欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞の作品一覧 (91回 - 100回)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞 > 欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞の作品一覧 > 欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞の作品一覧 (91回 - 100回)

萩本欽一(欽ちゃん)と香取慎吾(元SMAP)が司会を務める『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』の第91回から第100回までの概要と作品の一覧。

第91回[編集]

欽ちゃん&香取慎吾の第91回全日本仮装大賞

作品について

  • 応募総数 - 3828組
  • 出場 - 30組+スペシャル仮装1組
  • 合格 - 26組
  • 満点 - 19組
  • 合格率 - 86.67%
  • 満点率 - 63.33%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 2点
  • 平均点 - 17.80点
  • 視聴者投票参加人数 - 84043人


第91回の作品一覧
No. 作品 点数 備考
1 水泳個人メドレー 20点 第90回欠場組
2 新・富嶽三十六景 20点 小学生たちが富嶽三十六景に現代の要素を取り入れて演じた作品。
3 アシカショー 16点 けん玉でアシカの曲芸を再現。
SP クリスマスツリー (対象外) スペシャル仮装。出演:ルノア〜ダークシルク〜
4 初めてのお散歩 20点 アイデア賞
5 スパゲッティ・ナポリタン 15点 14点から繰り上げ合格
6 焼きそばを作ろう 20点 第3位 19点からトーク中に+1点
7 のどごしサイコー! 20点 演技賞
8 浅田真央のトリプルアクセル 11点 出演:野呂佳代新宿カウボーイ
9 カツオの一本釣り 17点
10 生たまご 20点 15点からトーク中に+5点
11 マッチ売りの少女 13点 マッチ売りの少女がつけたマッチの明かりをブラインドで表現。
12 ジェットスキー 20点 親子が体操の要領でジェットスキーの動きをリアルに表現。
13 女王蜂のバルーン工場 19点
14 早撃ちガンマン 20点 第90回14番「スーパーマン」の出場者の作品。
15 花は咲く 18点 17点からトーク中に+1点
16 綱引き 9点 出場24回、通算9回目の不合格
17 ダンス・ダンス・ダンス 20点 腕を使って様々なダンスをするときの足を表現。演技終了時は18点、合格作品ダイジェストでは20点
18 トロッコ危機一発 20点 ユーモア賞 19点からトーク中に+1点
19 ハッピーウェディング 20点 努力賞
20 ものまねで太鼓の達人 20点 出演:ホリ
21 あまちゃん 20点 ファンタジー賞+視聴者賞 視聴者投票第1位:44610点 18点からトーク中に+2点
22 あまちゃんファンタジー 20点 新体操であまちゃんの世界を再現。
23 ヤマタノオロチ伝説 19点 主婦が一人でスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治する物語を演じた作品。
24 幽体離脱 20点 準優勝 出場45回は歴代2位
25 土下座でいろいろ 2点 出演:スギちゃん
26 お手伝いオリンピック 20点 視聴者投票第3位:44566点
27 なんだ この顔!? 20点 技術賞 視聴者投票第2位:44571点 出場47回は歴代1位
28 カルガモの親子 20点 優勝 最多優勝記録を7回に更新
29 おめでとうございます 15点 ローラースケートを履いた男性が180開脚で回転することで傘回しを表現。14点から繰り上げ合格
30 忍者ハットリくん 20点
優勝 - 28番 カルガモの親子
1羽だけか弱かったカルガモの子が、大冒険を経て白鳥に成長。「みにくいアヒルの子」をアレンジしたようなストーリーの作品。
準優勝 - 24番 幽体離脱
第85回優勝「手と足でGO」の一般男性の作品。床に置いた台車に乗り、それを巨大な鏡に映すことで、あたかも幽体離脱した人間が宙に浮いているかのように見せたトリック作品。
第3位 - 6番 焼きそばを作ろう
フライパンの上で具材がはねる様子を、着ぐるみを着て大縄跳びを跳ぶことによって表現。当初19点だったが、インタビュー中に篠田が加点し満点となった。
技術賞 - 27番 なんだ この顔!?
一般男性が顔を洗う度に顔が変わる様子を4人で二人羽織のようにして演じるトリック仮装。
ファンタジー賞+視聴者賞 - 21番 あまちゃん
海女が海に潜ってウニを捕る様子を、水中コーグルの視点から表現。第73回15番「水中ゴーグルから見た景色」と内容が酷似している。
努力賞 - 19番 ハッピーウェディング
一般女性が後ろにひっくり返り、教会の鐘が揺れる様子を鉄棒運動で表現。起き上がるとウェディングドレス姿になっている。
ユーモア賞 - 18番 トロッコ危機一発
インディー・ジョーンズがトロッコで岩山から脱出する様子を1人で仮装。
演技賞 - 7番 のどごしサイコー!
お腹を揺らす特技を、ビールを飲む時の喉の動きに見立てた作品。
アイデア賞 - 4番 初めてのお散歩
一般赤ちゃん2人ののどかな散歩が、マイケル・ジャクソンのダンスショーに展開する。
  • その他備考
    • 2月中に収録・放送するのはこれが初めてとなった。
    • 第77回以来7年振りに幕張メッセで行われた。
    • 史上初めて欽ちゃん・香取・堀・審査員の全員が仮装せず正装で出演。
    • この回より、審査員紹介の際に今回の見所が画面下に表示される。※第95回まで
    • 史上最多となる7組の優勝経験者が出場。
    • 第71回以来10年振りに審査対象外であるスペシャル仮装が登場。なお今回のスペシャル仮装は別会場で演技。
    • 15番「花は咲く」の女性が萩本と香取に花をプレゼントした。
    • 21番や22番の両者とも連続テレビ小説からの作品である。
    • 現行の審査方法となった第2回以降、25番「土下座でいろいろ」が第10回「竹馬」以来2組目となる2点で不合格。なお史上最低得点は1点で、第17回「はかり」と第33回「黒板消し」の2組が記録している。
    • 満点が史上最多の19組。出場組の半数以上が満点を獲得したのもこの回が初めて。また、全ての賞を満点作品が独占するのは、第79・86回に続いて通算3度目。
    • 2014年は春大会も秋大会も開催されなかったことにより、第2回以来34年振りの年1回放送となった。この年から年1回の放送となっている。

第92回[編集]

欽ちゃん&香取慎吾の第92回全日本仮装大賞

作品について

  • 応募総数 - 2340組
  • 出場 - 30組
  • 合格 - 27組
  • 満点 - 7組
  • 合格率 - 90.00%
  • 満点率 - 23.33%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 9点
  • 平均点 - 17.03点
  • 視聴者投票参加人数 - 95856人


第92回の作品一覧
No. 作品 点数 視聴者投票 備考
1 打ち上げ花火 20点 15868点 演技賞 番組史上10度目のトップバッター20点満点
2 眠れない夜 19点 29415点
3 おみごと! 19点 26967点
4 怪盗七変化 20点 34788点 優勝
5 筋トレ 19点 30138点 アイデア賞
6 アキバでたき火 15点 19392点 ヲタ芸で焚火を表現。13点から繰り上げ合格(後述)
7 食虫植物 16点 23226点 手や足にハエトリグサの装飾し、虫に見立てたボールを受け止めることで食虫植物を表現。
8 モトクロス 16点 27797点 出演:吉本若手芸人チーム 大縄跳びでモトクロスを表現。
9 ハリーポッターと魔法のほうき 18点 28216点
10 城攻め 20点 28625点 努力賞
11 ウエディングドレスで噴水 16点 30100点
12 全日本エレキテル家族 16点 33258点 日本エレキテル連合のネタでいろいろなものを表現。
13 ボートでデート 20点 34842点 技術賞
14 妖怪チアリーダー 16点 29356点 13点から繰り上げ合格(後述)
15 いろんな麺でGO 19点 42468点 視聴者投票第3位 出場46回、合格35回は共に歴代2位
16 ものまねカーチェイス 19点 42611点 視聴者投票第2位 出演:原口あきまさHi-Hi
17 チャーハンを作ろう 19点 35388点 18点からトーク中に+1点
18 弓道ガール 18点 27426点 弓道部員が180度開脚で矢に変身し、足につけたキャスターで的へと向かっていく体力仮装。
19 洗濯バサミでいろいろ 17点 40113点
20 電子辞書の中 16点 40653点 出演:庄司智春(品川庄司) ワッキー(ペナルティ) 矢部太郎(カラテカ)ほか
21 1歳8か月 9点 21683点 出場25回、通算10回目の不合格。3大会連続で不合格となり、勝俣州和の連続不合格記録と並んだ。
22 タイツでモンスター 16点 38935点 出演:3ガガヘッズ
23 天体観測 16点 34290点
24 ロックンロール花火 17点 39378点 出演:A.B.C-Z
25 おばあちゃんとの思い出 20点 39727点 準優勝
26 フライボード 10点 24725点 9点からトーク中に+1点(後述)
27 ヘイ!お待ち! 9点 34105点 出演:濱口優(よゐこ)、はまぐちコントサークル
28 横綱穴ノ雪の土俵入り 20点 42101点 ファンタジー賞
29 ひとりアナ雪 16点 40124点 ユーモア賞
30 アナと雪の王女 20点 50312点 第3位+視聴者賞 視聴者投票第1位
優勝 - 4番 怪盗七変化
怪盗が一瞬で衣装を背景に同化させ、警備員の目を欺きながら「最後の晩餐」の絵を盗む。ラストには絵も背景と同化したことで、会場を驚愕させた。
準優勝 - 25番 おばあちゃんとの思い出
小道具のバイオリンやロッキングチェアを舞台袖から操作し、シルエットの動きと合わせることで 祖母との思い出を幻想的に表現。
第3位+視聴者賞 - 30番アナと雪の王女
新体操の動きでアナと雪の女王の世界をミュージカル風に表現。ラストには巨大な氷の城が現れ会場を感動させた。
技術賞 - 13番 ボートでデート
2人の男性がボートのオールに仮装し、カップルのボートでのデートを表現した。
ファンタジー賞 - 28番 横綱穴ノ雪の土俵入り
大相撲土俵入りからアナと雪の女王のワンシーンに変わる作品。
ユーモア賞 - 29番 ひとりアナ雪
中年男性が「Let It Go」を歌いながら、アナと雪の女王の世界をバカバカしく表現。
努力賞 - 10番 城攻め
城役の男子が、軍隊の絵を貼りつけた手でくすぐられ、体が震える様子を城攻めに見立てた作品。第91回21番「あまちゃん」でファンタジー賞+視聴者賞を受賞した高校応援団の作品。
演技賞 - 1番 打ち上げ花火
モールを身にまとった園児たちがブリッジや三点倒立をすることで、打ち上げ花火を上からの視点で表現。
アイデア賞 - 5番 筋トレ
第85回準優勝「ただいま工事中」を演じた男の子による作品。体につけた風船を膨らますことで、ボディビルで筋肉が盛り上がっていく様を表現。第53回11番の「ボディービルダー」と内容が酷似している。
  • その他備考
    • 応募総数が3000組を割ったのは1987年秋の第22回以来28年振り。
    • 第91回に引き続き欽ちゃん・香取・堀・審査員の全員が仮装せず正装で出演。
    • 6番「アキバでたき火」と14番「妖怪チアリーダー」は当初13点で不合格だったが、ウドが天野の2点目の審査ボタンを勝手に押すなどして合格となった。
    • 18番「弓道ガール」の出場者は仮装で芸大に入学、卒業した後はテレビ局に入社したが、その後退社してキャビンアテンダントに転職したと言い出し、会場を驚かせた。
    • この回の不合格は21番「1歳8か月」、26番「フライボード」、27番「ヘイ!お待ち!」の3組のみで、いずれも9点で鐘が鳴った。但し、26番は後に1点加点された。
    • 28番から30番にかけてアナと雪の女王をテーマにした作品が連続で披露され、結果は3組とも入賞。

第93回[編集]

欽ちゃん&香取慎吾の第93回全日本仮装大賞

作品について

  • 応募総数 - 2560組
  • 出場 - 32組
  • 合格 - 27組
  • 満点 - 12組
  • 合格率 - 84.38%
  • 満点率 - 37.50%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 2点
  • 平均点 - 17.78点
  • 視聴者投票参加人数 - 85150人


第93回の作品一覧
No. 作品 点数 視聴者投票 備考
1 いないいないバァー 19点 11720点 ブランコを用いていないいないばぁを表現。
2 目指せ!甲子園 19点 32198点
3 キツツキの観察 19点 31043点
4 えだまめ 20点 31123点 優勝
5 インスタントカメラ 16点 22604点 大量の泡をお湯で流していくことでインスタント写真ができるさまを表現。
6 マッスル遊園地 16点 29106点
7 白のファンタジー 19点 34970点 第3位 出演:ワハハ本舗の女性劇団員チーム
8 昔のおもちゃで遊ぼう 20点 29954点 懐かしのおもちゃでいろいろなものを表現。19点からトーク中に+1点
9 桃太郎の鬼退治 19点 29108点
10 続・浦島太郎 20点 34923点 浦島太郎の後日談をオリジナルストーリーで再現。再度乙姫からもらった玉手箱を開けると浦島太郎がウサギ→赤ちゃんの順番で変身する。
11 バスケでハードル走 17点 21872点
12 アオムシの散歩 19点 29607点 主婦たちがお尻を青虫の体の一部に見立てて、冒険をする。第62回9番「イモムシの大冒険」と内容が酷似している。
13 マッチをすろう 20点 32637点 演技賞
14 頭がい骨でスポーツ 19点 34905点 ファンタジー賞
15 風鈴の気持ち 2点 22538点 出演:あばれる君 0点からトーク中に+2点(後述)
16 熱気球で空中散歩 19点 28962点
17 ダイスの名人 19点 30961点
18 いきのいいやつ 20点 23340点 作り物の魚がまるで手の上ではねているようにみせた表現。16点からトーク中に+4点
19 踊る回転寿司 13点 25772点
20 白い布でいろいろ 14点 27119点
21 Why?ジャパニーズピーポー! 20点 33258点 アイデア賞
22 ランプの精 20点 36244点 床に置いた台車に乗り、それを巨大な鏡に映すことでランプの精が出てくる様子をリアルに再現。出場47回は歴代1位タイ 
23 ドラ猫 20点 32025点 マンホールや電柱に現れるドラ猫を捕まえる様子を姉弟で表現。
24 禿山の一夜 19点 35527点 新体操でクラシック曲「禿山の一夜」の世界観を表現。18点からトーク中に+1点
25 愛犬自慢 18点 34676点 ユーモア賞 出演:シューマッハ 第86回以来5度目の芸能人受賞作
26 鳥人間コンテスト 11点 19549点
27 大きなどじょう 20点 31570点 スリラーに合わせてコミカルなドジョウすくいを行う。
28 眠れる森の姫 20点 42294点 準優勝 視聴者投票第2位
29 ソックスでそっくり 18点 38232点 出演:原口あきまさ・はなわ
30 懐かしのカラオケメドレー 20点 42996点 技術賞+視聴者賞 視聴者投票第1位
31 スケート・ショートトラック 14点 20276点 選手の人形を棒で操る動きでスピードスケートを表現。出場26回、通算11回目の不合格。4大会連続の不合格となり、勝俣州和の3連続不合格の記録を更新。
32 ピンボール 20点 41132点 努力賞 視聴者投票第3位
優勝 - 4番 えだまめ
緑の顔塗りをした子供たちが、先生の体にがんじがらめで縛り付けられることで、枝豆を表現。演技時間が10秒しかない優勝作品であり、演技時間10秒以下の作品が優勝するのは、第6回「アジの開き」、第17回「ボーンレスハム」、第43回「空き缶」に続いて史上4度目。
準優勝 - 28番 眠れる森の姫
たった一人で童話「眠れる森の美女」の物語を再現。第89回準優勝の「人形姫」を演じた主婦の作品であり、彼女の童話シリーズの8作品目である。
第3位 - 7番 白のファンタジー
ワハハ本舗の劇団員たちが、白い手で様々なものを幻想的に表現する。今回は満点が12組も出たが、19点の本作品がトップ3に入賞するという近年では大変珍しい出来事であった。20点満点が3組以上出た回で、20点満点以外の作品がトップ3に入賞するの第72回(20点満点12組)3位の「トンネル通過」(18点)以来12年ぶり。
技術賞+視聴者賞 - 30番 懐かしのカラオケメドレー
カラオケの画面に「いとしのエリー」や「なんてったってアイドル」などの名曲のPVが映し出される様子を表現。第92回10番「城攻め」で努力賞を受賞した高校応援団による作品。
努力賞 - 32番 ピンボール
ボール役の人間が格子状のパイプを全力でつたっていくことでピンボールゲームを表現。第88回27番「岬の灯台」でファンタジー賞を、第92回13番「ボートでデート」で技術賞を受賞した男性たちの作品。
ファンタジー賞 - 14番 頭がい骨でスポーツ
ガイコツが自分の頭をボールにして様々なスポーツを行う。 第49回の優勝作品「ガイコツのダンス」と内容が似ている。
演技賞 - 13番 マッチをすろう
リンボーダンスの動きで、マッチに火が付く様子を表現。演技するたびに「マッチでーす!」と言ったことで会場は爆笑。
ユーモア賞 - 25番 愛犬自慢
犬の被り物を前後逆さに被り、ブリッジをすることで様々な犬を表現。
お笑いコンビ「シューマッハ」による作品であり、芸能人の作品が入賞するケースは、第86回「春の訪れ」以来5年ぶりであり、番組史上5度目。
アイデア賞 - 21番 Why?ジャパニーズピーポー!
厚切りジェイソンのネタを体で表現しながら、日本の体の部位に関する慣用句にツッコミを入れていく。
  • その他備考
    • 第91回以来2回目の2月放送。
    • 寺田心が7歳で審査員を務めた。7歳以下の審査員は第87回の芦田愛菜以来2人目。
    • あばれる君が演じた15番「風鈴の気持ち」は当初0点だったが、インタビュー中に審査員の鈴木梨央・寺田心が2点加点(初め誰も点を入れなかったため躊躇)。そのため、真の0点(サービスポイント無く0点のまま退場)は2018年の第95回を待つことになる。2点で不合格はスギちゃんが演じた第91回25番「土下座でいろいろ」以来3組目。また、0点で鐘が鳴ったのは第33回の「黒板消し」以来2度目。
    • 3番「キツツキの観察」と30番「懐かしのカラオケメドレー」は2つとも同じ高校応援団が演じており、1人の女性団員がその2つの作品に出演した。
    • 10番「続・浦島太郎」の出場者の一人は第92回1番「打ち上げ花火」に出場していた。
    • 25番「愛犬自慢」だけ演技中の作品名が右上に表示される。

第94回[編集]

欽ちゃん&香取慎吾の第94回全日本仮装大賞
  • 放送日 - 2017年1月21日(土)19:00 - 20:54
  • 収録日 - 2016年12月11日(日)
  • 会場 - 千葉・幕張メッセ国際展示場(幕張イベントホール)ホール7
  • ナレーター - 堀敏彦
  • 審査員 - 回数

作品について

  • 応募総数 - 3147組
  • 出場 - 31組
  • 合格 - 28組
  • 満点 - 17組
  • 合格率 - 90.32%
  • 満点率 - 54.84%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 9点
  • 平均点 - 18.13点
  • 視聴者投票参加人数 - 75015人


第94回の作品一覧
No. 作品 点数 視聴者投票 備考
1 朝顔 20点 13733点 ポールダンスの動きで朝顔の成長を表現。
2 カメ 20点 29394点 少年が「うさぎとかめ」を歌いながら、ブリッジで亀の行進を表現。
3 助けて〜! 17点 21533点 第93回優勝組
4 乾燥機 12点 23912点 大量の服をつけた演者が、ハムスターの滑車のような装置の中で回転することで、乾燥機を表現
5 草刈り機 20点 30184点 アイデア賞 視聴者投票第5位
6 赤ずきんちゃん 20点 27178点 準優勝
7 パーフェクトピーマン 15点 26734点 出演:原口あきまさ(タレント最多7回出場)一家
8 缶詰工場 20点 26573点 カップソングの遊びで缶詰がベルトコンベアーを流れていく様を表現。最後は缶詰が積みあがって「完」の字になる。19点からトーク中に+1点
9 見上げてごらん夜の星を 19点 24639点 ユーモア賞
10 霊長類最強女子 20点 28401点 19点からトーク中に+1点
11 ラジオ体操でオリンピック 20点 25496点 ラジオ体操の運動を様々なオリンピック競技の動作に見立てた作品
12 ひねり王子 18点 27100点 白井健三の跳馬を連続写真で表現。香取慎吾が「個人的に20点満点」と絶賛した作品
13 泣きっ面にハチ 17点 26443点 ピタゴラスイッチの世界観で、男性に次々と災難が降りかかる様を表現。第78回アイデア賞の「そしてグチャグチャになった」系統の作品
14 シン・ゴジラ 16点 25506点
15 シン・納豆ゴジラ 20点 23203点
16 スーパー主婦 20点 32559点 視聴者投票第4位 主婦が柔軟運動で様々な家事をする動作を表現
17 流鏑馬 13点 17204点 顔を的に見立て、ピロピロ笛を吹くことで流鏑馬の矢が命中するさまを表現。 出場27回、5回連続12回目の不合格
18 ゴーストバスターズ 18点 25228点 演技終了時は17点、合格作品ダイジェストでは18点
19 髪かざりで遊ぼう 17点 27183点
20 お引越し 20点 24262点 演技賞 出場48回は歴代1位タイ
21 100m平泳ぎ決勝 20点 26054点 技術賞
22 電車のつり革 17点 25456点 上半身と下半身役が分かれて演じることで、電車のつり革で吊り輪の演技をする様を表現。出発駅を「リオデジャネイロ」終点を「東京駅」にすることで、オリンピックの開催地のバトンタッチを演出。第52回優勝「あん馬」を参考にしたような作品
23 カヌー決勝 20点 29061点 第3位
24 移動どうぶつ園 16点 27761点 出演:シューマッハ(2大会連続出場)
25 ジェットコースターリポート 18点 29242点 出場48回は歴代1位タイ 鏡を使ってTVのジェットコースター中継のワイプを表現。
26 あばれ神輿 13点 21501点
26(再) 日本伝統文化 20点 27812点 当初の17番と26番が合体(後述)
27 美女と野獣 20点 29387点 ファンタジー賞
28 ポールダンスでいろいろ 20点 34597点 努力賞 視聴者投票第2位
29 ビリヤードの天才 20点 36164点 優勝+視聴者賞 視聴者投票第1位
30 鼻でめっちゃホリディ 9点 22042点 出演:はるな愛
31 こんな音? 20点 32650点 視聴者投票第3位 先天性難聴の方々が演技 「もし○○がこんな音だったら」という感情を空想的に表現。「虹の音」「雪の音」など、演者の感性に会場は感動。
優勝+視聴者賞 - 29番 ビリヤードの天才
玉がビリヤード場を飛び出し様々なピンチの場面を救っていく。最多優勝チームの作品。前回出場の第91回に続く優勝。このグループは出場31回で優勝8回、準優勝2回、第3位1回、各賞11回となった。また視聴者賞が創設された第89回以降で優勝と視聴者賞のダブル受賞は今回が初めて。
準優勝 - 6番 赤ずきんちゃん
女の子1人で赤ずきんちゃんの物語を演じた。この女の子は授賞式で賞金の使い道について聞かれた際「募金をする」と答え会場を驚かせた。
第3位 - 23番 カヌー決勝
波しぶきに扮した父親が、子供を乗せながら床をクロールで移動し、カヌー競技を表現。第90回で欠場し、第91回以降出場している子供とその父親の作品。
技術賞 - 21番 100m平泳ぎ決勝
100m平泳ぎ決勝の様子を、様々なカメラアングルから表現。第73回準優勝「ペンギン大パニック」の代表を務めた男性たちの作品。
努力賞 - 28番 ポールダンスでいろいろ
ポールダンスで様々なものに仮装。ポールダンスのダブルス世界チャンピオンのタイトルを持っているグループによる仮装。
ファンタジー賞 - 27番 美女と野獣
ディズニー映画「美女と野獣」のシーンをミュージカル風に表現。ポット夫人役の女の子の演技力が高いと絶賛。
演技賞 - 20番 お引越し
男女2人がダンボールを持ち上げた時、女性が足元を滑らせた拍子に男性の首が外れてしまうというトリック仮装。第91回技術賞の27番「なんだこの顔!?」を演じた家族による作品。
ユーモア賞 - 9番 見上げてごらん夜の星を
「見上げてごらん夜の星を」を歌いながら、全身を使って満天の星をバカバカしく表現。第92回29番「ひとりアナ雪」を演じた常連の中年男性による作品。
アイデア賞 - 5番 草刈り機
草刈り機に扮した人間を担ぎ振り回すことで、草刈りを行う。第53回51番「草刈り機」のアレンジ版。第93回で3番「キツツキの観察」と30番「懐かしのカラオケメドレー」(技術賞+視聴者賞)を演じた高校応援団の作品。
農夫役の男子は演技時間に入っていることに気づかず、他のメンバーから呼びかけられたことで、5秒程度遅れて演技をスタートした。演技終了後に彼は「ハッとした。」とインタビューでコメントをし、香取からイジられた。
  • その他備考
    • 第91回以来3年ぶりに応募総数が3000組を突破。
    • 香取はSMAP解散後としては初の当番組への出演となった(収録は解散前)。
    • 現行の番組セットで左側の衝立に設置されていたHDモニターが撤去される(かつては右側衝立にも設置されていたが第84回に撤去)。
    • リオデジャネイロオリンピック出場選手から、女子水泳200m平泳ぎ金の金藤理絵と、女子レスリング53kg級金のヘレン・マルーリスが審査員を務めた。今回の出場作品にも、オリンピック関連の作品が多数登場した。
    • 8番「缶詰工場」で女性たちが歌っていたメロディはテトリスでおなじみのBGM「コロベイニキ」。
    • 2017年1月9日(月)にNTV系列で放送された「はじめてのおつかい」に出場した4歳の少女が10番「霊長類最強女子」を演じた。
    • 11番「ラジオ体操でオリンピック」を演じた女性の名前のテロップでは年齢が伏せられていた。演技終了後のインタビューで欽ちゃんがその女性を見て「14歳くらいじゃないの?」と質問したらその女性は「25歳です」と答えて、女性の外見と年齢のギャップに会場は驚いた。
    • 26番「あばれ御輿」は当初13点で不合格となったが、「何か1つ足りない」と感じた欽ちゃんが急遽、既に同じく13点で不合格となっていた17番「流鏑馬」を追加することを発案。欽ちゃんが「日本伝統文化」と改題して再挑戦させた。結果は20点で合格し、2組に合格メダルがかけられた。不合格作品同士によるコラボ仮装が行われるのは番組史上初めて。
    • 20点満点の数が歴代2位であり、出場者の半数以上が20点満点を獲得するのは、第91回に続いて2度目。
    • 平均視聴率は10.6%(関東地区・世帯・リアルタイム、ビデオリサーチ調べ)。

第95回[編集]

欽ちゃん&香取慎吾の第95回全日本仮装大賞

作品について

  • 応募総数 - 3316組
  • 出場 - 35組
  • 合格 - 19組
  • 満点 - 4組
  • 合格率 - 54.29%
  • 満点率 - 11.43%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 0点
  • 平均点 - 14.37点
  • 視聴者投票参加人数 - 156038人 ※最多記録


第95回の作品一覧
No. 作品 点数 視聴者投票 備考
1 丸太乗り 15点 48833点 先生と生徒が組体操の要領で、丸太乗りの演技を表現。
2 サファリパーク 19点 79232点 ファンタジー賞
3 ロデオ 10点 41334点 男性が一人でロデオの暴れ馬を表現。演技終了後、力尽きて酸素を吸っている姿が映し出された。
4 踊る宇宙人 10点 51012点 フラダンスで宇宙人を表現。
5 稲刈り 9点 30400点 作り物の稲を貼った足を交互に出しながら、稲刈りを再現。当初は4点、その後9点で再び不合格の鐘が鳴ったが、ジワジワ点数が上がる様子が笑いを誘った。出場28回、6回連続13回目の不合格
6 カメレオン 14点 64379点 舌に扮した男性が前転や台車を使ってカメレオンの捕食を表現。
7 打ち上げ花火 10点 50000点
8 男子100m走 16点 52893点 お腹を揺らす動きで100m走を走るランナーを表現。
9 カット野菜でいろいろ 14点 69832点 野菜カットで野菜を切るさまを、スロットマシーンやだるま落としに見立てた作品
10 診察室 16点 52864点 医者が診察室のベッドを引き抜くと、まるで患者役の女性が宙に浮いているように見せたトリック仮装。実際は背景から鉄棒が出ており、患者が片足だけで体を支えている。15点からトーク中に+1点
11 温泉を掘ろう 13点 65519点
12 焼きそばを作ろう 9点 58432点 出演:鈴木奈々 ヘッドバンギングで焼きそばをフライパンで炒めるさまを表現した体力作品。
13 浴衣で金魚 11点 47185点 10点からトーク中に+1点
14 靴下で高跳び 17点 51021点 アイデア賞
15 ウォーリーのテニス観戦 15点 46200点 4人の人間が自分の両サイドにあるウォーリー人形の首を動かして、テニス観戦を再現した作品。人形と思われているウォーリーの中に本物の人間のウォーリーが混じっているという新感覚のオチ。14点から繰り上げ合格
16 スターウォーズごっこ 19点 78741点 演技賞
17 不思議の国のアリス 20点 111693点 第3位+視聴者賞 視聴者投票第1位[1]
18 テッポウウオ 11点 63094点 お風呂遊びの水鉄砲の要領で、テッポウウオが虫を打ち落とすさまを表現。的に命中せず、なかなか演技が終わらない様子が笑いを誘った。10点からトーク中に+1点
19 パンダの家族 15点 75278点 エクササイズ用のボールの上にお尻をのっけた姿をパンダの親子に見立てた作品。
20 お線香 12点 68565点 足をお線香に見立て、火のついたお線香の灰が崩れて短くなっていくさまをリアルに表現。
21 風の強い日 18点 98157点 努力賞 視聴者投票第3位
22 丸太運び 15点 80583点 親方が丸太を持ち上げた瞬間、弟子の首が外れてしまったようにみせたびっくり作品。演技が終わってもなお「親方ー!」と叫んで引き延ばそうとして会場は爆笑。不合格の鐘が鳴りかけた瞬間に15点のランプが点灯し合格。出場最多49回目
23 参勤交代 20点 107111点 優勝 視聴者投票第2位
24 牛乳パック 19点 93017点 ユーモア賞
25 いろんなアチョー 12点 62351点 燃えよドラゴンのBGMに合わせて、「アチョー」の付くものをバカバカしく表現。第72回優勝「ダダッダッダダ」や一時期仮装大賞の名物だった「いろんな○○」シリーズ系統の作品
26 突風 16点 78874点 マイケルジャクソンのゼログラヴィティーの仕掛けで、突風にあおられた男性の体が地面すれすれまで反るさまをリアルに表現。
27 カマキリ 20点 85576点 技術賞
28 酒が飲めるぞ 12点 83019点 ビビディバビディブーの替え歌に合わせて、おじさんたちが季節の風物詩とともに、酒を飲むさまをバカバカしく表現。
29 へび 18点 76975点 ローラーブレイドの動きで、ヘビが移動する様子をリアルに表現。最後には欽ちゃんに向かってピロピロ笛の舌を出していた。
30 狼と七匹のこやぎ 16点 77214点 たった一人でオオカミと七匹の子ヤギの物語を再現。第93回準優勝「眠れる森の姫」の演じた主婦の童話シリーズの一作品。15点からトーク中に+1点
31 透明な猿 15点 70372点 舞台袖から、首輪やバナナを操作することで、まるで透明な猿がそこにいるかのように猿回しをする様子を表現。14点から繰り上げ合格
32 山頂アタック 0点 50076点 出演:with Bことブリリアン 番組史上初の0点[1][2]登山者が背中合わせでくっつきシーソー運動で吹雪に飛ばされるさまを表現
33 ケンカ三番勝負 20点 83420点 準優勝
34 懐メロで冬のオリンピック 14点 65990点 懐メロに合わせて冬季五輪のスポーツを駄洒落で表現。22番の演者と同じく、出場最多49回。
35 影絵 ジャックと豆の木 13点 79109点 ジャックと豆の木の物語を実写と影絵の合成で表現したファンタジー作品。
優勝 - 23番 参勤交代
大縄跳びで参勤交代の大名行列を表現。1回失敗したが満点を獲得。
準優勝 - 33番 ケンカ三番勝負
男の子が1人で犬と猫、ニワトリ、夫婦の順に喧嘩場面をバカバカしく表現し、満点を獲得。演技後のインタビュー中、香取に前の32番「山頂アタック」が0点だったことを振られ「あれだけやって0点っておかしくないですか?」と発言。
第3位+視聴者賞 - 17番 不思議の国のアリス
新体操の動きで不思議の国のアリスの世界を美しく表現。中盤の作品にして、この回初の満点。
アイデア賞 - 14番 靴下で高跳び
ルーズソックスの上げ下げの動作で、走り高跳びを表現。
ユーモア賞 - 24番 牛乳パック
ラジオ体操の動きで牛乳パックをたたんでいく様子を表現。また体をねじったり曲げたりする運動のときに牛乳が飛び出るさまをピロピロ笛で再現。
演技賞 - 16番 スターウォーズごっこ
男の子が一人でスターウォーズの世界観を遊びで表現するシュールな作品。この男の子はスターウォーズのファンであり、インタビュー時、「将来の夢は?」と聞かれて「ルーカスフィルムで働く」と答えていた。
ファンタジー賞 - 2番 サファリパーク
女性たちが重なりあって、サファリパークの動物たちを表現。第93回12番「アオムシの散歩」のチームの作品。
努力賞 - 21番 風の強い日
ポールを街灯に見立て、ポールダンスの技で、2人の女性が強風に飛ばされそうになる様子を表現。第94回28番「ポールダンスでいろいろ」で努力賞を受賞したポールダンス世界チャンピオンチームの作品。
技術賞 - 27番 カマキリ
逆立ちした状態をカマキリに見立てて、侍のように竹や灯篭を斬っていくさまをリアルに表現。男の子の「シャキーン!」というセリフを審査員たちが気に入り、満点を獲得。
  • その他備考
    • 第77回以来11年ぶりの元日収録。片柳アリーナでの収録は初めて。
    • 番組冒頭は初めて会場外から欽ちゃんと香取が挨拶。香取はCULEN移籍後としては初の当番組への出演となった。
    • 番組放送中随所に香取の生出演のパートを挿入し、視聴者投票の説明や中間報告、出場者の募集などを行った。冒頭は、かつて香取が司会を務めた『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系列)冒頭場面のパロディで始まった。また、視聴者投票ベスト3の発表は第89-94回まで堀が務めていたが、今回は香取が務めた。※第96回も同様
    • 審査員10名中7名が初出演。ただし又吉は第86回4番の「スフィンクスの楽しみ」で出場経験がある。
    • 3-7番まで5作品連続不合格。これは第64回の35-39番以来17年ぶり。
    • 満点4組、不合格数16組という、近年まれに見る厳しい審査が行われた。合格率も第39回以来25年ぶりに60%を下回り、合格19組も第39回に並ぶ当時の最少記録。厳しめの審査が行われるのは、第85回以来7年ぶり。
    • 32番「山頂アタック」は番組史上初となる0点の作品となった[1][2]。香取は「歴史に残るくらいひどかった」、欽ちゃんも「0点、出ちゃったねぇ。歴史だよ」とそれぞれコメントした[1]。なお、0点で不合格の鐘が鳴った作品は過去に第33回「黒板消し」(最終的には1点)と第93回「風鈴の気持ち」(最終的には2点)の2組がある。
    • 平均視聴率は13.1%(関東地区・世帯・リアルタイム、ビデオリサーチ調べ)と、前年比2.5ポイント上昇した[1]

第96回[編集]

欽ちゃん&香取慎吾の第96回全日本仮装大賞

作品について

  • 応募総数 - 3620組
  • 出場 - 35組
  • 合格 - 17組
  • 満点 - 7組
  • 合格率 - 48.57%
  • 満点率 - 20.00%
  • 合格点 - 20点満点中15点以上
  • 最高点 - 20点
  • 最低点 - 6点
  • 平均点 - 14.91点
  • 視聴者投票参加人数 - 145627人


第96回の作品一覧
No. 作品 点数 視聴者投票 備考
1 ダチョウを捕まえろ! 10点 33525点 出場29回、7回連続14回目の不合格。1番の不合格は第33回以来28年ぶり
2 陸上競技の天才 18点 58698点
3 クレーンゲーム 18点 78301点
4 でんでん太鼓 11点 49954点
5 透明人間の酔っぱらい 13点 64413点 ラーメン屋の屋台から出てきた酔っぱらいの透明人間がいるかのように見せた技巧派作品
6 直滑降 14点 63353点 ファスナーを白い糸で引っ張り下ろして、スキーの滑走を再現
7 どんなひょっこりはん? 18点 81349点
8 水族館オールスターズ 20点 105111点 優勝
9 引っ越し 16点 82079点 ブリッジで引っ越しの宅配業者を一人で再現
10 地球温暖化 13点 69697点 赤いジュースを飲み干して、地球の熱が冷めていく様子を表現。11点からトーク中に+2点
11 メロンパンから始めよう 6点 60224点
12 顔ヨガ 12点 68628点 11点からトーク中に+1点
13 遊園地のバイキング 19点 103336点 ユーモア賞
14 チーズで縄跳び 18点 70455点
15 ペットボトルの神様 13点 79163点
16 スパイ大作戦 20点 108703点 技術賞 視聴者投票第2位
17 グレーヘアでGO! 15点 88655点 出場単独最多50回目
18 トランペットの調べにのせて 12点 63055点
19 ボウリング 11点 60392点 鼻の穴と口をボウリングの玉の穴に見立てて、ストライクを取るさまをバカバカしく再現
20 人力車 10点 66270点 タイヤに扮した人間がひたすら前転をして、人力車を再現
21 サーファー危機一髪 18点 102549点 アイデア賞
22 ウリボウ 14点 72258点
23 アシカショー 20点 107293点 準優勝 視聴者投票第3位
24 ピーターパン 20点 106029点 ファンタジー賞
25 ヤドカリのビーチフラッグ 10点 67004点
26 アリスの小さくなる薬 12点 60540点
27 ストーブの歴史 20点 87181点 演技賞
28 女子高生のパルクール 14点 90273点
29 お出かけ 13点 55391点 11点からトーク中に+2点
30 まんじゅう早食い競争 10点 57692点 運動会の風船割競争で、まんじゅうの早食いバトルを表現
31 しゃくとり虫 11点 71978点 女性がアクロバティックに、リアルなしゃくとり虫の動きを再現。10点からトーク中に+1点
32 東京今昔物語 18点 83554点 高度経済成長期から現在かけての東京の移り変わりをドラマチックに再現。
33 イコライザー 20点 86271点 努力賞
34 注射器で仮装大賞 15点 75454点 14点から繰り上げ合格
35 シルエットでサファリ 20点 109091点 第3位+視聴者賞 視聴者投票第1位
優勝 - 8番 水族館オールスターズ
DA PUMPの「U.S.A.」に合わせて、水族館の生き物がダンスをする仮装。エビがいいねダンスをして、「カモン、エービーアメリカ」という洒落を取り入れている。
準優勝 - 23番 アシカショー
父親がアシカになって、アシカの曲芸を必死で演じた作品。
第3位+視聴者賞 - 35番 シルエットでサファリ
影絵でアフリカの動物を美しく再現。
技術賞 - 16番 スパイ大作戦
スパイ映画の場面展開を、様々なカメラアングル&遠近法で再現。そのアイデアと高い技術から、ネット上で絶対優勝という声まで上がった。
努力賞 - 33番 イコライザー
口に色付きのゴムをくわえて、背筋運動でイコライザーを表現した体力仮装。第73回優勝「そしていなくなった」の代表者が監修した作品。
ファンタジー賞 - 24番 ピーターパン
新体操の演技でピーターパンの物語を繰り広げる。
演技賞 - 27番 ストーブの歴史
おばあさんが一人でストーブの歴史を再現。
ユーモア賞 - 13番 遊園地のバイキング
鉄棒の連続回りで遊園地のアトラクション「バイキング」を表現。苦しみ叫びながら演技をするさまに客席は爆笑。
アイデア賞 - 21番 サーファー危機一髪
ブレイクダンスで、サーファーが波に飲まれる事故から生還する様を表現。
  • その他備考
    • 平成時代最後の回。
    • 新聞社からの審査員が、読売新聞社ではなく報知新聞社に変更された。
    • 前回の第95回同様、随所に香取の生放送場面を挿入。冒頭は、かつて香取が司会を務めた『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系列)冒頭場面のパロディで始まった。
    • 11番のトーク中、第95回で史上初のゼロとなった「山頂アタック」を演じたブリリアンは、今回は真剣に参加した予選も通過する事ができず、観客席にいることが司会者から露にされた。
    • 28番-31番まで4作連続不合格。これは第60回の35番-38番以来19年ぶり。
    • 今回は芸能人による作品は無し。これはスペシャル仮装を除くと第71回以来15年ぶりで、スペシャル仮装を含めての無しだと第59回以来19年ぶり。
    • 合格17組は過去最少。また第10回以来36年ぶりに合格が不合格を下回った。
    • 視聴者投票で10万点以上を獲得した7作品が全て入賞を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “『仮装大賞』13.1%、"史上初の0点"予告の裏に欽ちゃんの鶴の一声”. マイナビニュース. (2018年2月5日). https://news.mynavi.jp/article/20180205-580793/ 2018年2月8日閲覧。 
  2. ^ a b ブリリアンの二人は芸能人枠での出演では無く、予選から挑戦しての本選出場