櫻庭英悦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

櫻庭 英悦(さくらば えいえつ、1956年 - )は、日本の農水官僚。元食料産業局長。秋田県出身。

人物[編集]

宇都宮大学農学部を卒業し、1980年農林水産省に入省する。専門職で入省し、菅義偉官房長官と同郷であり覚えが良くなった。[1]3分の1を本省以外で勤務し、2001年物価対策室長。2005年食品産業振興課長。2011年に審議官となり、2014年食料産業局長。2016年に辞職。

略歴[編集]

  • 1980年3月:宇都宮大学農学部農業経済学科卒業[2]
  • 1980年4月:農林水産省入省
  • 大臣官房総務課課長補佐
  • 2001年1月:総合食料局消費生活課物価対策室長
  • 2002年10月:大臣官房参事官
  • 2005年7月:総合食料局食品産業振興課長
  • 2008年4月:北海道農政事務所
  • 2009年7月:大臣官房情報評価課長
  • 2011年5月:大臣官房審議官兼大臣官房国際部兼生産局
  • 2011年9月:大臣官房審議官兼総合食料局
  • 大臣官房審議官兼食料産業局
  • 2014年7月:食料産業局長
  • 2016年7月:辞職

脚注[編集]

  1. ^ おかしな理事長交代” (日本語). 阿部事務所. 2019年10月19日閲覧。
  2. ^ http://www.utsunomiya-u.ac.jp/docs/uunow40_2-3.pdf