伊勢津彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊勢津彦神

神祇 国津神または天津神
全名 伊勢津彦神
別名 伊勢都比古命、出雲建子命、櫛玉命、櫛八玉神、伊佐我命、邇芸速日命
神格 風神
伊和大神または武夷鳥命
配偶者 伊勢都比売命(登美夜毘売)?
神狭命、美志印命、宇麻志摩遅命?、彦建忍雄心命、建彌己呂命、弥豆佐々良比売命
神社 風間神社
関連氏族 出雲国造、津島県造、素賀国造、二方国造、武蔵国造相武国造新治国造高国造伊甚国造阿波国造上海上国造下海上国造千葉国造菊麻国造、大島国造、伯岐国造、伊勢国造物部氏
テンプレートを表示

伊勢津彦神(いせつひこのかみ)は、日本神話に登場する

概要[編集]

『伊勢国風土記』逸文では本名を出雲建子命(いずもたけこのみこと)、またの名を伊勢津彦神櫛玉命(くしたまのみこと)、『播磨国風土記』では伊勢都比古命と表記される。

複数の名称を持つが、逸文一説内の記述である(国号由来とは別の地名由来が語られている)ため、本項では国号由来となった「伊勢津彦神」の神名で統一する(#系譜と別伝も参照)。

『伊勢国風土記』では国津神とされ、記述などから風の神とされる。大和系統の神(天津神天孫族)ではなく、出雲系統に属する神(国津神・出雲族海神族)であるとされるが、系譜関係、後裔氏族、風神としての性格などから異説もある(後述)。

伊勢国号由来となった神名[編集]

『伊勢国風土記』逸文によれば、伊勢津彦神は大和神武天皇によって派遣された天日別命に国土を渡すよう要求されたが、長く先住していたことを理由に断っていた。しかし、最終的に天日別命が攻勢の準備を整えると、これを恐れた伊勢津彦神は東方へ避退する旨を天日別命に伝えた。すると天日別命に「伊勢を去ることをどのように証明するのか」と問われたため、伊勢津彦神は「強風を起こしながら波に乗って東方へ去って行く」ことを誓い、夜の内に東方へと去って行った。のちに天皇の詔りによって国津神の神名を取って、伊勢国としたと記述される(後世の加筆で、追われた後、別の地の神社で祀られると記述される)。逸文の一説では、別の地名由来が記述されている(後述の#系譜を参照)。

別伝[編集]

逸文内一説の記述によれば、出雲の神(大国主神)の子である出雲建子命の別名が「伊勢津彦の神」であり、またの名を「櫛玉命」というと記しており、「伊勢」の由来についても、国号由来とは異なる記述が成されている。

それによれば、命は伊賀国穴石神社(現三重県阿山郡)に石をもって(き)を造っていたが、阿倍志彦の神(あへしひこ-。『延喜式神名帳』内の伊賀国阿倍郡敢国神(あへのくにつかみ。敢国神社祭神伊賀国の式内社一覧も参照。)と見られる)が城を奪いに来るも、勝てずして帰ったため、それに(石城(いしき、いわき)の音が訛って)由来して「伊勢」という名が生まれたと記す。

系譜[編集]

出雲国造武蔵国造の祖である建比良鳥命の子とされ、兄に伊佐我命、子に神狭命とする系譜があるが、伊佐我命、また櫛八玉神と同一神とする系譜もある。また娘の弥豆佐々良比売命は天日別命に嫁ぎ、伊勢国造等の祖になったとされる。

『播磨国風土記』には伊和大神の子と伝え、伊勢都比売命(いせつひめのみこと)という妹がいるとされるが、これは伊勢都比古命を娘婿として系譜に組み込んだものと考えられる。

系図[編集]

交渉[編集]

本居宣長は『古事記伝』で伊勢津彦神は建御名方神の別名であるとする説をとなえている。これは天津神に反抗するも勝てず東国へ逃亡する姿が似ていることから来る説である。

しかし、その天孫族・鍛冶氏族的特徴[注釈 1]から、建御名方神とは本来は別神であり、神武天皇の東征によって故国を追われたことから混同されたものと考えられる。またその他別名(櫛玉命)や世代関係(神武一世代前)など諸要素からも伊勢津彦神こそ邇芸速日命と同神とされ、東国へ逃亡したのは実際は伊勢津彦神の子に当たる神狭命とされる[1][2]

祀る神社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「伊勢を去る際、大風を起こし光輝いて日の如くあったという記述は、鍛冶に際して風を活用し日神信仰を持っていたことをうかがわせる」としている。

出典[編集]

  1. ^ 宝賀寿男伊勢津彦と建御名方命との関係」への返信、『古樹紀之房間、掲示板・応答板』、2006年。
  2. ^ 宝賀寿男「長髄彦と磯城県主の系譜」『三輪氏―大物主神の祭祀者 (古代氏族の研究)』青垣出版、2015年。

参考文献[編集]

関連項目[編集]