像(集英社『小説すばる』2014年12月号)
  • 住めば都(集英社『小説すばる』2015年12月号)
  • やどりこ(集英社『小説すばる』2016年9月号)
  • 死んでもいい(集英社『小説すばる』2016年12月号)
  • テリブル・ママ(集英社『小説すばる』2016年5月号)
  • その一言を(早川書房『ハヤカワミステリマガジン』2018年7月号)
  • 夜に落ちる(集英社『小説すばる』2019年10月号)

連載[編集]

脚注[編集]