次世代ロボット市場創造連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

次世代ロボット市場創造連盟(じせだいロボットしじょうそうぞうれんめい)は、テムザックビジネスデザイン研究所ゼットエムピーヴイストンロボット関連のベンチャー4社が設立した、家庭用ロボットの販促組織

概要[編集]

2008年6月18日、連盟の設立が記者発表された。連盟の会長をテムザックの代表取締役髙本陽一とし、本部をビジネスデザイン研究所内に置いた。

目的[編集]

  • 販促を一元化することにより、効率化させ、家庭用ロボットの市場拡大を目指す。
  • 2008年秋に各地の百貨店において、共同で4社の製品の販促活動を行う。
  • マーケティング開発を共同で推進する。
  • 将来的には、ロボットに搭載されるソフトウェアの共通化や・技術の相互利用に取り組む。
  • 海外のロボット情勢の調査や、海外へのロボット販売を進める。第一弾として2008年10月に韓国のロボット展示会である「韓国ROBOT WORLD2008」の視察を4社の社長と部長らで行った。

本部所在地[編集]

愛知県名古屋市中区3-18-1 ナディアパークデザインセンタービル7F デザインラボ