次は心臓を狙う

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

次は心臓を狙う』(原題:La Prochaine fois je viserai le cœur)は、2014年[1][2][3][4]フランスクライム映画1978年から1979年にかけてピカルディ地域圏(現在のオー=ド=フランス地域圏オワーズ県[5]で起きたアラン・ラマール事件[6]を題材にした映画である。

次は心臓を狙う
La Prochaine fois je viserai le cœur
監督 セドリック・アンジェ
脚本 セドリック・アンジェ
原作 イヴァン・ステファノヴィッチ
製作 アラン・アタル
アンヌ・ラプチク
出演者 ギヨーム・カネ
アナ・ジラルド
ジャン・イヴ・ベルトルート
音楽 グレゴワール・エッツェル
撮影 トマス・ハードマイアー
編集 ジュリアン・ルルー
製作会社 Sunrise Films
Trésor Films
配給 フランスの旗 Mars Films
日本の旗 グラッソ
公開 フランスの旗 2014年11月12日
日本の旗 2016年1月28日
上映時間 111分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

あらすじ[編集]

1978年の冬、オワーズ県でバイクに乗っていた若い女性が、夜に轢き逃げされる。その車を運転していたのは、国家憲兵隊に所属するフランクだった。彼は、強い暴力性を心の中に秘めており、その暴力性を制御することが出来ずにいた。

スタッフ[編集]

  • 監督:セドリック・アンジェフランス語版
  • 脚本:セドリック・アンジェ
  • 原作:イヴァン・ステファノヴィッチ (ジャーナリスト)フランス語版
  • 製作:アラン・アタルフランス語版、アンヌ・ラプチク
  • 音楽:グレゴワール・エッツェルフランス語版
  • 撮影:トマス・ハードマイアーフランス語版
  • 編集:ジュリアン・ルルーフランス語版
  • 装飾:ティエリー・フランソワフランス語版
  • キャスティング:ニコラ・ロンキ
  • ロケーションマネージャー:シルヴィ・デメジエール

キャスト[編集]

  • フランク・ヌアール:ギヨーム・カネ
  • ソフィー:アナ・ジラルド
  • ラコーム分隊長:ジャン・イヴ・ベルトルートフランス語版
  • トントン:パトリック・アザンフランス語版
  • ロクレイ:アルノー・アンリエフランス語版
  • ノノ:ダグラス・アタル
  • カルパンティエ:ピエリック・トゥルニエ
  • ブリュノ:アーサー・デュジャルダン
  • アリス:ジャッド・エノ
  • メリッサ:アリス・ドゥ・ランクザン
  • フランクの母:エレーヌ・ヴォクワ
  • フランクの父:ジャン・ポール・コマートフランス語版
  • ニール:フランソワ・ドミニク・ブラン
  • オジエー:フランク・アンドリュー
  • ロクサーヌ:ローラ・ジュディーチェ
  • 医師:ニコラ・ロンキ
  • 副官:ザビエル・アルカン
  • ウェイター:エリック・ルブラン
  • ソフィーの母:アネット・ローケイ
  • 老人:ミシェル・カサーニュ

出典[編集]

  1. ^ AlloCine (フランス語), La Prochaine fois je viserai le coeur, http://www.allocine.fr/film/fichefilm_gen_cfilm=221898.html 2020年9月29日閲覧。 
  2. ^ Next Time I'll Aim for the Heart (2013)” (日本語). japan.unifrance.org. 2020年9月29日閲覧。
  3. ^ allcinema (日本語), 映画 次は、心臓を狙う。 (2014)について 映画データベース - allcinema, https://www.allcinema.net/cinema/355236 2020年9月29日閲覧。 
  4. ^ (英語) La prochaine fois je viserai le coeur (2014) - IMDb, https://www.imdb.com/title/tt3324494/ 2020年9月29日閲覧。 
  5. ^ 作品紹介(次は心臓を狙う/ギョーム・カネ、アナ・ジラルド)|カタログ|グラッソ”. www.grassoc.jp. 2020年9月29日閲覧。
  6. ^ WOWOWオンライン” (日本語). WOWOW. 2020年9月29日閲覧。