櫻田清芽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

櫻田 清芽(さくらだ きよめ、1885年明治18年)[1] - 1958年昭和33年)12月31日[2])は、大正から昭和時代前期の政治家青森県弘前市長

経歴[編集]

青森県津軽郡弘前植田町[2]中津軽郡弘前植田町を経て現:弘前市植田町)に生まれる[1]弘前中学校を卒業後、明治大学予科に学ぶ[1]。帰郷後は教員などを経て、1910年(明治43年)陸奥日報社に入社し、編集長、弘前新聞主筆兼社長を歴任する[1]

その間、弘前市会議員を26年、青森県会議員を20年務め[1]1951年(昭和26年)4月、弘前市長に就任した[3]中津軽郡11箇村との合併などを実現し、1955年(昭和30年)4月に満期退官[3]。その後は、1957年(昭和32年)より県公安委員長を務めたが、任期中に急逝した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 東奥日報社 2002, 284頁.
  2. ^ a b 『日本の歴代市長』第1巻、186頁。
  3. ^ a b 歴代市長(旧弘前市)”. 弘前市. 2019年11月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 東奥日報社 編 『青森県人名事典』 東奥日報社、2002年。ISBN 4885610656。