櫻井孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

櫻井 孝(さくらい たかし、1956年 - )は、日本特許庁技官弁理士特許技監を最後に退官し、工業所有権協力センター副理事長、知的財産研究教育財団理事。

人物・経歴[編集]

長野県生まれ[1]長野県飯田高等学校を経て[2]、1978年新潟大学工学部卒業、特許庁入庁。1982年特許庁特許審査官。1990年外務省在インド日本国大使館一等書記官。1996年特許庁審査企画官。1997年財団法人知的財産研究所研究部長。2001年特許庁国際課長。2004年特許庁首席審査長。2006年特許庁調整課長。2007年特許庁特許審査第四部長。2011年特許技監[1]。2013年に退任後、弁理士[3]工業所有権協力センター専務理事調査業務センター長[4]、工業所有権協力センター副理事長、知的財産研究教育財団理事[5]

著書[編集]

  • 『明治の特許維新 : 外国特許第1号への挑戦!』発明協会、2011年4月18日、ISBN 978-4-8271-0994-8

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 櫻井孝 プロフィール”. ローチケ×HMV&BOOKS online. 2019年10月24日閲覧。
  2. ^ 7 | 8月 | 2016”. 在京飯田高校同窓会. 2019年10月24日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 講演会「特許制度の現状と明治期の先人に学ぶ特許戦略」”. 新潟大学産学地域連携推進機構 知的財産創成センター (2013年12月20日). 2019年10月24日閲覧。
  4. ^ 専門技術者(主席部員)採用 (PDF)”. 工業所有権協力センター. 2019年10月24日閲覧。
  5. ^ 理事及び監事”. 知的財産研究教育財団 (2019年6月). 2019年10月24日閲覧。


先代:
南孝一
特許技監
2011年 - 2013年
次代:
木原美武