櫻内渚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
櫻内 渚 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サクラウチ ナギサ
ラテン文字 SAKURAUCHI Nagisa
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-08-11) 1989年8月11日(29歳)
出身地 大阪府八尾市
身長 176cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション DF
背番号 5
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012- ジュビロ磐田 141 (13)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

櫻内 渚(さくらうち なぎさ、1989年8月11日 - )は大阪府八尾市出身のプロサッカー選手Jリーグジュビロ磐田所属。ポジションはディフェンダー(右サイドバック、センターバック)。

来歴[編集]

出身地である八尾市の八尾南山本ジュニアサッカークラブでサッカーを始め、五歳上の兄も進学した岡山県作陽高等学校へ進学[1]。豊富な運動量と空中戦の強さを売りとしているCBだったが、2年時の第85回全国高校サッカー選手権大会ではその長所を前線で生かし、FWとして起用された。進学した関西大学ではCBとしてレギュラーを獲得し、3年時からはSBに転向[2]第26回ユニバーシアード夏季競技大会に参加したサッカー日本代表メンバーにも選ばれて金メダルを獲得した。

2012年ジュビロ磐田に入団[3]。同年5月16日に行われたヤマザキナビスコカップサガン鳥栖戦でスタメンで起用され、プロデビューを果たした。

2013年4月27日に行われた湘南ベルマーレ戦でリーグ戦デビュー。

2014年8月13日栃木SC戦でプロ初得点。同年9月20日ギラヴァンツ北九州戦では、ジャンピングボレーでの得点を含む2得点を挙げ、チームの勝利に貢献した。

2015年シーズンは、ジュビロの選手会長[4]として、体調不良で欠場した1試合を除く41試合(40試合はフル出場)に右のサイドバックとして出場し、自身シーズン最多となる5得点を挙げ、ジュビロのJ1昇格に貢献した。

2016年シーズンからは、前年まで駒野友一が背負っていた背番号「5」に変更[5]3月12日、J1第3節・対柏レイソル戦で後半45分に自身J1初得点となる同点弾を挙げた[6]

2017年シーズンは、J1自己最多の31試合に出場。7月1日、J1第17節・対アルビレックス新潟戦で後半9分に追加点を挙げて勝利に貢献した[7]7月29日、J1第19節・対川崎フロンターレ戦で前半24分に追加点を挙げ、勝利に貢献した[8]

2018年シーズンは、1月15日に選手会長と兼任する形でチームキャプテンに任命された[9]9月14日、J1第26節・対セレッソ大阪戦で後半10分に今シーズン初得点を挙げた[10]

人物・エピソード[編集]

  • 眠りにつくのは「21時から22時の間」で、翌日の10時から練習があるときは8時に起床する。これは大学時代の生活スタイルが染み付いているからで、「大学時代に朝練があって。実家から通っていたんですけど1時間かかるんですよ。毎日5時起きとかだったから、前の晩に早く寝ないと朝眠いので、早寝早起きが習慣になった。寝ようとしていなくても眠くなる」と語っている[11]
  • 2018年6月19日、一般女性と入籍したことが発表され、「自分にとって、守るべき家族ができ、より一層責任を持ってプレーしたいと思います。」とコメントした[12]。チームメイトには前日に報告し、祝福されたものの「『お前彼女いたの?』って突っ込まれた」と語った[13]

所属クラブ[編集]

アマ経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 関西大 32 - - - 1 0 1 0
2012 磐田 25 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2013 2 0 2 0 0 0 4 0
2014 J2 22 3 - 1 0 23 3
2015 41 5 - 1 0 42 5
2016 5 J1 19 1 2 0 3 0 24 1
2017 31 2 3 0 3 0 37 2
2018 26 2 5 1 1 0 32 3
2019
通算 日本 J1 78 5 13 1 7 0 97 6
日本 J2 63 8 - 2 0 65 8
日本 - - 1 0 1 0
総通算 141 13 13 1 10 0 164 14

代表・選抜歴[編集]

  • 関西学生選抜(2009年)
  • 全日本大学選抜(2010年、2011年)

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • USAGI「君の風になって」(2015年)

脚注[編集]

  1. ^ 磐田桜内チャンス“第2の故郷”で勝つ 日刊スポーツ 2014年9月3日
  2. ^ (大学選手権) SB転向1年目の関大・櫻内が決勝アシスト ゲキサカ 2010年12月26日
  3. ^ 櫻内渚選手の新加入内定について ジュビロ磐田公式サイト 2011.4.7付ニュースリリース
  4. ^ <ジュビロ磐田 誇り胸に>桜内渚選手 静岡新聞 2015.11.19
  5. ^ J1昇格の磐田、背番号を発表。“高校No.1ストライカー”小川は前田の「18」を継承 フットボールチャンネル 2016.11.14
  6. ^ 2016年試合速報 J1 1stステージ第3節 vs.柏レイソルジュビロ磐田公式サイト 2016年3月12日
  7. ^ 2017年 試合速報 J1リーグ 第17節 vs.アルビレックス新潟ジュビロ磐田公式サイト 2017年7月1日
  8. ^ 2017年 試合速報 J1リーグ 第19節 vs.川崎フロンターレジュビロ磐田公式サイト 2017年7月29日
  9. ^ 【磐田】新主将・桜内、ペース走先陣切る「コミュニケーションをとっていけたら」スポーツ報知 2018年1月18日
  10. ^ 2018年 試合速報 明治安田J1 第26節 vs.セレッソ大阪ジュビロ磐田公式サイト 2018年9月14日
  11. ^ [磐田]鉄人・櫻内渚。好調の要因は大学時代に染み付いた“早寝早起き”EG BLOGORA 2017年6月28日
  12. ^ 櫻内 渚選手 入籍のお知らせジュビロ磐田公式サイト 2018年6月19日
  13. ^ 【磐田】桜内主将が結婚発表 チームメイトからは「お前彼女いたの?」スポーツ報知 2018年6月19日
  14. ^ https://twitter.com/jubiloiwata_yfc/status/964303306087542784 ジュビロ磐田 (@Jubiloiwata_YFC) - Twitter

関連項目[編集]