櫻井周斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
櫻井 周斗
横浜DeNAベイスターズ #41
Sakurai Shuto-5.jpg
櫻井 周斗
(2017年4月23日撮影)[1]
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県所沢市
生年月日 (1999-06-25) 1999年6月25日(19歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 ドラフト5位
初出場 2019年6月7日
年俸 570万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

櫻井 周斗(さくらい しゅうと、1999年6月25日)は、埼玉県所沢市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。横浜DeNAベイスターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼稚園(5歳)の時に野球をやっていた2人の兄の影響で所沢リトルライオンズで野球を始め、それと同時に投手を始める。同級生が居なかったことから4年生時に所沢ニュータウンヤンキースへとチームを変えた。小学校6年生の時にヤクルトスワローズJrに選出されるも肘の故障で出場なし。

中学校入学と同時に新座シニアに入団。途中肘を故障したため、野手に転向する。3年時にリトルシニア関東選抜に選出。そこでは投手として目をつけた関東選抜監督(海老名リトルシニア監督)が投手として出場させ、東京ドームで135キロを記録。

シニア出身の先輩である金子凌也がいたことから日本大学第三高等学校に進学することとなる[3]

日本大学第三高等学校進学後は、1年秋から右翼手としてレギュラー出場[4]。2年夏の東京都高等学校野球大会で5割以上の打撃成績を残すが、投手の相次ぐ故障を受け、投手に急遽復帰[3]。現在広島東洋カープに所属の1学年先輩の坂倉将吾(背番号61)とバッテリーを組むが準決勝で敗退。

その後の秋季東京都高等学校野球大会では岡部仁との二枚看板で決勝戦まで勝ち上がる。決勝の早稲田実業高校戦では先発を任され、チームは敗れたものの(6対8)、清宮幸太郎から全打席(5打席連続)で三振を奪い、以降清宮キラーとして脚光を浴びることとなった[5]

2017年には第89回選抜高等学校野球大会に出場し、初戦で履正社高等学校と対戦。安田尚憲から3打席連続三振を奪うが、8回途中5失点と試合を作れずチームは5対12で敗退した[5]。春季東京都高等学校野球大会決勝戦では再び早稲田実業高校との対戦が実現したが、小倉全由監督は夏の大会での対戦を見越し投手としては温存し、野手として出場。9回に本塁打を放つなどの活躍をするも22時を越える大熱戦の末に17対18で敗れる。全国高等学校野球選手権大会西東京大会では、「決勝戦での打倒早稲田実業」と「小倉全由監督との優勝」を目標[6]に5回戦まで勝ち上がるも、準々決勝で東海大菅生高校に0対5で敗戦。

その後、9月にカナダで開催された2017 WBSC U-18ワールドカップ日本代表として選出。主に外野手指名打者として、3番清宮幸太郎、4番安田尚憲、5番櫻井周斗、6番中村奨成の強力クリーンアップの一員として活躍。3割を超える打率を残し銅メダルを獲得した[7]

さらに、ワールドカップの終了後には、プロ志望届日本学生野球協会へ提出した[8]。実際には、提出後に開かれたNPBドラフト会議で、投手として横浜DeNAベイスターズから5巡目で指名[9]。契約金3,000万円、年俸550万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は、自身と同じ左投手の大原慎司が2017年の現役引退まで着用していた41。なお、指名後の挨拶で投手として勝負することを志願した[10]ため、入団後は投手として登録されている。

プロ入り後[編集]

2018年には、二軍で迎えた春季キャンプの練習試合で好投したことを背景に、オープン戦開幕日の2月24日から一軍へ合流。当日の対読売ジャイアンツ戦(沖縄セルラースタジアム那覇)6回表から救援で登板すると、1イニングを無安打無失点に抑えた末に、勝利投手になった。高校から直接NPBの球団に入った新人投手がオープン戦で初登板・初勝利を記録したのは、2000年河内貴哉広島東洋カープ)以来18年振りだが、チーム開幕戦での記録は1990年宮地克彦西武ライオンズ)以来28年振り。DeNAの高卒新人投手によるオープン戦の勝利は、後に内野手として大成する石井忠徳(石井琢朗)が、横浜大洋ホエールズ時代の1989年に3月25日の対西武戦で記録して以来29年振りであった[12]。その後も登板4試合を無失点で凌いだり、北海道日本ハムファイターズへ入団した清宮とのプロ初対戦で三振(通算6打席連続三振)を奪ったりするなど好投を続けたが、チームの高卒新人投手では前述した石井以来の開幕一軍入りには至らなかった[13]。10月にコロンビアで開催された、2018 WBSC U-23ワールドカップの日本代表に選出され、3試合に登板。3試合連続で無失点で抑え、準優勝に貢献した。

2019年6月7日の対西武ライオンズ戦(横浜スタジアム)でプロ初登板を果たした[14]

選手としての特徴・人物[編集]

投手としては、最速149km/hのストレートと、清宮から5打席連続三振を奪った切れ味の鋭い縦方向のスライダーが武器。高校時代からスライダーへの評価が高く[7]、同世代の強打者である安田尚憲も3打席連続三振と苦戦した[5]。ただし、他の変化球を実戦で投げられなかったことから、DeNAへの入団を機に2種類のチェンジアップを1ヶ月半で習得した[12]

高校時代には、対外試合で通算32本塁打を放つなど、打者としても非凡なセンスを発揮。前述した2017 WBSC U-18ワールドカップでは、打率.333、5打点という成績を残した[7]

二刀流として注目されていたがプロでは本人の希望する投手一本で行くことになった。

詳細情報[編集]

記録[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 41 (2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成29年 東京都高等学校野球大会(兼関東地区高等学校野球大会出場校決定戦)日大三vs帝京 準決勝戦
  2. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年11月12日閲覧。
  3. ^ a b 櫻井周斗インタビュー”. 高校野球ドットコム. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ 櫻井周斗(横浜DeNAベイスターズ) - 週刊ベースボールONLINE”. 週刊ベースボールONLINE. 2018年2月2日閲覧。
  5. ^ a b c 清宮に続き、安田に対しても3打席連続三振。日大三・櫻井周斗が初戦敗退でも得た自信”. web Sportiva. 2018年2月2日閲覧。
  6. ^ 日大三高 監督・小倉全由と選手たちの熱き戦い”. TBSバース デイ. 2017年12月20日閲覧。
  7. ^ a b c “日大三・桜井周斗プロ志望 デカプリオ金成は社会人”. 日刊スポーツ. (2017年9月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201709130000003.html 2018年2月2日閲覧。 
  8. ^ “U18日大三・桜井らプロ志望届、清宮は22日会見”. 日刊スポーツ. (2017年9月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201709130000003.html 2018年3月5日閲覧。 
  9. ^ 2017年 プロ野球ドラフト会議”. 日本プロ野球機構. 2017年12月20日閲覧。
  10. ^ “DeNA・D5桜井、投手起用を志願!清宮には「絶対負けない」 - SANSPO.COM”. サンケイスポーツ. (2017年11月8日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20171108/den17110805010001-n1.html 2018年2月2日閲覧。 
  11. ^ 平成29年 東京都高等学校野球大会(兼関東地区高等学校野球大会出場校決定戦)早稲田実vs日大三 決勝戦
  12. ^ a b “清宮の天敵DeNA桜井、石井琢朗以来の開幕白星”. 日刊スポーツ. (2018年2月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201802250000123.html 2018年2月26日閲覧。 
  13. ^ “DeNA桜井周斗が二軍降格、開幕一軍は絶望的に”. 日刊スポーツ. (2018年3月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803240000892.html 2018年4月2日閲覧。 
  14. ^ 清宮キラーDeNA桜井が山川を三振斬りデビュー - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年6月7日閲覧。

関連項目[編集]