歌って笑ってドンドコドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
どんどんサタデー
歌って笑ってドンドコドン
ジャンル ワイド番組
放送方式 生放送
放送期間 1974年10月5日 - 1999年3月27日
放送時間 120
放送局 ラジオ大阪
パーソナリティ 上岡龍太郎
出演 桂雀々
水谷ミミ
テーマ曲 On The Move[1][2]
ディレクター 都筑敏子
テンプレートを表示

どんどんサタデー 歌って笑ってドンドコドン(どんどんサタデー うたってわらってドンドコドン)はラジオ大阪で、1974年10月5日 - 1999年3月27日まで放送されたワイド番組である。

概要[編集]

ラジオ大阪の土曜 昼ワイド番組として、1974年10月5日に番組スタート。番組構成の特徴として、常連含めたリスナーのハガキを元にしたフリートークと楽曲リクエストが主になっている。 この番組の常連リスナーから上岡の制作ブレーンが誕生していた [3]

上岡は毎回、番組のタイトルコール時に「北は国後・択捉から南は沖縄・石垣島。日本列島全国津々浦々、いかなる山間、へき地、文化果つる所、寒村離島までも電波を送り届けるという、今や社会的国民行事的番組」と銘打っていた。[4]

基本的にはラジオ大阪 旧本社からの「原則」生放送で放送していたが、1983年4月30日に『わいわいサタデー』(朝日放送)、1984年11月3日に『ときめきタイムリー』(読売テレビ)が放送開始され、スケジュールの都合上完全パッケージ放送の場合や1964年から1985年8月迄阪神百貨店 梅田本店1階に存在していた、サテライトスタジオから放送する場合もあった。

1993年からの一時期は「どんどこワイド」(土曜 12:00 - 18:00)に内包されていたが、後に独立番組となった。

1999年3月27日、番組終了。24年半の長きに渡って続いた。

出演[編集]

放送終了時点[編集]

ドンドコトリオ
  • 上岡龍太郎(パーソナリティ) - 番組開始から番組終了迄
  • 桂雀々 (サブ パーソナリティ) - 1980年5月3日 - 番組終了迄
  • 水谷ミミ(アシスタント) - 1989年4月1日 - 番組終了迄

過去出演者[編集]

アシスタント
  • 中西ふみ子(ラジオ大阪アナウンサー(当時)) - 1974年10月5日 - 1975年7月6日、1976年1月3日 - 1982年10月2日
  • 坂上恭子 - 1975年7月6日 - 1976年1月3日
  • キャッシー
  • 永井由紀子(フリーアナウンサー) - 1982年10月2日 - 1989年4月1日
ドンドコクイズ担当 
  • 吉田清(放送作家) - 1980年10月4日 - 1989年3月
  • 本多正識(漫才作家) - 1989年4月1日 - 番組終了迄

放送時間[編集]

放送終了時点[編集]

  • 土曜日:14:00 - 16:00(1993年4月3日 - 1999年3月27日)

過去[編集]

放送曜日は全て土曜日から変更せず
  • 13:00 - 16:50(1974年10月5日 - 1976年7月3日)
  • 13:00 - 16:00(1976年7月3日 - 1976年9月)
  • 13:00 - 16:30(1976年10月2日 - 1978年11月4日)
  • 13:00 - 16:35(1978年11月4日 - 1979年4月7日)
  • 13:00 - 16:20(1979年4月7日 - 1980年12月6日)
  • 13:00 - 16:00(1980年12月6日 1981年3月)
  • 13:00 - 15:00(1981年4月4日 - 1993年3月) 

エピソード[編集]

  • 大阪拘置所内で生放送が流れていたことがあり、収監されていた受刑者から体験記が送られたことがあった。このリスナーからの手紙が元となり『都島の夜』という歌が作られた。
  • 上岡は当該番組の放送時間前に放送されていた『ノックは無用!』(関西テレビ)に出演していた。西天満に当時、本社があった関西テレビの生放送後、当番組の生放送に間に合わせるため、御堂筋から四ツ橋筋を超えて、OBCにスタジオ入りするという綱渡りのスケジュールを毎週 行っていた[7]
  • 1993年4月に放送時間が1時間 繰り下がっているが、これはラジオ大阪の現社屋への移転に伴い、関西テレビからの移動に時間がかかる為、今まで通りの放送ができなくなった事によるものである。関西テレビが土曜日午後に長時間の生特番を放送した際は、関西テレビ 旧西天満本社スタジオ内にラジオブースを設置して、生放送を行った。1995年末の特番、1997年の関西テレビ本社移転特番では、関西テレビとラジオ大阪の一部の時間帯がサイマル放送された。
  • 個人情報保護法が制定されてない時代だったため、番組ノベルティや企業タイアッププレゼントの当選者発表の際は氏名、都道府県はおろか、市区町村から番地名まで個人情報を読み上げるのが恒例となっていた。
  • お笑いコンビ DonDokoDonのコンビ名は、当番組が由来と言われている。

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 作曲、演奏:深町純
  2. ^ ラジオ大阪のロングタイプのフィラーで現在も使用されている。
  3. ^ “天才”引退の真相は…上岡龍太郎氏を徹底分析 作家、戸田学氏が「話芸一代」出版”. 産経WEST (2013年11月7日). 2016年9月25日閲覧。
  4. ^ 但し、遠距離受信を含め、ラジオ大阪の電波が届く地域は限られているため、上岡の口上ネタである
  5. ^ 第11回参議院議員通常選挙に出馬し、返り咲き当選したため、降板。
  6. ^ 前大阪府知事の横山ノックさんが死去 75歳 2007年5月3日18時09分(朝日新聞)
  7. ^ 『なつかしラジオ大全』三才ブックス、2012年
ラジオ大阪 土曜日午後ワイド番組
前番組 番組名 次番組
あっちゃこっちゃ えらいこっちゃ
歌って笑ってドンドコドン