櫻井翔×池上彰 教科書で学べないSP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
櫻井翔×池上彰
教科書で学べないSP
ジャンル 特別番組
出演者 櫻井翔
池上彰
製作
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2015年8月4日 -
放送時間 別項
放送分 114分・120分
回数 4
テンプレートを表示

『櫻井翔×池上彰 教科書で学べないSP』(さくらいしょう いけがみあきら きょうかしょでまなべないスペシャル)は、日本テレビ系列2015年から不定期で放送されている特別番組で、櫻井翔池上彰冠番組である。

概要[編集]

本番組は、あらゆるテーマを櫻井と池上の2人タッグでわかりやすく解説していくといった内容である[1]。なお、この特別番組は報道局により主体で制作されているものである[1]

出演者[編集]

放送リスト[編集]

放送日 放送時間 番組タイトル ゲスト 備考
1 2015年8月4日(火曜日) 21:00 - 22:54 戦後70年特別番組櫻井翔&池上彰 教科書で学べない戦争 SHELLY
比嘉愛未
渡辺裕太
濱田龍臣
2 2016年3月1日(火曜日) 21:00 - 23:00 東日本大震災から5年 教科書で学べない災害 比嘉愛未
織田信成
八乙女光
岩田華怜
3 2018年2月6日(火曜日) 19:00 - 20:54 櫻井翔×池上彰 教科書で学べない「ニッポンの想定外」 いとうあさこ
岡田結実
二階堂ふみ
羽根田卓也
本田望結
松木安太郎
山里亮太南海キャンディーズ
4 2020年5月4日(月曜日) 19:00 - 21:00 教科書で学べないニッポンの超難問

スタッフ[編集]

  • 統括:柴崎朋樹(第4回)
  • 総合演出:高橋雅昭(第3回-)
  • 構成:竹田慎(第1回-)
  • TM:宍倉岳ニ(第3回-)
  • TD:小峰祐司(第4回)
  • SW:荻野高康(第1回-)
  • CAM:吉田健治(第1回はCCAM、第2回-)
  • MIX:瀧健太郎(第4回)
  • VE:藤原将展(第4回)
  • LD:小笠原雅登(第4回)
  • テロップ:津久井輝(第3回-)
  • バーチャル:桾澤勇(第4回)
  • モニター:ジャパンテレビ(第3回-)
  • CG:クリプトメディア(第1回-)
  • 美術P:三浦昭彦(第1回-)
  • デザイン:平岡真穂(第1回-)、浅田一花(第4回)
  • 大道具:山田俊広(第1回-)
  • 電飾:原口まどか(第4回)
  • メイク:奥松かつら(第1,3回-)
  • EED:若宮慎也(第4回)
  • MA:大竹誠司(第3回-)
  • 編集:松崎実季(第4回)
  • 音楽効果:竹中幸治(第4回)
  • リサーチ:ビスポ(第4回)、今井紳介(第4回)、小笠原みさき(第3回-)
  • 撮影:報道局映像取材部、NNNモスクワ支局(共に第4回)
  • 取材協力:キース・メルトン、ボブ・ベイリー(共に第4回)
  • コーディネート:スザンヌ ホランダー(第4回、第3回はコーディネーター)
  • 資料提供:日本集中治療医学会(第4回)
  • 監修:庭野めぐみ(第4回)
  • 編成:田中俊光(第4回)
  • 営業:有田和生(第4回)
  • 宣伝:森俊憲(第4回)
  • TK:桜井えみこ(第1,2回は櫻井えみ子名義)
  • FM:金子千恵美(第1回-)
  • SNS:深津功(第4回)
  • AD:池田日向、西野寿希、池田有里、山上真弘、津田靖子、豊田真子、片野優美、吉田亜美(全員→第4回)
  • ディレクター:扇畑亘、石田晃一、吹野文哉、田中尚、宮井優、田原佐紀、岡見優、石崎大輔、宮崎宣行、山口侑里、加藤治子、永野恵美、上原志穂、高田健太郎、石川直志、塚本和也(石崎→第2回-、扇畑・塚本→第3回-、石川→第2回はFM、その他→第4回)
  • AP:五十嵐恵、勘川舞、川辺智子(全員→第4回、五十嵐→第3回は制作進行)
  • 演出:川崎文平、坂間晃弘、桂知子、飯塚淳一、植田直也、金子智博、松本圭子(川崎→第1回-、桂→第1回はディレクター、坂間→第3回-、第1,2回はディレクター、飯塚・植田・金子・松本→第4回、金子→第2,3回はスタジオ演出)
  • プロデューサー:安彦真利江、井上幸昌、遠藤正累、白川大介、後藤全孝、杉本純子、山口順平、細谷淳(後藤→第1,2,4回、細谷→第3回-、その他→第4回)
  • チーフプロデューサー:三浦俊明(第3回-)
  • 制作協力:AXON(AX→第2回は協力)、passionCWV(passion・CWV→第3回-)、メディアスペース、ON SHORE INC、JPエンジン(第4回)
  • 製作著作:日テレ

過去のスタッフ[編集]

  • 統括:山田克也(第1,2回)、小谷野俊介(第3回)
  • 総合演出:土屋拓(第1,2回)
  • 協力:米国立公文書館防衛研究所広島テレビ毎日新聞社読売新聞社上毛新聞社、平和祈念展示資料館、知覧特攻平和会館、群馬県遺族の会、東部ニューギニア戦友・遺族会、国立研究開発法人理化学研究所、昭和館、仁科記念財団、Smith National Air and Space Museum、吉田茂雄記念事業財団アド・ミュージアム東京、土木図書館、日本ラジオ博物館、早川タダノリ、井上まゆみ、BMT、赤堀料理学園(赤堀料理→第1,2回) 赤堀博美(第1回)、文部科学省、宮城県管工業協同組合、仙台市水道局京都市役所文化保護局、京都平安文化財、羽根田商会 大河内忠勝、大京、ユニペックス、東海アルミナ磁器工業、アジア航測、ミヤギテレビ読売テレビ山形放送(第2回)、在韓国アメリカ軍、ドイツスパイ博物館、LAC、ACADEMY K-MECCA、GNTV AI Nisr publshing LLC、DJ Entertainment(第3回)
  • 映像・音声提供:NHK(第1回)
  • 監修:明治大学教授 山田朗、防衛大学校名誉教授 田中宏己、学習院大学名誉教授 江沢洋、石黒之敏、石井正紀、NPO法人零戦の会会長 神立尚紀、「特攻殉国の碑」保存会 西村愼吾、軍歌研究家 辻田真佐憲(第1回)、東京大学教授 田島芳満、京都大学教授 丸山敬、中央大学教授 有川太郎、東北大学災害科学国際研究所所長 今村文彦、助手 安倍祥、静岡文化芸術大学准教授 磯田道史産業技術総合研究所 大西正輝、高田亮、山梨大学准教授 秦康範(第2回)、佐野真人(皇學館大学助教)(第3回)
  • TM:小和瀬達也(第1,2回)
  • CAM:茅野竜徳(第1回)
  • VE:矢田部昭(第1回)、久野崇文(第2回)、佐久間治雄(第3回)
  • MIX:原秀彰(第1-3回)
  • LD:粂野高央(第1回)、名取孝昌(第2回)、井口弘一郎(第3回)
  • CG:POLYGON PICTURES(第2回)
  • 小道具:吉田浩(第1,2回)
  • 電飾:鈴木雄蒔(第1,3回)、山崎晃裕(第2回)
  • テロップ:斉藤義行(第1,2回)、飯田敏行(第2回)
  • モニター:紺野智宏(第2回)
  • FM:野満一朗太(第1回)
  • 撮影:間瀬田正隆、内山一穂、小林正樹、藤田一成(第1回)、松田康弘(第1-3回)、柴田長生、斉藤充功(第1,2回)、土田敏也、大迫崇大(第2回)、岩間俊、斉藤重実、田村圭一(第2,3回、斉藤→第2回は齋藤重実名義)、小川達大、塩入洋希、星川英紀、吉川和浩(第3回)
  • 水中撮影:佐伯均、猪瀬一智、榊裕紀夫(第1回)
  • VE:藤田誠、野上祐介、高橋巧一郎、矢野武彦、高野祐司、若林学(第1回)、小山亜美(第1,3回)、吉澤正隆、勝田直起、鶴原彰久、小黒陽平、丸山翔平(第2回)、荒木雅人、根本勇人、岡部傑一(第2,3回)、渡辺敦、岩井友紀、高柳飛鳥、宮崎祐介(第3回)
  • 編集:寺家祐樹、杉本佳子、瀬戸山真也(第1回)、小林弘幸(第1-3回)、斉藤真也、杉本祐哉(第1,2回)、寺家賢樹、佐藤俊浩(第2回)、稲葉心(第2,3回)、伊藤充彦、イボラム、寺嶋和弘(第3回)
  • EED:七五三吉洋(第1回)、針谷大吾(第2回)、加藤雄一(第3回)
  • MA:杉山正(第1回)、山田謙一(第2回)
  • 音楽効果:加藤久喜(第1-3回)、島野高一(第2回)
  • コーディネーター:西本義次、キム ソヨン、ティモ ファイト、レオ ヤング(第3回)
  • 取材協力:笛吹雅子、中瀬真生、藤田賢治(藤田→第1回は演出)、松永新己、森浩一、田村和輝(全員→第3回)
  • 編成:荻野陽介(第1回)、切田美伸(第2,3回)
  • 宣伝:永井晶子(第1,2回)、村上淳一(第3回)
  • リサーチ:関口さちよ(第1回)
  • 制作進行:望月祐歌、小島都(小島→第1回はデスク、第2回は制作デスク、全員→第3回)
  • AD:渡邊翔、山崎由芽、田中遼、久保颯、岡田祐美(第1回)、目黒晃、太田秀、浅野早希、京河凌平、後閑駿一、岡田祥平、高橋知愛(第2回)、牛尾菜都美(第1,2回)、林宙姫、宇井萌夏、小田原明、嘉数大介、齋藤絵心、笹原魅人、白取春佳、廿浦恵介、利根川唯、光畑広大(第3回)
  • ディレクター:陰山昇生、杜雲翼、松嶋洋明、竹内花奈、大谷泰則(第1回)、鎌田泰子(第1-3回)、辻啓之、稲垣耕介、新野陽祐、宮前佳昭、岡崎恵理、中濱弘道、何勝学、柴瑠美子(第2回)、海老澤明子、高柳裕美(第1,2回)、原田敦史(第2回は演出)、澤谷志保、瀧本恭祐、野尻嘉一、松井駿介、本岡英恵、矢代貴昭(澤谷・本岡→第1,2回はAD、塚本→第2回はAD、原田以降→第3回)
  • スタジオ演出:松尾智法(第1,2回)、高橋彩(第2回)、内田幸伸(第2,3回)、古知貴恵(第3回)
  • 演出:片田やよい(第1回)、大橋邦世(第1,2回)、廣木克(第3回)
  • プロデューサー:齊山嘉伸(第1,2回)、向後淳(第1-3回)、渡瀬慶吾(第2回)、髙野子賢一、中村光宏、矢野尚子、飯島幸子、村田聡子(第3回)
  • チーフプロデューサー:佐藤圭一(第1,2回)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 嵐・櫻井 池上彰氏と「再タッグ」日テレ10年後見据え囲い込み”. 東スポWeb (2018年1月12日). 2018年2月10日閲覧。