歌謡曲ぶっつけ本番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

歌謡曲ぶっつけ本番(かようきょくぶっつけほんばん)は、1975年3月31日から、1989年10月5日まで、大阪市朝日放送ラジオ(ABCラジオ)で放送された午後のラジオ生ワイド番組である。

放送時間[編集]

  • 月曜~金曜 14:00~16:00
    放送時期によって16:15、16:20、16:45まで放送された時期もあった。

番組概要[編集]

当時の朝日放送では、『おはようパーソナリティ中村鋭一です』(1977年4月以降は『おはようパーソナリティ道上洋三です』や『フレッシュ9時半!キダ・タローです』など、ラジオで平日早朝の時間帯に生ワイド番組をいち早く編成していた。これに対して、平日午後の時間帯には、『ポップ対歌謡曲』(日産自動車提供)をはじめ、単独提供の人気番組や長寿番組が数多く並んでいた。このような事情から、既に放送されていた『グアムグアムリクエスト』(毎日放送ラジオ)や『バンザイ歌謡曲』(ラジオ大阪)などのような生ワイド番組を編成できずにいた。

しかし、朝日放送では1975年4月の番組改編で、平日午後の時間帯の番組編成を大幅に変更。その目玉として、『ポップ対歌謡曲』直後の時間帯で当番組の生放送を開始した。

当番組では、関西地方を中心に活動していたタレント、フリーアナウンサー、朝日放送のアナウンサーから男女1名ずつのコンビが日替わりでパーソナリティを担当。リスナーからのリクエスト曲を紹介したほか、ニュース、天気予報、道路交通情報、リスナーが参加できるクイズコーナー、自動車電話を搭載したラジオカー「テレッカー」からの生中継コーナーなどを盛り込んで人気を博した。

主な出演者[編集]

以下の人物はいずれも、出演時点で朝日放送(当時)の現役アナウンサー。

番組後期のリニューアル[編集]

毎日放送では、平日午後の時間帯で『それゆけ!』『すみからすみまで角淳一です』の放送を開始した1980年代中盤を境に、ラジオの聴取率を上昇させていた。そのため、当番組もマイナーチェンジやリニューアルで上記の番組に対抗。1985年4月から1986年9月までの1年半は、乾龍介と小山のコンビが担当していた金曜日のみ、「ABCエキスタ」(大阪駅ビルの15階に当時同局が構えていたサテライトスタジオ)から公開生放送を実施した。1987年10月からは、金曜日のパーソナリティに桂三枝を起用したため、「金曜スペシャル・桂三枝のぶっつけ本番」というタイトルで放送した。

関連項目[編集]

  • おしゃべり横丁ABC(当番組の終了後、16:00から開始した生放送番組。放送開始日も当番組と同日)
ABCラジオ 月~金14時台~16時台の番組(1975年3月~1989年10月)
前番組 番組名 次番組
歌謡曲ぶっつけ本番
パノラマ大放送
(14:00~17:00)