櫻井・有吉 THE夜会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
櫻井有吉アブナイ夜会

櫻井・有吉 THE夜会
ジャンル バラエティ番組
演出 神尾祐輔(総合演出)
出演者 櫻井翔
有吉弘行
ほか
オープニング sumika10時の方角
製作
プロデューサー 時松隆吉
小林弘典(CP)
制作 TBSテレビ
放送
映像形式文字多重放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
櫻井有吉アブナイ夜会(2014年4月 - 2015年9月)
放送期間2014年4月17日 - 2015年9月24日
放送時間木曜日 22:00 - 22:54
放送分54分
回数63
同上(2015年10月 - 2016年3月)
放送期間2015年10月8日 - 2016年3月24日
放送時間木曜日 21:56 - 22:54
放送分58分
回数22
櫻井・有吉 THE夜会(2016年4月 - 2017年9月 )
放送期間2016年4月7日 - 2017年9月28日
放送時間木曜日 21:57 - 22:54
放送分57分
回数67
同上 (2017年10月 - 2018年3月)
放送期間2017年10月5日 - 2018年3月22日
放送時間木曜日 22:00 - 22:54
放送分54分
同上 (2018年4月 - 2019年4月)
放送期間2018年4月12日 - 2019年4月25日
放送時間木曜日 22:00 - 23:07
放送分67分
同上 (2019年5月以降)
放送期間2019年5月 -
放送時間木曜日 22:00 - 22:57
放送分57分

特記事項:
第2回までは10分拡大。さらに初回は6分繰り上げ(21:54 - 22:58)。
2015年10月から2016年3月までは、従前の放送開始時刻の22:00に飛び乗り点が設けられていた。
テンプレートを表示

櫻井・有吉 THE夜会』(さくらい・ありよし ザ やかい)は、2014年4月17日からTBSテレビ系列で毎週木曜22時台(JST)に放送されているバラエティ番組櫻井翔)と有吉弘行冠番組。2016年3月24日までの番組名は『櫻井有吉アブナイ夜会』(さくらいありよしアブナイやかい)。

2015年9月までは全局22:00 - 22:54[注 1] で、同年10月からは関東他一部地域のみフライングスタートし、21:56 - 22:54に枠拡大し、これに含まれない地域では従前と同じ22:00に飛び乗る形式となった。2016年4月7日からは現番組名に改題するとともに、放送時間を1分繰り下げ・短縮し、全局21:57 - 22:54の放送となった。2017年10月からは再び22:00 - 22:54の放送となる。2018年4月12日から2019年4月までの間は一旦、月 - 木曜日に限り、本番組をはじめとする22:00開始番組の終了時刻を従前の22:54から23:07に繰り下げ、67分枠に変更した[1]。2019年5月改編で『NEWS23』(月 - 木曜日版)の10分前拡大(23時 - 23時56分に変更)により、正時スタートに復すことから、2019年5月からの本番組の終了時刻は22時57分に繰り上げとなる。

概要[編集]

  • 前番組『今、この顔がスゴい!』に引き続き櫻井と有吉が司会を務める。本番組は『今、この顔がスゴい!』と異なり2人の冠番組となる。
  • 2014年4月から9月までの内容は、スタジオに芸能人ゲストを一人(あるいは二人)招き、様々な芸能人や著名人の夜間のプライベートな姿をゲストと共に櫻井と有吉が覗き見る形式で進み、スタジオトークでは、ゲストとのトークから様々なエピソードを探る形式であった。
  • 2014年10月からは、内容が一部リニューアルされ、スタジオに招くゲストは複数人となり、『夜会』のVTRに登場するゲストを含んで登場する形式に変わった。また2014年10月9日放送分の櫻井自身のロケVTR出演を皮切りに、櫻井のジャニーズ事務所の後輩が登場するようになった。
  • 2015年4月16日からスタジオセットがリニューアルされた。
  • 2015年10月8日からは、一部系列局のみ、21:56 - 22:54に繰り上げ拡大すると同時に、番組ロゴとスタジオセットがリニューアルされた。
  • 2016年3月24日の78分スペシャル(21:30 - 22:48、26分繰り上げ・20分拡大)をもって改題・縮小前最終回となり、同年4月7日よりタイトルを現番組名に改題・枠縮小・リニューアルして再スタートする[2]
  • 2021年4月22日から一軒家を貸し切って「夜会ハウス」が始動。この回以降は「夜会ハウス」がメインになっている。

出演者[編集]

司会[編集]

夜会主宰

放送リスト[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

2019年[編集]

2020年[編集]

2021年[編集]

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間(JST 備考
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 木曜 22:00 - 22:57 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送[注 10](RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(ITV)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

変遷[編集]

放送期間 タイトル 放送時間(JST
2014.04.17 2015.09.24 櫻井有吉アブナイ夜会 木曜 22:00 - 22:54(54分)
2015.10.08 2016.03.24 木曜 21:56 - 22:54(58分)
2016.04.07 2017.09.28 櫻井・有吉 THE夜会 木曜 21:57 - 22:54(57分)
2017.10.05 2018.03.22 木曜 22:00 - 22:54(54分)
2018.04.12 2019.04.25 木曜 22:00 - 23:07 (67分)
2019.05 現在 木曜 22:00 - 22:57(57分)

スタッフ(2021年4月22日以降)[編集]

  • 構成:桜井慎一そーたに、アリエシュンスケ、尾首大樹、石塚祐介、木南広明、飯塚大悟、羽田正樹、高倉俊祐(高倉→以前はリサーチ、ライターズオフィス)、狩野孝彦、坂本龍二、坂田至
  • ナレーション:山寺宏一(2016年4月 - )、沢城みゆき(沢城→一時離脱►復帰)
  • TM:八木真
  • SW:佐藤厚誠
  • CAM:久世大輔、渡部公臣【週替り】
  • MIX:村本達弥
  • VE:安井康喜
  • LD:加藤由美子(TBS ACT)
  • 美術プロデューサー:桝本瑠璃(以前は美術デザイナー、一時離脱►復帰)
  • 美術デザイナー:金子靖明(TBS ACT)
  • 美術制作:半田裕記
  • 装置:相良比佐夫
  • 操作:小野寺浩
  • 装飾:田村健治
  • 電飾:石野祥一
  • 花装飾:河村空
  • 衣装:坂口みのり
  • 化粧:久木田梨花
  • 編集:TBS ACT(2021年4月1日 -、旧 T-TEX
  • MA:井田須美子(TBS ACT)
  • 音効:大久保吉久、舛谷佑樹
  • ヘアメイク:キクチタダシ
  • 技術協力:東京オフラインセンター、スウィッシュ・ジャパン
  • 協力:ジャニーズ事務所
  • 編成:宮崎真佐子(2021年2月25日 - )
  • 宣伝:山岸信良、牧野洋平
  • SNSリサーチ:北田高彬(2021年5月 - )
  • データ放送:安国依子(2021年7月 - )
  • 公開:松元裕二
  • デスク:堀江知里
  • TK:福田美由紀
  • リサーチ:岩井紗世子、キタノケエスケ(ライダーズオフィス)、SACKA、高森雄幸
  • AD:片山裕達、伊香賀遼真、大村実穂、松川理子、阿部凌、田口悠、末吉茉莉乃、三谷亮平、築瀬真理子、渥美佐和子、大野知世、上村英生、須藤亮佑、山田萌華、高畑誠、牧野飛翼、松本譲太郎、小林夢帆、高住由梨果、野本彩芽、関美咲、西川幹基、石原美咲、大野恭輔、福嶋海和、山﨑勇人、松本絢華、石塚大智、三宅孝司【週替り】
  • AP:近藤紗代、小田絵理(小田→以前はアシスタントディレクター►進行チーフ)、浅井郁美(浅井→以前はアシスタントディレクター)、山野江美香
  • 制作進行(2021年8月 -):齋藤樹里(以前は進行P(プロデューサー))、寺尾未来、松本旭代(寺尾・松本→以前はAD)
  • フロアD(ディレクター):福岡和哉(2020年10月1日 -、以前は毎週ディレクター)
  • ディレクター:久野和洋、坂上祐生、鶴巻昌宏、長谷川雄平、遠藤卓哉・本間大助(フォーミュレーションI.T.S.)、池田竜、児山昌平(グレート・スコット)、松木拓海・山口敏(ジーヤマ)、二宮孝太郎(二宮→以前は進行チーフ→一時離脱→復帰)、吉田慶介、小嶋克也、井上雄介、前田晋平(てっぱん)、真鍋正孝(真鍋→以前は不定期で演出担当)、阿部真哉、武木田一馬(WAONZ)、徳田季里、大谷裕、武田直也(武田→一時離脱►復帰)、雨宮佑介、増本敬、土井功輔、林口広平、師岡靖成、齋藤直人【週替り】(長谷川・遠藤・池田・本間・武木田・徳田→以前はアシスタントディレクター)
  • 演出:田中孝之(T3COMPANY)、伊澤洋介(てっぱん)、大島圭司(ジーヤマ)、妹尾篤志、石澤元希(伊澤以外→以前はディレクター)
  • チーフディレクター:吉野真一郎・福司龍太(neo、以前はディレクター→演出)
  • 担当プロデューサー:嵯峨祥平(嵯峨→2021年7月 - 、2017年5月4日 - 2020年9月24日まで編成、2020年3月頃までプロデューサー→一時離脱)、水野達也(ジーヤマ、以前はチーフディレクター→総合演出)・山北剛士(山北→以前はキャスティングプロデューサー)、山本希恵(デージカンパニー、一時離脱►復帰)、緒方伸介、高橋寛之・高橋利一郎(ジーヤマ)、林田枝利奈(林田→以前はキャスティングプロデューサー►一時離脱→AP)、小林佑梨花(以前はAP)、土屋翔太(neo)、武藤祐輝(クリーク・アンド・リバー社)、阿部さちよ(SHO-GUN)(林田・土屋~阿部以外→以前はプロデューサー)
  • プロデューサー:時松隆吉(2020年10月1日 - )
  • 総合演出:神尾祐輔(以前はディレクター→チーフディレクター)
  • チーフプロデューサー:小林弘典(2020年10月1日 - 、2017年5月4日 - 2020年9月24日までプロデューサー)
  • 制作協力:ジーヤマ、neo、T3COMPANY
  • 制作:TBSテレビコンテンツ制作局制作1部
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーション:立木文彦槇大輔真地勇志垂木勉吉川美代子鈴木麻里子(鈴木→沢城みゆきの産休時の代役)
  • 構成:羽柴拓、利光宏治
  • TM:山下直、京屋知行
  • TD:中村年正、依田純
  • VE:大場貴文、姫野雅美、對間敏文、饗庭慶子、宮本民雄、木野内洋・柿崎祐人(TBS ACT)
  • CAM:高橋昂太郎、小笠原朋樹、柳田智明(TBS ACT)
  • MIX:宇野仁美、松浦絵理、浜崎健、清宮拓、小岩英樹(TBS ACT)
  • LD:小岩英樹
  • 編集:早川崇
  • 美術プロデューサー:東立、中原茂樹、山口智広、宇山博之
  • 美術デザイナー:山戸蕗
  • 美術制作:宮本旭
  • 装置:安丸祐介
  • 操作:前野博幸
  • 装飾:中島蒼
  • メカシステム:庄子泰広
  • アクリル装飾:渡邊卓也、原弥生子
  • 衣装:岩崎孝典、志賀美千代
  • 持道具:佐藤秀治、畠山浩義
  • 化粧:城所とも美、遠藤敏子
  • イラスト:福島モンタ
  • 音響効果:岡田淳一、高田智彰(BABY SOUND LUCK)、村松聡
  • 編成:渡辺信也、辻有一、中島啓介(中島→2017年4月 - 2019年6月、一時離脱►復帰)、加藤丈博(加藤→一時離脱►復帰)、寺田淳史(寺田→2020年10月1日 - 2021年2月18日)、松本友香
  • 宣伝:奥住達也、川鍋昌彦、吉原瑠那
  • リサーチ:大森智仁、池田恵(リベラス)
  • SNSリサーチ:川崎欣也(2021年4月1日 - )
  • 進行チーフ:須藤有加、小西貴郎(以前はアシスタントディレクター)
  • フロアディレクター:伊藤隆大、野満一朗太(伊藤・野満→共にディレクター兼務)
  • アシスタントディレクター(AD):利元智幸、高橋直美、兒井未祐、大谷俊介、高野綾香、藤本太郎、安井啓太、奥口雄介、盛秀男、山岸悠太、梶沙由佳、大杉悠介、額田博巳、牛田圭亮、森賢太郎、市野瀬雄大、木田龍之介、渡部光希、金光秀花、山崎宏之、川村理美、渡辺直哉、桐沙由佳、生見翼、加賀谷大樹、平野陽子、飯間未来、大澤未来、柴田千加、本田仁志、濱元光、桐生康志、竹森真紀、宮部未奈子、鈴木由衣、竹内允人、今村早織、吉川諒、勝田久美子、古宮紀子、三宅諒、和田みゆき、小野寺忠貴、稲冨喬介、和田みゆき、井上明友美、本多徳敬、片岡瑛、森田彩、酒井絵里菜、岸敏公、菅原理央、南本怜那、牛山萌美、鳥井勇気、渡邊夏世、中平怜奈、小林世奈、朴ソンイ、山下孔士、望月未菜、乾麻耶、三橋夕陽、長谷川裕貴、渕田美琴、下村健郎、菅原惇史、小田朋美、赤嶺永茉、袴田俊平、齋藤朱里、相田浩希、永妻有基、戸塚理沙、前田優子、以西開、西巻史奈、森将秀
  • ディレクター:平山健司、飯島拓哉(演出の回あり)、田中友洋、堀江将一郎、安池薫、島田健作、見崎陽亮、田村育、吉田晃浩、伊藤嘉彦、市村智哉、古田隆文、石本典隆、中間拓郎、佐藤真吾、松延由子、田中達也、梅野良祐、川島優子、石川北二、地曵範剛、小早川憲一、橋本伸行、石丸貴寛、持田謙二、曳地伊智朗、保坂彰史、久佐賀浩之、笠原裕、東隆志、佐藤成幸、清水彰介、山口貴由、大保大輔、岩波純、深坂崇夫、吉江智宏、二神新、長嶺望、高戸大悟、三宮浩嗣、新目美菜海、國井三穂(以前はアシスタントディレクター)、吉田陵、田村裕行、植木一実、一楽千恵、山口貴由、榎本直弥(榎本→以前はアシスタントディレクター)、松尾竜二、佐藤智之、井上洋平、近藤創、田口将伍(田口→以前はフロアディレクター)、田中真之、高田雄大(太)、村上隆仁、高田直、武石一也、武山友樹、尾越功、中広周平、西山嘉昭、五島大徳、及能貴之、小林恵美、落岩将平、青木章浩、中山健志、武藤利治、福盛健太、橋本詳吾、関谷優作、大喜多高志、丹川祥一、岡本裕太、福永勇樹(ジーヤマ)、大井田遼太、唐澤景一、鈴木崇志(ジーヤマ)
  • 演出:平野隼人、大平進士、横山健一、倉田敬之、飯塚一志、藤本創、栗原憲也、今田武志・牛込剛、藤本創、浅井裕太郎、中野貴文、山井貴超、青木達生、川口智久、斉藤崇、井谷光太郎(井谷→ジーヤマ)(浅井・青木・斉藤→以前はディレクター)
  • AP:辻野まなみ、義万由佳、長谷山純子、筒井理恵、太田絢子、瀬川安恵・竹内まり子、松崎帆香、石川敬大、中川裕香、馬場ゆうみ(馬場→以前はアシスタントディレクター)、赤津麻希子、峰岡晃子(峰岡→以前はAD►進行チーフ)、茂木葉子、中平怜奈(中平→以前はアシスタントディレクター)
  • キャスティングプロデューサー:住田雄一、松田つばさ・前田美和
  • 協力プロデューサー:田村恵里
  • MP:川澄博雄(川澄→以前はプロデュース、一時離脱)、山本一雄(山本→以前は制作►制作プロデューサー)、酒井祐輔
  • 制作プロデューサー:渡部宗一、樋口絵里子、土井奈緒美(以前はAP)(渡部・樋口→以前はアソシエイトプロデューサー)、疋田智、岡本舞、森田篤、河本誠司、野津静花、林田竜一、刀根鉄太(以前はプロデュース→制作)、海老名和香(森田・河本→以前はプロデューサー)
  • 担当プロデューサー:西崎修一(極東電視台、西崎→2017年5月4日 - )、齊藤彩奈(齊藤→2019年7月11日 - 2020年9月24日までプロデューサー)
  • 総合演出:川本賢一郎
  • プロデューサー:上原一節、竹中優介、西原信行、木内美歩(木内→以前はキャスティングプロデューサー)、本村千穂美、冨永祐一(冨永→以前はAP)、首藤光典、中附智貴
  • チーフプロデューサー:大久保竜
  • 制作協力:THE WORKS創輝fremeinfR-1、FOOLENLARGE、キメラ、極東電視台

その他[編集]

  • 2012年7月以来、TBSと一部の系列局で21:54 - 22:00に放送された22時台番組の直前予告番組は、当番組より廃止された。
  • 2015年4月9日19:57 - 23:03に当番組の一部スタッフ、全キャストが関与する特別番組『櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍究極バトル“ゼウス”』が放送。当時TBSの木曜夜8時台の番組は、通常19:56開始であったが(後に20:00開始に変更)、同日に櫻井が出演しているフジテレビの『VS嵐』が19:57まで放送されるため、裏番組との重複出演回避のため19:57からの開始に変更して放送された。
  • 2016年5月5日放送でゲストで来た俳優の香川照之が、夜会掲示板で『虫が大好きで、いつかEテレで昆虫番組をやりたいと思っているのですが、リハさせて頂けませんか?』と要望し、香川がカマキリの着ぐるみを着て、シミュレーションを行った。この企画はのちに『香川照之の昆虫すごいぜ!』として本当に実現する形となった。これは、番組を視聴したNHKのプロデューサーの発案によるものである[3]。オープニングではこの放送回の映像が使用され、さらに放送後の2016年10月20日放送分でこの番組の舞台裏の様子を放送した[4]。その後も不定期で出演しており、2018年以降は番組の予算でハナカマキリの着ぐるみが製作され、当番組に出演する際は「ハナカマキリ先生」に扮している。
  • 2020年10月より提供読みがTBSアナウンサーから沢城みゆきに変更されている[5]。また、2021年1月7日放送分より、P&Gのキャッチフレーズである「ママの公式スポンサー」の部分が省略された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 第2回までは10分拡大。さらに初回は6分繰り上げ(21:54 - 22:58)。
  2. ^ 『FIFA女子W杯最終予選壮行試合なでしこジャパン vs ニュージーランド』中継(19:00 - 21:30)のため、30分繰り下げ。
  3. ^ ニンゲン観察バラエティ モニタリング 3時間SP』(19:00 - 22:06)を放送のため、9分繰り下げ。
  4. ^ 木曜ドラマ劇場MOZU Season2〜幻の翼〜」 第1話』(20:57 - 22:09)を放送のため、9分繰り下げ。
  5. ^ 2014日米野球中継(18:00 - 21:40)のため40分繰り下げ。
  6. ^ 世界野球プレミア12 準決勝 日本の旗 日本×大韓民国の旗 韓国』中継延長(18:30 - 22:56)のため、65分繰り下げて放送。
  7. ^ ただし、未放送部分の一部は2016年5月5日放送分、5月26日放送分の4月14日に放送する予定だった2時間SPの未放送の回、8月18日放送分の未公開スペシャルで振替放送された。
  8. ^ 通常より10分繰り下げ・1時間拡大。『2018世界バレー女子』中継(19:00 - 19:17・19:17 - 22:10、番組全体で1時間10分延長)のため、当初予定より1時間10分遅れ。
  9. ^ 番組開始前に北海道で震度6弱の地震が発生した事に伴い『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(19:00 - 21:28・21:38 - 22:07)を一時中断して関連ニュースを放送した(21:28 - 21:38)ため。
  10. ^ 2019年3月14日(2018年度最終放送日)までは、認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、社名は山陽放送。

出典[編集]

  1. ^ TBS、4月改編で「午後10時台」拡大 13分延長しプライム強化 Sponichi Annex 208年1月25日発行、同日閲覧。
  2. ^ TVガイド」2016年3月18日号、17頁
  3. ^ “香川照之の昆虫愛がすごすぎる!愛と情熱しかないEテレ「昆虫すごいぜ!」ができるまで”. Buzz Feed news. (2017年5月4日). https://www.buzzfeed.com/harunayamazaki/sugoize?utm_term=.exmEbwoYX#.rcDVqbgY0 2017年5月14日閲覧。 
  4. ^ 香川照之、“念願”のEテレで昆虫番組 カマキリ着ぐるみで魅力熱弁
  5. ^ 『夜会』の他に『CDTV ライブ! ライブ!』、『マツコの知らない世界』、『水曜日のダウンタウン』も同様に番組のナレーターが担当。のちに2021年4月よりTBSの19 - 22時台のバラエティ番組全て、提供読みが番組ナレーターに変更されている。

関連項目[編集]

TBS 木曜21:56 - 21:57
前番組 番組名 次番組
ウエディングステージ
※21:54 - 22:00
(2014.4.3 - 2015.10.1)
【5分繰り上げ・1分短縮して継続】
櫻井有吉アブナイ夜会
(2015.10.8 - 2016.3.24)
JNNフラッシュニュース
※21:54 - 21:57
(2016.4.7 - )
【1分拡大】
TBS 木曜21:57 - 22:00
ウエディングステージ
※21:54 - 22:00
(2014.4.3 - 2015.10.1)
【5分繰り上げ・1分短縮して継続】
櫻井有吉アブナイ夜会
(2015.10.8 - 2016.3.24)

櫻井・有吉 THE夜会
(2016.4.7 - 2017.9.28)
【2016年4月以降はネットワークセールス枠】
JNNフラッシュニュース
【3分繰り下げ】
TBS系列 木曜22:00 - 22:54
今、この顔がスゴい!
(2013.4.11 - 2014.3.20)
櫻井有吉アブナイ夜会
(2014.4.17 - 2016.3.24)

櫻井・有吉 THE夜会
(2016.4.7 - )
-
TBS 木曜22:54 - 22:57
スポーツが好きだ!
※22:54 - 23:00
【23:07 - 23:10に10分繰り下げ・3分短縮】
櫻井・有吉 THE夜会
(2018.4.12 - )
-
TBS 木曜22:57 - 23:00
スポーツが好きだ!
※22:54 - 23:00
【23:07 - 23:10に10分繰り下げ・3分短縮】
櫻井・有吉 THE夜会
(2018.4.12 - 2019.4.25)
スポーツが好きだ
【10分繰り上げ】
TBS系列 木曜23:00 - 23:07
NEWS23
※23:00 - 23:56
【10分繰り下げ・短縮して継続】
櫻井・有吉 THE夜会
(2018.4.12 - 2019.4.25)
NEWS23
※23:00 - 23:56
【再度10分繰り上げ・拡大】