歌川豊春 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

二代目 歌川豊春(にだいめ うたがわ とよはる、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

歌川豊春の門人、歌川の画姓を称す。作画期は文化または天保から弘化の頃にかけてとされる。押上の春慶寺にある歌川豊春記恩の歌碑に「二代目歌川豊春」の名があり、豊春の娘婿で銀座二丁目新道に住んでいたといわれる。

参考文献[編集]

  • 井上和雄編 『浮世絵師伝』 渡辺版画店、1931年 ※国立国会図書館デジタルコレクションに本文あり。116コマ目。
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年