欧州規模の政党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
欧州連合
欧州連合の旗
欧州連合の政治

  

欧州規模の政党(おうしゅうきぼのせいとう)は、ヨーロッパにおいて国境を越えて活動する政党組織。欧州政党ユーロパーティ (Europarty) ともいう。欧州連合ではこれらの政党について、主にマーストリヒト条約第10条で以下のように規定し、資金の供与を行っている。

Political parties at European level are important as a factor for integration within the Union. They contribute to forming a European awareness and to expressing the political will of the citizens of the Union.

(日本語仮訳)欧州規模の政党は連合内の統合に向けた要素として重要である。欧州規模の政党は連合の市民の欧州に対する意識の形成や政治に対する民意の顕示に寄与するものである。

この規定により、欧州連合の規則[1]において「欧州規模の政党」やその資金に関する規定を定めている。

2006年までに欧州議会での活動金を受ける資格を持つ、ヨーロッパ各地の政党連合による10の欧州政党が創設されている。欧州議会内においてこれらは政党間、または政党と無所属議員間で政治会派を結成している。

近年欧州委員会では、欧州議会議員選挙での投票率低下を打開するために欧州政党の設立を促す計画を進めている。2007年6月に発表された計画ではセミナーの開催や活動資金の供与額増加によって、成長が見込まれる組織のヨーロッパの課題への参画を見込んでいる。

主要政党[編集]

2020年現在、以下の10の政党が正式に登録されている[2]

制度[編集]

欧州規模の政党として認められ、EUから助成金を得るためには以下の条件を満たす必要がある[3]

  • 加盟国で法人格を有すること。
  • 加盟国のうち4分の1以上の国でその政党から欧州議会議員、国会議員または地方議員が選出されているか、直近の欧州議会議員選挙において加盟国の4分の1以上の国で3パーセント以上の得票を得ていること。
  • 欧州連合の原則(自由・民主主義・人権の尊重・法の支配の原則)を遵守すること。
  • 欧州議会議員選挙に参加したか、参加する意向を表明していること。

また、助成金を受けている政党は500ユーロ以上の献金を公表する必要があり、12000ユーロ以上の献金の受け取りは禁止されている[4]

上記以外の欧州規模の政治組織[編集]

EUに正式に登録されているもの以外にも、欧州連邦主義のVolt Europaや動物の権利保護を掲げる動物政治EU英語版、欧州海賊党ヨーロッパ・民主主義・エスペラント英語版などが欧州規模の政党として活動している。

また、国内政党間の同盟・ネットワークとして、北欧緑の左派同盟英語版共産党・労働者党イニシアティブヨーロッパ反資本主義左翼などがある。

課題・論争[編集]

欧州規模の政党は各国の有権者との結びつきの弱さが指摘されている[5]。欧州規模の政党は共通のマニフェストを策定しているが、欧州議会議員選挙における実質的な選挙運動は各国の国内政党によって行われ、候補者の選定も国内政党によって行われていることが多い[6]

また、欧州規模の政党への助成金は加盟する国内政党の活動には使用できない。このことが欧州規模の政党に参加しない国内政党に不利になり[7]、EUの掲げる多元主義や民主主義の価値観に反しているとして欧州司法裁判所に訴訟が起こされたが、いずれも棄却されている[8][9][10]

脚注[編集]

  1. ^ Regulation (EC) No 2004/2003 OJ L 297, 15.11.2003, p. 1-4 (英語ほか)
  2. ^ List of registered European Political Parties” (英語). Authority for European Political Parties and European Political Foundations. 2020年12月30日閲覧。
  3. ^ The regulations governing political parties and rules regarding their funding at European level” (英語). EUR-Lex. 2020年12月31日閲覧。
  4. ^ 浅見政江 「EUの民主的ガヴァナンスとEU市民」 田中俊郎, 庄司克宏(編)『EUと市民』慶応義塾大学出版会 2005 pp.27-63
  5. ^ 日野愛郎 「欧州議会の機能と構造」 福田耕治(編著)『EU・欧州統合研究[改訂版]』成文堂 2016 pp.137-152
  6. ^ Herman Lelieveldt, Sebastiaan Princen(2015).'The Politics of the European Union (2nd edition)'. Cambridge University Press. pp.171-175
  7. ^ Daniel Hannan, Why I am going to the European Court 2004年3月15日 (英語、Internet Archive)
  8. ^ Daniel Hannan, Pan-European political parties 2005年9月9日 (英語、Internet Archive)
  9. ^ Case T-13/04, Jens-Peter Bonde and Others v European Parliament and Council of the European Union [2005] OJ C 229, 17.9.2005, pp. 20-21.
  10. ^ Order of the Court of 13 July 2006 — Front National and Others v European Parliament and Council of the European Union” (英語). EUR-Lex. 2020年12月31日閲覧。

参考文献[編集]